クルトンパパのいろいろ日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 2大臣、辞任

<<   作成日時 : 2014/10/21 07:16   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

    「看板閣僚」相次ぎ辞任、首相の任命責任追及へ

 野党各党は、小渕経済産業相の政治資金を巡る問題について追及してきたことから、「辞任は当然」としている。

 加えて、松島法相も「うちわ」配布問題で辞任したことに勢いづいている。女性の活躍を掲げる安倍政権の「看板閣僚」が相次いで辞任する事態となり、政権への風当たりは強まりそうだ。

 民主党の海江田代表は20日午前、党本部で記者団に対し、小渕氏の辞任について「国民の納得のいく説明ができない以上、辞任は当然だ」と述べた。安倍首相の任命責任についても追及する考えを示した。

 民主党は、松島氏の「うちわ」配布問題についても追及し、自発的辞任を求めてきた。松島氏の辞任について、幹部は「(閣僚が)2人いっぺんに辞めるなんて聞いたことがない。首相の任命責任は重大で、何のために内閣改造したのか」と強調した。別の幹部は「スキャンダル政権だ。これで野党は勢いづく」と述べた。

 次世代の党の山田幹事長も国会内で記者団に対し、小渕氏の辞任に関連し「女性に焦点を当てる看板づくりを優先し、大臣の資質が後回しになったのではないか」と述べ、首相の任命責任に言及した。

 みんなの党の浅尾代表は国会内で記者団に、小渕氏について「大臣の職を辞すことと説明責任を果たすことは別問題だ。そこがグレーなら議員辞職すべきだ」と述べた。松島氏については、読売新聞の取材に「これまで松島氏は問題ないと言っていた。辞任したとしても、その整合性をどう説明するのか」と指摘した。

 共産党の山下書記局長は国会内で記者会見し、小渕氏の問題について「説明できないのであれば、議員としての資格も問われる」と述べ、説明次第では議員辞職を求める考えを示した。社民党の又市幹事長も国会内で記者団に対し、「辞めてすむ問題ではない。衆院政治倫理審査会で説明すべきだ」と指摘した。

読売新聞 2014年10月20日(月)
 
 問題を指摘されていた松島、小渕の両大臣が昨日辞任した。
 これは第1次安倍内閣で、事務所費問題が起きた時、総理がかばい続けた事で安倍内閣が短命に終わったことからの反省で、早い段階で切ったと言う事だろう。

 現在、圧倒的な1強体制である安倍政権である以上、これ以上、大きな問題が噴出しなければ、これで内閣がつぶれる可能性は低く、一時的に支持率が低下したとしても、今後取り戻せる可能性が高いと言うことで、処分を下したと言うことだろうな。

 あとは江渡防衛大臣の政治資金問題があるが、これは乗り切れそうだな。これで首を取ることは、同じような問題が噴出して、それでもなんとか大臣の首を繋いできた民主党としては、追い詰められないだろうし。

 松島氏はうちわはだめだよとなっているのだからアウト。いまだにあれは問題無いと言っているが、完全にアウト。確かにネット上などでは、民主、みんな、共産党などの党や議員が作ったうちわが多くアップされているが、人がやったから自分も、では通らない。問題発言も多かったし、これは辞任相当だね。

 小渕氏はおそらく本人が言うように、まったくあずかり知らなかっただろう。が、最終責任は当然、議員が取るべきだから辞任は当然。問題は、観劇会の実費を徴収したと言っているし、テレビなどの取材でも出席者は1万2千円を支払ったと言っているのに、記載されている金額が圧倒的に少額だったと言うことだろう。その差額がどこに消えたのか?だな。

 会計担当者の懐に入ったのならば当然、大問題だが、それが裏金となって何らかの不正に使われていたのならば、小渕氏もアウト。知っていた、知らなかったでは済まないだろう。これはきちんと調査が必要だね。
 
 とにかくこれで2人の首を刈ったのだから、そろそろきちんとした政策論争に移って欲しいものだよ。いつまでも大臣のスキャンダルに血道を上げているようでは、野党の質が問われる。

 
 でね、蓮舫だけどさ、これほど塀の上を渡り続けている人も珍らしい。
 第1次安倍内閣が倒れる要因となった事務所費問題も起こしたし、外国人献金問題、犯罪者との関係、さらに国会内でのファッションショー、ついでにうちわ問題など、完全にアウトにはならないが、ぎりぎりヤバイ線上をなんとか走っている人も珍らしい。

 信用できないのは、小渕氏よりもむしろ、蓮舫だと言うことだな。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
2大臣、辞任 クルトンパパのいろいろ日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる