クルトンパパのいろいろ日記

アクセスカウンタ

zoom RSS ちょうど良い刺激かも

<<   作成日時 : 2014/10/22 07:07   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

<参院外交防衛委>政府想定問答読む片山さつき委員長問題に

 参院外交防衛委員会の片山さつき委員長(自民党)が21日の委員会審議中に、政府側が閣僚らの答弁用に用意した答弁資料(想定問答)を読んでいたことが問題となり、審議が中断し散会となった。野党は「委員長の公平中立性が疑われる」と反発しており、与党内からも片山氏の辞任論が出ている。

 片山氏は16日と21日の委員会で、事前に政府側に外務・防衛両省と内閣官房の想定問答を要求し、与野党議員の質疑にあわせて読んでいた。片山氏が自民党参院幹部に認めた。

 自民党の吉田博美参院国対委員長が民主党の榛葉賀津也参院国対委員長に謝罪したが、榛葉氏は「三権分立のはずなのに、立法府の委員長が行政府の答弁書を事前に入手したのは前代未聞で、たるんでいる」と受け入れなかった。

 片山氏はツイッターで誤った情報に基づき民主党を批判し、自民党執行部から厳重注意を受けたばかり。自民党内でも片山氏への批判が出ている。

毎日新聞 2014年10月21日(火)

 2大臣の辞任とか、江渡防衛大臣の政治資金問題に続き、片山参院外交防衛委員長の、与党側の想定問答集を見ながらの委員会運営。

 立て続けに起こる不祥事だが、第2次安倍内閣、改造前まではこう言う問題もほとんど起きず、緩みが出てきていたのではないのか?

 長期政権を目指す安倍内閣にとっては、ある意味、ちょうど良い刺激になって、再び内閣全体を引き締める事になるかも知れない。ただし、この騒動を乗り切れると言う事が前提になるのは言うまでも無いが。

 小渕氏は、、観劇問題に加え、選挙区内でワインや、カレンダーを配っていた事も明らかになった以上、ここは議員辞職してまずは謹慎し、次に備えるほうが良いでしょ。どう考えても小渕氏が支持したとは思えないが、後援会、秘書に任せっぱなしにしていた責任も有るし、潔よい姿勢を見せること、それの方が今後も政治活動を続けるのなら良いと思うぞよ。

 おそらく安倍内閣は、江渡防衛相はなんとしても守るだろう。3人目が辞任、と言う事になれば、内閣にとって非常に厳しい事になるし。安倍総理としても憤懣たる思いを抱えながらも、とにかく次の改造までは江渡氏を守るしかない。

 圧倒的な巨大与党の1強と言う安倍政権の緩み、これがここに来て噴出してきたのだろう。
 今一度、ふんどしを締めなおし、この国を安定的に成長できる国へ変えて行くため、必死で働いて欲しいものだよ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
なんか、様々な報道がなされてますが、話半分としても金額がデタラメすぎ。早めに辞任させて良かったと思います。
ただ、後に指名されたSM大臣もいただけないですね。民主の荒井のときのキャミソールより悪質ですし、東電の株を持ってるのはまずいし、さらに外国人(パチンコ屋経営の外国人と言うと、やはり半島の方かと・笑)からの献金と「どうしてこんな問題だらけの男を後任に指名したんだ」としか言い様がないです。すぐに辞任させないと。
ただでさえアベノミクスの破綻は避けられなくなってきてるし、TPPの問題は全く進まないし、消費税を再び上げるかも「行くも引くも地獄」。良く考えたら、安倍政権がやったことって、国会で多数を占めているからこそ出来る事以外はほとんど上手くいってないんですよねえ。
功を焦って、北朝鮮に大幅に譲歩(または密約)しての拉致問題解決を演出されたりしたらたまらないです。

小渕は逮捕でしょう
2014/10/27 22:00
宮沢大臣、驚きの問題噴出ですが、多分、辞任させず守るんじゃないでしょうか?ココで、辞任させれば、第1次の時の辞任ドミノが連想されるだけに、踏みとどまらせる様な気がします。

とにかく、大臣の数々の問題は実は多くの議員にあるもので、追及している側も五十歩百歩。

追求は追及として厳しくやって良いですが、大事な法案審議を拒否したり、それをやらず大臣追及だけではなんのための国会か?となります。
クルトンパパ
2014/10/28 06:17

コメントする help

ニックネーム
本 文
ちょうど良い刺激かも クルトンパパのいろいろ日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる