クルトンパパのいろいろ日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 難かしい問題

<<   作成日時 : 2014/11/04 08:28   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

  尊厳死予告の米女性が命絶つ 「さようなら、世界」

【AFP=時事】(一部更新)末期の脳腫瘍を患いインターネット上で尊厳死を予告する動画を公開して話題を呼んでいた米国人女性、ブリタニー・メイナード(Brittany Maynard)さん(29)が、自らの命を絶ったことが分かった。

 メイナードさんはソーシャルメディアに「さようなら、親愛なる全ての友人たちと愛する家族のみんな。今日、私は尊厳死を選びます。この恐ろしい末期の脳腫瘍は、私からたくさんのものを奪っていきました。(尊厳死を選ばなければ)さらに多くのものが奪われてしまったことでしょう」「この世界は美しい場所です。旅は、私にとって最も偉大な教師でした。最も偉大な支援者は、近しい友人や仲間たちです。こうしてメッセージを書く間にも、私のベッドのそばで応援してくれています。さようなら、世界。良いエネルギーを広めてください。次へつなげましょう」とのメッセージを投稿した。

 メイナードさんを支援してきた尊厳死支援団体「コンパッション・アンド・チョイセズ(Compassion & Choices)」のショーン・クロウリー(Sean Crowley)氏によると、メイナードさんは11月1日、自宅で安らかに息を引き取ったという。

 結婚して間もない頃に激しい頭痛に襲われるようになったメイナードさんは、今年1月に余命6か月の宣告を受け、侵攻性のがんで苦痛を伴う死になると告げられた。その後、米国内で「死ぬ権利」が認められている数少ない州の一つ、オレゴン(Oregon)州に夫と共に移り住むと、先月に自らの命を絶つと宣言する動画を公開。これが何百万人ものネットユーザーに視聴され、話題となっていた。

AFP=時事 2014年11月3日(月)

 もし、私ならと考えた場合、多分私はこの選択肢を選ばないだろう。ギリギリまで生きようとする気がする。

 とは言え、彼女と同じ立場に立っていない以上、批判する事もできないと言う気がする。

 どうやら脳腫瘍の場合、死ぬ時までずっと痛みや苦しみが続くと言うし、映像で見る限りはまだまだ元気そうに見える彼女だが、夫の顔を理解できても名前が浮かばないような時がある、と言うから進行しているのだろう。ずっと痛みや苦しみが続き、いつか家族すらわからなくなるなら、その前に、と言う気持ちもわからないでもない。

 なぜ、これを世界に向け公表したんだ、と言う気もするが、彼女は安楽死の権利を皆が得られるためにと言うことがあると言うから理解できない事も無い。

 難かしい問題。アメリカでも全米50州のうち5州だけが認めているらしい。が、一方で世論調査すれば7割が安楽死を認めるべきだと言う。結局、アメリカの場合、キリスト教団体が「自殺を認める事はできない」としているかららしい。どうなんだろうなあ?

 個人的には尊厳死は認めるべきだと思うし、親などがそう言う状況になれば機械とチューブに繋いで無理やり生き続けさせるのはどうかと思うし、自分もそれは望まない。が、安楽死を自分自身ですら判断できない中で、家族が、となったら相当悩むだろうな。

 安易に批判しないし、賛同もしない。が、まじめに考えるべき事だとは思うけどね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
ご無沙汰しておりました。
安楽死、決行されたようですね。

私がと考えると、家族に迷惑かけたくないという思いがありますが、看取る立場となると、最後まで看取りたいという思うがあります。でも、痛みが伴うとなると、安易に答えが出せません。
難しいです・・・
美衣弥
2014/11/06 16:00
お久しぶりです。みーやちゃん、亡くなられたんですね。お悔やみ申し上げます。

チューブに繋がれて生かされてしまう状態なら、尊厳死を願いたいものですが、安楽死は難かしい。

当事者にならないと、簡単に批判も賛同もできない問題ですね。
クルトンパパ
2014/11/06 16:09
パパさん、こんばんは。
祖父の入院姿を見たとき、ショックでした。
タンが詰まって、看護師さんに吸引してもらってました。
 本当に苦しそうなうえに、吸引チューブの挿入も痛そうで。
 自分がこいう立場で選択肢があれば、薬物による死も選ぶかもしれません。
 でも、愛する伴侶を介護する立場なら、少しでも生きていて欲しいし。
 難しいですね。
 
ひょっとこハム太郎
2014/11/09 20:28
本当に難かしいと思います。
同じアメリカで、今年限りと宣告された女子大生が、バスケットコートに立つ、あの勇姿にも励まされますし、彼女の選択支持したくなる。

が、この女性のように、何もわからなくなり、皆にさよならをいえないようになる前に、と言うのもわかるような気がします。

そう言う状態にならない限り、本当の答えはいえないでしょうね。
クルトンパパ
2014/11/10 07:05

コメントする help

ニックネーム
本 文
難かしい問題 クルトンパパのいろいろ日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる