クルトンパパのいろいろ日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 韓国に司法が!?

<<   作成日時 : 2014/11/12 07:17   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

    韓国船沈没、船長に懲役36年…殺人罪は無罪

 【光州(韓国南西部)=吉田敏行】韓国の旅客船セウォル号沈没事故で、乗客らの救護措置を怠ったとして殺人罪などに問われた船長のイ・ジュンソク被告(69)ら乗員15人の判決が11日、光州地裁であった。

 林正●裁判長は「イ被告は乗客を退避させるよう指示を出しており、乗客らが死亡する結果を容認したとみるのは難しい」として殺人の「未必の故意」を否定。イ被告への殺人罪は無罪とし、遺棄致死傷罪などを適用して懲役36年(求刑・死刑)の実刑判決を言い渡した。(●は火へんに華)

 判決では、事故で負傷した調理師ら2人を放置して船外に脱出した機関長の男については「未必の故意」があったとして殺人罪を認定、懲役30年とした。ほかの乗員らは懲役20〜5年。

 公判では、〈1〉乗客に船外への退避を呼びかける案内放送の指示があったか〈2〉乗客が死んでも構わないという「未必の故意」があったかが争点になった。

 検察側は、イ被告は退避指示を出しておらず、脱出後も海洋警察に乗客の救助を要請しなかったと指摘し、殺人罪などで死刑を求刑していた。これに対し、イ被告は「航海士に指示した」と反論し、事故当時は混乱状態で殺人の故意はなかったと主張した。

読売新聞 2014年11月11日(火)

 反日無罪で対日関係の場合、司法など消えてなくなる国だが、さすがに国内向けには司法のようなものがあるのだね!

 あの事故の船長の所業は、確かに殺人にも匹敵する悪行であり、本来ならば死刑にすべきくらいの話だ。
 だが、それでもなお、あの事故において、彼に殺人罪を適用するのは無理がありすぎる。

 馬鹿な女王陛下が、事故の原因や経緯が明らかになる前に、「殺人だ、死刑だ」と騒ぎ出した事で、女王に逆らえない検察が唯々諾々と従って、死刑を求刑したのが恥ずかしい話なんだが。

 船長の所業は厳しく断罪されるべきだし、そう言う意味では懲役36年と言うのは良い判決だろう。
 彼一人の仕業じゃないとは言え、転覆の原因を作った一人でもあり、また、なにより乗客、乗員を残しさっさと逃げ出した罪は大きいからな。

 韓国にも司法らしきものがあると言うことだ。どうかお願いだから産経新聞支局長や、仏像返還、親日法に対しても、普通の判断を下して欲しいものだが、それをやってしまうと、多分あの国では、裁判長は殺されるんだろうなあ。

 命懸けでまともな判決を下す、そんな事を期待するのは酷なんだろうな。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
韓国に司法が!? クルトンパパのいろいろ日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる