クルトンパパのいろいろ日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 討ち入り投開票

<<   作成日時 : 2014/11/12 07:37   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

   「来月14日投開票」準備…自公、関係者に指示

 自民、公明両党は11日、衆院選の日程について、「12月2日公示・14日投開票」を想定し、選挙準備に入った。

 安倍首相は一連の外交日程を終えて17日に帰国し、早ければ数日中に、2015年10月からの消費税率の10%への引き上げの可否を決めるとみられる。引き上げが困難と判断した場合には、衆院解散に踏み切る構えだ。

 公明党執行部の1人は11日、地方幹部に電話し、「『12月2日公示・14日投開票』で態勢を組んでいく」と伝えた。同党の支持母体・創価学会も11日、地方幹部を集めた会議を開き、同様の日程で選挙支援準備に入るよう指示した。

 これに先立ち、公明党の山口代表は11日、国会内で開いた幹部会合で、「早ければ年内に(衆院選を行う)というシナリオがあるから、対応できるような構えをとっていきたい」と述べた。

 一方、自民党は、衆院選に向けた世論調査を今週末に行う方向で検討している。同党の二階総務会長は11日の記者会見で「解散の風が吹き始めることは間違いない。万全の態勢を整えていく」と語った。自民党幹部は、公明党と同じ日程で関係者に選挙準備を進めるよう指示している。解散時期によっては、「9日公示・21日投開票」となる案も取りざたされている。

読売新聞 2014年11月12日(水)

 ここまで大きくなってしまうと、解散は総理の専権事項とは言いながら、もう、誰にもとめられない。
 一説によると、解散を思い止まるよう説得した党幹部に対し、総理が一歩も譲らなかったと言う話も出てきているくらいだし、谷垣幹事長がああいう事を言うと言うのは、ほぼ決定したと言うことだろう。

 日程は14日か21日投票と言うことなのだが、どうやら、予算成立などを考えれば、1日も早く新体制を整えるべきだと言うことで、12月14日の赤穂浪士討ち入りの日、と言うのが最有力のようだ。

 2年前と同じく、また、年末があわただしくなるが、選挙に勝って、腰を落ち着けて、景気回復や外交問題、内政問題に取り組んで欲しいものだ。

 野党各党は「堂々と受けてたつ」などと言っているが、民主党ですら、いまだ小選挙区の候補が半分くらいしか決まってないと言う体たらくであり、野党間の選挙協力もまったく目処が立っていないのだから、今選挙になれば維新の橋下共同代表が言うように、これからなんとかまとまらない限り大惨敗は必死だろう。

 最悪の予想でも250以上と言う自民勝利の予想だが、250取れれば、公明と合わせたら余裕で絶対安定多数を占められる。下手したら、前回並みの大勝利すらあるくらい、野党に対する不信感が募ったままではどうしようもない。

 このまま行くと、民主や維新も伸びず、次世代の党と共産党だけが伸びる、そう言う事になるかも知れない。
 本当ならば、自民が勝ち続けると言うのは、決して良い事じゃない。また先祖帰りしかねないし。

 が、ここでも惨敗すれば、さすがに野党も本気で再編を考え出すだろうから、悪い事じゃないかもしれない。自民党ときちんと対決できる、責任ある政党が誕生し、自民と正面からぶつかるようになれば、この国は少しは良くなるだろう。

 
 安倍総理は勝ったら本当に長期政権が見えてくる。おそらく、消費増税は1年から1年半の延期と言うことだろうな。今やってしまうと、完全に景気回復は腰折れし、目論んだ税収増など見込めない。過去の増税期は、その前の消費動向は前年以上まで回復していたものだが、今の状況を見ると明らかなように、前年まで到底届かない。黒田バズーカで株価は回復したとは言え、やはり、国民が納得できる状態まで待つべきだ。

 足りない税収は、ギャンブル税とか宗教法人課税の強化などとか、あと、脱税を許さないと言う厳しい姿勢を見せて何とかして欲しいもの。

 なにより、国会が一切、痛みを享受する姿勢を見せていないままでは話にならん。定数是正も良いが、歳費削減、特に交通費、文書費などをまともな形にし、国会議員の歳費全部を2割カットするくらいの厳しい姿勢を見せてからにすべきだろう!増税は。


 と言うことで、ほぼ間違いなく解散になるようだ。

 長崎は定数削減にはならないようだが、選挙区割りが見直されるんだよねえ。
 我が家も今までと別の選挙区になるらしい。なんか納得できないんだけどな。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
パパさん、こんにちは。
民主党と違い、ちゃんと仕事をしてたんだから解散する必要なんて無いと思ってたんですけど、マスゴミの世論操作に押し切られてのことだと思いますけどね。
この2年で野党が改心したかと言うと全然そんなことは無くて、未だにマスゴミの尻馬に乗って揚げ足取りをしてるだけ。
そりゃ自民党も完璧じゃないけど、野党の中に、そんな野党の現状を叱責する人間が居ない。
東京都知事の桝添が辞めさせられるんなら解りますが、今の自民党政権を解散させても国政が停滞するだけですよ。
世界史は面白い
2014/11/15 16:22
 ぱぱさん。こんばんは。
 今、日本では企業の株を上げ、税負担を少なくして、企業を富ませ、その富を労働者に広げようとしていますが。
 企業は、日本の事業所を削減し海外展開しています。つまり、企業は潤いますが、日本の労働者には富は分配されなくなっています。
 分配されない富は、日本の労働者の消費に回されず、大企業が海外の設備投資・労働者への賃金へと支出します。
 日本の労働者の成果が、海外に流れるって。
 まぬけだわ。
 そのきっかけは、先の民主党政権が円高に対して何も有効な手を打てなかったこと。
 ろくでもない政権に移るより、自民党で政権を担って欲しいです。
 
 日本人。こんなにあくせく働いて、生活が楽にならないなんて。
 うまく搾取されてますね。
 
ひょっとこハム太郎
2014/11/16 19:40
世界史は面白いさん、おはようございます。
押し切られたと言うことより、このタイミングを逃せば、1年半くらい、解散の時期が無く、麻生さんとか野田のように、任期切れが迫っての追い込まれ解散になりかねないと言うのがあったんじゃないでしょうか?さらに、今なら野党がまともじゃないんで、大負けしないし。前回よりも減らしたとしても、圧勝した上でこれから、さらに強力に政策を推し進めてくれると思います。

ハム太郎さん、おはようございます。
そう言う状況から脱却するためにも、さらにアベノミクスを力強く推進しながら、その問題点を野党などが修正を求める、それで無ければなりません。

反対のための反対、それしかやらない馬鹿野党はいりません。
クルトンパパ
2014/11/17 07:13
その、まぬけな現状に対して現在の「アベノミクス」は全く無力だと思います。これが上手くいってない理由でしょう。だから個人の消費意欲は全く改善されないんだと思います。
アホな野党ではなく、自民党内で修正が出来ないと日本は地獄に落ちてしまいます。
ただ、残念ながら自民党でそういう主張をする人がいません。これが辛い。
ハム太郎さんに同意です
2014/11/18 00:12
アベノミクスは失敗ではなく、まだ途中です。
民主党のままだったらと思うと、今頃日本中に失業者が溢れる事になってます。

個人消費の向上はもうちょっと待たないと無理ですね。4月に上げてなければ、と残念です。

財政再建は大事なんですが、景気が腰折れしたら無意味。これからどう言う手を打つかでしょう。

自民党だけじゃなく、野党も本気で景気対策を考え、国会で徹底的に論戦をやってもらいたいもの。うちわ論議など無駄です。
クルトンパパ
2014/11/18 06:49

コメントする help

ニックネーム
本 文
討ち入り投開票 クルトンパパのいろいろ日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる