クルトンパパのいろいろ日記

アクセスカウンタ

zoom RSS ぽっかり

<<   作成日時 : 2014/11/19 07:33   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

   <訃報>高倉健さん83歳=俳優「網走番外地」「鉄道員」

 「網走番外地」シリーズ、「幸福の黄色いハンカチ」「鉄道員(ぽっぽや)」など日本映画史上に残る名作に主演し、「健さん」の愛称で親しまれた俳優で文化勲章受章者の高倉健(たかくら・けん<本名・小田剛一=おだ・ごういち>)さんが10日午前3時49分、悪性リンパ腫のため東京都内の病院で死去した。83歳。

【写真特集】甘いマスクで銀幕を彩った高倉さん

 福岡県中間市出身。幼少期は病弱だったが、中学時代からボクシングと英語に興味を持ったという。福岡県立東筑高校から明治大学商学部に進学。在学中は相撲部のマネジャーも務めた。大学卒業後の1955年、東映東京撮影所所長にスカウトされ、東映ニューフェイス第2期生として東映入社。同期に今井健二、丘さとみらがいる。

 56年に映画「電光空手打ち」で主演デビュー。元々俳優志望ではなく、顔にドーランを塗り、化粧をした自分を鏡で見て、情けなくて涙が止まらなかったという。アクション、青春もの、時代劇にも出演したが、63年の「人生劇場 飛車角」以降、任(にん)きょう映画を中心に活躍。60年代中盤から70年代前半にかけて「日本きょう客伝」、「網走番外地」、「昭和残きょう伝」シリーズなどが爆発的にヒット。東映の看板スターになり、映画スターの地位を確立し、主題歌も歌った。

 70年に高倉プロを設立。出演映画の問題で東映と意見が合わず、東映も「仁義なき戦い」以降、任侠映画から実録路線に変更。76年に東映を退社する。フリー転向後、「君よ憤怒の河を渉れ」(76年)で任侠映画のイメージから脱却し、以降幅広い作品に出演。「幸福の黄色いハンカチ」(77年)では、毎日映画コンクール男優演技賞のほか、第1回日本アカデミー賞最優秀主演男優賞も受賞した。

 このほか、パニックサスペンスの傑作「新幹線大爆破」(75年)、「冬の華」「野性の証明」(78年)、動乱(80年)、「駅 STATION」(81年)、「海峡」(82年)、「南極物語」「居酒屋兆治」(83年)、「あ・うん」(89年)など代表作多数。「鉄道員(ぽっぽや)」(99年)ではモントリオール世界映画祭最優秀男優賞を受賞。「ブラック・レイン」(89年)、「単騎、千里を走る。」(2006年)など海外の作品にも多く出演した。

 12年、205本目の出演作、6年ぶりの主演作となった「あなたへ」で銀幕復帰。「ずいぶんと空いてしまいました。もう少し、映画に出ないといけないね」などと話していた。

 私生活では、「恐怖の空中殺人」(56年)での共演をきっかけに、人気歌手だった江利チエミと59年に結婚。70年、当時の世田谷区の自宅を火事で焼失。71年に江利と離婚。その後、06年文化功労者、13年に文化勲章。独身を通した。

毎日新聞 2014年11月18日(火)

 高倉健さんが亡くなった。この歳になると、多くの俳優さんの訃報に接してきたが、なかなかの衝撃であり、ぽっかりと穴が開いたような気すらしてしまう。

 私の場合、東映任侠路線の映画はほとんど見た事が無い。私にとっての高倉健は「幸福の黄色いハンカチ」「野生の証明」「動乱」「駅」「海峡」南極物語」「鉄道員」そして何より「八甲田山」の高倉健だった。

 そこにはいつも、寡黙でありながら、頼れる男がいた。亡くなってからと言うより、それ以前から伝えられたご本人にまつわるエピソードを見ても、日本人の男がいた。

 「ブラック・レイン」では松田優作の演技が話題になったが、健さんのマイケル・ダグラス、アンディ・ガルシアと言うハリウッドスターと一歩も引かない、銀幕のスターのたたずまいが凄い印象を残した。

 老いは隠せない。だが、その姿、たたずまいは素晴らしいままだった。

 また一人、昭和の大スターが亡くなった。

 ご冥福をお祈りします。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
パパさん、こんばんは。
僕は老成した健さんの作品しか知りませんが、渋くてカッコイイ老いすら魅力にするスターだったと思います。
 なのに報道ステーションは人の死すら反政府に結び付けるので叩かれまくっているようです。
 報ステ関係者は全員、矛盾が出なくなるまで拷問してやりゃ少しはまともになるんじゃないかな。
世界史は面白い
2014/11/21 20:37
今日、BSで『駅』見ました。
 健さんの映画は、いい味を出してますね。
 九州の出身だそうですが、北海道がよく似合う、いい男ですね。
 寡黙であるが、強い。優しい。
なんだか、スペインやフランスのいい映画見ているみたいで。
 いいわぁ。
 倍賞千恵子さんも、寅さんシリーズでもそうですが、主役を引き立てる、いい女優さんですね。
 好きですわ。

 こんなの見たら、ハリウッド映画が見れませんね。味わい深い。
 
ひょっとこハム太郎
2014/11/22 22:59
世界史は面白いさん、おはようございます。
報ステもいよいよ終了と言う話ですし、いたちの最後っ屁でしょう。ろくな連中じゃないです。

ハム太郎さん、おはようございます。
そういえば健さん、北海道の作品、多いですね。厳しさが似合う人なんでしょう。
 
「駅」は良い映画です。好きな一本です。
クルトンパパ
2014/11/25 06:47

コメントする help

ニックネーム
本 文
ぽっかり クルトンパパのいろいろ日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる