クルトンパパのいろいろ日記

アクセスカウンタ

zoom RSS だらしないねえ、野党諸君

<<   作成日時 : 2014/11/20 14:12   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 3

衆院選 民主、悲壮感…目標定められず「1議席でも増やせれば」

 野党は、衆院選で自民党による「1強多弱」の国会勢力図を打ち壊し、反転攻勢の機会にしたいところだ。しかし、党勢は回復していない上、選挙準備の遅れは否めず、野党第一党の民主党ですら議席獲得目標を明確に示せていない。候補者調整を急ぐも、「絶対安定多数(266議席)」という強気な与党を打ち砕く戦略を描けずにいる。

 「立候補する全ての仲間を当選させたい。あえて言えばそれが目標だ。与党の都合で行われる選挙だから、1議席でも増やせれば現状よりはいい」

 民主党の枝野幸男幹事長は19日、国会内で記者団にこう述べた。海江田万里代表と同じように、勝敗ラインや議席獲得目標に言及しなかった。

 民主党は、次期衆院選の公認候補内定者が18日現在で、147人。前回衆院選の大敗北から2年がたつが、「政権の受け皿になりたくても、党が実施した世論調査の結果も芳しくはない。これ以上議席を減らしたら、民主党は終わりだ」(閣僚経験者)と党内には悲壮感が漂う。

 党関係者は「選挙区の候補者は160人程度になるだろう」とし、平成10年の結党以来初めて200人を割り込みそうだ。

 野党第二党の維新の党は、選挙区の公認候補が全体で70〜80人程度になる見通しだ。獲得議席目標については、橋下徹共同代表(大阪市長)の立候補が決定すれば大きく変動するとして、定まっていない。

産経新聞 2014年11月20日(木)

 いまや全野党が、総理の解散は暴挙だ、と騒いでいるが、私の記憶が正しければ本格的に解散風が吹き出す前の、ほんの2、3週間前までは、各党揃って「どうぞ、解散して下さい。受けてたちます!」と総理に解散しろ!と言ってたと思うのだけどね。

 安倍総理が民主党に対しのけぞったらしい。理由は野党であるにもかかわらず、解散に反対すると言うことは、安倍内閣にずっと続いて欲しいと思っているのかと(笑)自民党は野党時代、ずっと「国民に信を問え!」と訴え続けたのとのあまりの違いにあきれたんだってさ。

 衆議院議員は「常在戦場」でなければならない、と常日頃言っていながら、まったく準備が出来ていなかったのが情け無い。第1野党である民主党が、200人も候補すら立てられないと言うのは、論外以下の話。

 最終的に160人程度など、295ある小選挙区の半分ちょっと。せめて、野党各党との選挙協力区以外の全てに候補を立てるのが責務だと思うのだけどなあ。

 情け無い野党の存在が、暴挙と言われる解散になってしまったと言うことだぜよ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
パパさん、こんばんは。
 仕事の帰りにニュースを見ていたら、民主党(
元)辞退ばっかりで嗤いました。
 そりゃ化けの皮が剥がれれば余程面の皮が厚くなけりゃ二度と表には出れんわ。
 まあ今選挙やっても負けるのが分かっていて金を損するだけですからね。
世界史は面白い
2014/11/21 20:30
パパさん、おはようございます。
 BSフジの夜8時からのニュース番組毎日、見ています。
 が、民主党の議員が出演する時はチャンネルチェンジです。この前の、野田元総理のときも、全然、面白くないからかえました。
 民主党の議員みんなの言ってることが、恨み節や愚痴にしか聞こえなくて。
 日本をどうしていくとか、そういうビジョンも無い、ただ小手先だけのどう選挙協力するとかの話だけで。
 この解散ですが、私の読みでは、もちろん国内の様々な事情もありますが、おそらく最近の香港の普通選挙を求めるデモ、ウイグルでの独立紛争。
 こういうシナへの揺さぶりではないかと思うのです。幸い最近の円安によって外国人がたくさん、シナ系の人たちも大勢来日していますので、この自由な報道の情報の中で『普通選挙が普通にできる日本』を大いにアピールする機会だと捉えているのではないでしょうか。
 シナに対する強烈なプレッシャーです。

 つまり、金に目がくらんで、害を輸出するシナではなくて、世界に幸せを輸出する、そういう日本がアジアをリードするのだという、そういう目的なのではないでしょうか。

 ・・・というハム太郎世界政治経済研究所の見解でした。
ひょっとこハム太郎
2014/11/22 07:38
世界史は面白いさん、おはようございます。
民主のだらしなさが、選挙への興味を失わせています。民主と維新でかなり、選挙区の住み分けをやっているらしいんですが、それでもまだ、両党で220くらい。小選挙区全てに候補も立てられない体たらく。あの田中真紀子すら逃げ出すほど、復活の目が無いと言う事でしょう。

2年間、何やってたんでしょうねえ?

ハム太郎さん、おはようございます。
中国などにプレッシャーを与えるため、というのはうがちすぎでしょうが、これで自民が勝てば、安倍内閣があと少なくとも2年から4年は続く、と言うことで特亜もそれなりの対応をしないとだめだと言う事に気がつきます。
クルトンパパ
2014/11/22 07:53

コメントする help

ニックネーム
本 文
だらしないねえ、野党諸君 クルトンパパのいろいろ日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる