クルトンパパのいろいろ日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 安倍政権継続決定

<<   作成日時 : 2014/11/28 13:54   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 3

   民主、過半数擁立難しく…党勢低迷200人前後

 12月2日公示・14日投開票の衆院選で、民主党の公認候補者は衆院定数(475)の過半数(238)を下回ることがほぼ確実となった。

 同党は1998年の結党以来、全5回の衆院選で半数を上回る候補を擁立してきたが、2012年の野党転落後の党勢低迷が響いた。民主党の候補減少の影響もあり、全立候補予定者も、27日現在の読売新聞社の集計では12年衆院選(1504人)の約3割減の1091人にとどまっている。最終的に1100人強となりそうだ。

 民主党は27日現在、全295小選挙区に正式な公認候補177人を決めている。比例選の候補は1日に発表予定だ。党幹部は27日、最終的な候補者数について、「小選挙区は増えたとしても数人。比例選は、単独候補を擁立しない地域ブロックもある。全体で200人弱だ」と述べ、200人前後にとどまるとの見通しを明らかにした。民主党が過半数を超えられないため、衆院選後に野党再編などがない限り、自民党と争う「2大政党」の構図は生まれない可能性が大きくなってきた。

読売新聞 2014年11月28日(金)

 これはもう、どうしようも無いなあ。民主が200人立てたとしても、全員当選などできない。さらに言えば、民主が連立を組むとして、それが可能なのは、いまや維新の党だけ。社民は存続があやういし(笑)

 維新はせいぜい公明と張り合う30人程度だろうから、どうあがいても自民は単独過半数を維持し、公明と合わせて270の絶対安定多数を確保する事が決まった。

 どうぞ、どうぞ、いつでも解散して下さい、受けてたちます!と言ってたのはなんだったんだ?

 安倍政権を批判したり、出来もしない公約など並べ立てているようだが、その前に国民に対し、選挙準備すらできていなかった体たらくを謝罪するべきだと言う気がするのだが。

 年内解散の可能性と言うのは、夏前くらいから言われていたのだからね。「常在戦場」と言うのは衆議院の鉄則だし、政権を追い込み政権交代を目指す野党としての最低限の準備すら出来ていなかったのだ。

 どうやら、事前予想で言えば、自民が最大の負けを予想しているところで50減。と言うことは295議席持っている自民党は、そこまで負けても単独過半数を維持する。個人的にはそこまで負ける事も無いだろうなと。確かに、アベノミクスの恩恵はいまだ十分じゃないし、原発再稼動などにも不満がある。とは言え、じゃあ、自民以外のどこに投票をしたくなる政党があるのか?となれば、自民党を支持してきた人ならまだ、次世代の党もあるかもしれないが、擁立の絶対数が少ないし、珍らしい自民より右に位置する政党だけに、拒絶反応を示す人が多いだろうし、そう言う人は棄権する可能性が高くなるだろう。そうなったら、いよいよ、組織票がしっかりしている自民、公明が強く、野党では共産が伸びる可能性が高い。つまり、自民党が減るのは、せいぜい20程度のような気がするのだけどね。

今一度、惨敗すれば良いのだよ、野党は。
 で、そこから本気で自民党と対峙出来る、きちんとした政党を作って欲しいものだ。

 中途半端に勝ったり負けたりすると、またグダグダと反省もせず、コップの中での権力闘争が続いてしまう。次は安倍さん、あるいはその後継者が、任期一杯までは解散などしたくないと考えるような、まともで強い野党が出来れば、この年末解散そのものも無駄じゃないと言う事になるのではないか?


 ちなみに、師走選挙がどうだこうだと言う人もいるが、実は月別で見ると12月が一番、数が多いと言うことをあまり伝えないメディアが多いのは何故なんだろうねえ?

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
パパさん、おはようございます。
自民党は『景気回復の波を地方にまで・・・』と宣伝していますが。いまや、主な製造業の工場は海外移転が完了しています。
 工場勤務の方に聞いたのですが、彼は実は製造していません。海外工場で作った製品の最終的な検査業務です。
 それも、海外工場で作られたものすごく不良率の高い製品が大量に送られてくるそうですが、それがまた、考えられない程の品質の悪さ。
 おかげで、早朝勤務〜深夜まで地獄のような忙しさ、で、給料は『直接、富を生まない部門だから』という理由で激安だそうです。
 手取り、20万に手が届くかどうか。
民主党政権下での企業いじめが原因なんですよ。
この失われた中間層、職がもう国内に少数しかとどまっていない現状、回復するには、もう一度企業の生産部門に戻ってきてもらうしか方法はありません。
 しかし、世界でも高賃金、高待遇に慣れている労働者。竹中平蔵教授の言われる通り、労働契約を柔軟にしてもう少し、賃金を抑え、勤務時間の柔軟性に応じるなどしなければ、企業は戻って来られない。
 働く方もその方がいいと思うんです。長時間、会社に縛られて働くより『4時間の早朝勤務をこなして、午後から、おじいちゃん、おばあちゃんの介護』とか『子供の幼稚園、送り迎え』とか。
 
もう『政府に求めるばかり』では日本の経済は復活しない。得るものあれば、これまでの権益は捨てる覚悟が必要。
 『道路の草むしりなんか、近所の住民がすればいい』そう言うべき。国と地方の財政はひっ迫しているのですから。
 この覚悟を、自民党、安倍総理は国民に求めるべきです。
 総理、国民に痛いことを言ってくれ。『汗と血と知恵を出せ!でないとこの国の未来は無い』と。
 国民に対する審判だと思うのですよ、今回の占拠は。
ひょっとこハム太郎
2014/11/30 03:41
 あの『タカタのエアバッグ』問題も企業にとって頭の痛いことだと思うのですよ。
 海外展開している自動車メーカーに製品を届けて、かつ利益を上げるには現地生産が必要。
 されど、賃金の安さに引き替え、その技術の低さ、モラルの低さ。
 技術移転しようにも、現地労働者にその意欲も感じられない。
 そのもどかしい状況。
 この海外生産の問題解決の為と円安の今、企業が日本に戻ってくるにはチャンスだと思うんです。
 しかし、企業には一時的な円安なんて意味がないと思うのです。持続しなければ。
 円安持続で企業回帰を要請、法人税減税。

これで解決。


ひょっとこハム太郎
2014/11/30 03:56
ハム太郎さん、おはようございます。
国民は痛みを享受する覚悟は出来ていると思います。そのためには、まず、国、官僚、政治家が痛みを受けるべきだと言うだけで。

円安、行き過ぎつつあるようですねえ。ここまで行くのはもう少し、時間を掛けてと思ってたんでしょうが。

とにかく、言えるのは少なくとも民主党政権下ではこんな状況すら夢幻。おそらく今も、デフレと先行きが見えない中で失業者が溢れ、学生の就職氷河期はさらに悪化していた事でしょう。
クルトンパパ
2014/12/01 07:21

コメントする help

ニックネーム
本 文
安倍政権継続決定 クルトンパパのいろいろ日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる