クルトンパパのいろいろ日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 環境テロ団体だから

<<   作成日時 : 2014/12/12 11:08   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

<グリーンピース>ナスカの地上絵間近でPR 破損の容疑

 【リマ朴鐘珠】国際環境保護団体グリーンピースが、ペルー南部の世界遺産「ナスカの地上絵」の近くに侵入し、再生可能エネルギーの使用促進を訴える文字をかたどった布を地面に並べた。同国で開催中の国連気候変動枠組み条約第20回締約国会議(COP20)に合わせて注目を集めようとした行為だが、同国政府は運動家の出国を禁じ、文化財破損の容疑で告訴する方針だ。

 現地報道などによると、グリーンピースの運動家20人が8日、有名なハチドリの地上絵からわずか数メートルの場所に、黄色の布で「変革の時」「未来は再生可能」と描いた。地上絵は1500〜2500年前、地上の石を線状に取り除いて造られ、現在は一帯の立ち入りが禁じられている。

 地上絵を保護するマリア・ライヒ協会は9日、運動家の足跡によって荒らされたとみられる痕跡の航空写真を公開し、グリーンピースの度を越した行為を非難した。批判の高まりを受けてグリーンピースは10日、「道徳的な誤りを深く後悔している。当局の捜査にも進んで協力する」との声明を発表した。

毎日新聞 2014年12月11日(木)

 実に簡単な話だ。グリーンピースを環境保護団体だとか思っているから驚くだけで、こいつらは環境テロ団体なのだから、自分たちが正しいと思えば世界のルールなど無視して当然なのだよ。

 どうやらナスカの地上絵付近は、非常に地面が柔らかいと言うことで、ペルー政府の許可を得て立ち入る場合にも、ペルー政府指定の「カンジキ」のような履物を履かなければならないのに、こいつらはスニーカーで踏み込んだ。もちろん、政府の許可など一切得ずにだ。

 グリーンピースは10日、「道徳的な誤りを深く後悔している。当局の捜査にも進んで協力する」との声明を発表したと言うが、まさか自分たち正義の味方が告発されるなど考えてもいなかったのだろうから、驚き慌てているだけ。まったく反省などしていない。

 グリーンピースは基本的にシーシェパードと同じ、「唯我独善」的思想のくそ団体なのだよ。緑豆日本がやったあの、西濃運輸鯨肉窃盗事件でも、やつらは自分たちの主張が正しい事を証明するためならば、法律など犯して当然と言うことなのだから、世界中で同じような事をやってるのだよ。

 今回、ペルー政府は緑豆の謝罪を受け入れず、徹底的にやるらしい。
 世界各国でその資金源の胡散臭さや、使途の闇、活動の独善性などが批判されいている。

 今一度言う。
 グリーンピースは環境保護団体などでは絶対に無い。環境保護団体ならば、自分たちの主張のためだろうが、決して環境を悪化させるような事はしないはず。

 こいつらは、紛れもなく環境テロ組織以外の何物でもないのよ。


 映画「ハンコック」でハンコックが助けて投げた鯨が、グリーンピースの船にぶつかるシーンは笑えた。あれが世界の見方なんだよ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
環境テロ団体だから クルトンパパのいろいろ日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる