クルトンパパのいろいろ日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 解党したら良いのに

<<   作成日時 : 2014/12/16 07:23   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

<民主党>緊急役員会で代表選日程など調整 17日に決定

 民主党の海江田万里代表は15日、党本部で記者会見し、「私が議席を失うことが確定した時点で代表を辞める決意をした」と述べ、衆院選落選に伴う辞任を正式表明した。同党は15日夜に緊急役員会を開き、代表選日程や実施方法を巡る調整に入った。政府は24日に特別国会を召集するが、党内には実施時期や方法を巡り意見の隔たりがあり、17日の両院議員総会で決定する。代表選では来年春の統一地方選に向けた体制の立て直しや、「自民1強」に対抗する野党連携の戦略作りが急務となる。

 海江田氏は会見で「安倍政権の暴走を許してはならないという国民の大きな声を受け止める議席にはならなかった」と述べた。党内では一時、「3ケタ」の議席獲得が目標とされたが、獲得できたのは73議席にとどまった。

 民主党内では、特別国会前に新代表を選出し、反転攻勢をアピールする必要があるとの声が強い。ただ、特別国会までは時間がなく、代表選が間に合わない場合は首相指名選挙で岡田克也代表代行らに投票することも検討する。

 一方、党員・サポーターも加わった本格的な選挙を実施し、広く意見集約を図るべきだとの声も党内にあり、15日の緊急役員会でもこうした意見が出た。このため執行部は16日に常任幹事会、17日に両院議員総会を開き協議する。

 次期代表の任期は2017年9月末までの約3年。複数の候補が立候補すれば、統一選や16年の参院選に向けた党勢回復に加え、維新の党などとの野党再編の是非が焦点になりそうだ。次期代表には、岡田氏や細野豪志元環境相、玉木雄一郎衆院議員らの名前が取りざたされている。

毎日新聞 2014年12月16日(火)

 今回の選挙が示した一つの結論は国民は民主党はいらないと判断した事だろう。選挙でほとんど巨大な議席を減らさなかった自民党は勝ち。増やした公明党と共産党も勝ち。ほぼ横ばいの維新は引き分け。社民もなんとかギリギリ。

 大幅減の次世代はいらないと判断されたし、生活も政党要件を失う結果となり無用と判断された。

 民主は11議席増えたなどと言っているが、共産党ですら13議席増えた中で、非自民と言う票をまったく吸収できなかったのは、国民が自民に代わる勢力として民主党を認めて居ないから以外の何物でもない。

 もし、民主党にまだ価値を見出しているのならば、今回の選挙では自民は270台くらいまで減って、民主は最低でも100議席を回復するはずだが、そうならなかった。増えたのは、政権に就く可能性が無いと言う事で、与野党ともにだめだと判断されたときのみ伸びる共産党。つまり、自民がだめだ、嫌だと思った人も民主に期待していないと言うことの現われが今回の選挙結果。

 もう、民主党はいらない。その使命は終えたのだから、解党すべきだろ言う。

 いっそ、輿石代表、辻元幹事長、赤松政調会長になって、それについていけない比較的まともな勢力は党を離れ、維新との政策協議を行い、新たな政党を作るべきだと思うぞ。

 これからの野党再編は民主ではなく、維新がその中心となるだろう。
 解党状態になってしまった次世代や、旧みんなの党、生活の党などを離れた議員たちも一諸にどう言う政党を作るのか?この国をどう言う国とするのか?を協議し、一致したものが集まって新党を作る、それ以外、今の自民1強状態を抜ける道は無い。

 そうして、実効性がある対案を示しつつ、少しずつ自民党からも離党者を得て、次の総選挙を目指すべきだろう。民主党の次の代表は、最後の代表とうなる可能性もある。だが、だからこそ本気でこの国を建て直すと言う覚悟を持って代表となるべきだろう。

 そうじゃなければ意味は無い。どうでも良いのなら、菅直人でも代表にして、脱原発だけの政党にするのも良いかも知れないよ。国民の支持は無いだろうけどな。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
パパさん、おはようございます。
 現党代表と総理経験者で元党代表が小選挙区で落選する政党なんざ、ハッキリ言って党としての政治姿勢に『NO』を突きつけられているとしか言いようが無いです。
 民主党って言うのは、それでも比例区を使って若い人のチャンスを潰してでも地位にしがみつく菅のような奴らの仲間内の椅子取りゲームです。
 何度も書いてますが、民主党が変わって無いんだから仕方が無い。
 虚飾をマスゴミにカバーしてもらうから反省しない。だから変わろう良くなろうとしない。
 鳩山や菅を止められないし、そもそも何が悪かったのかすら理解できていない。
 こんな政党に税金が使われていることが許せませんね。
世界史は面白い
2014/12/16 09:04
世界史は面白いさん、こんにちは。
本当にみっともない。菅は元総理としての矜持があるのならば、もともと重複立候補などしないで、小選挙区で負けたら引退するくらいの覚悟があって当然。それは野党第1党の党首も同じですが。

民主の使命は終わった事を理解して欲しいものですが、まだまだしがみついて、政界再編にすら乗ってこないんじゃないでしょうか?
クルトンパパ
2014/12/16 11:47

コメントする help

ニックネーム
本 文
解党したら良いのに クルトンパパのいろいろ日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる