クルトンパパのいろいろ日記

アクセスカウンタ

zoom RSS それでもSTAP細胞は

<<   作成日時 : 2014/12/19 07:21   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 4

小保方氏、STAP再現できず…「存在せず」濃厚 理研、週内にも発表

 STAP細胞の有無を確かめる検証実験で理化学研究所の小保方(おぼかた)晴子研究員(31)が細胞を作れず、論文に記載した実験内容を再現できなかったことが17日、分かった。STAP細胞の存在を主張していた小保方氏が自ら作製できなかったことで、細胞は存在しない可能性が一段と高まった。今週中にも理研が検証実験の結果を発表する。

 小保方氏は7月以降、所属していた神戸市内の研究センターで検証実験を開始。第三者の立ち会いのもとで論文(撤回済み)と同じ手法でSTAP細胞の作製に1人で取り組み、期限の11月末に終了した。

 実験では、万能性の目安となる遺伝子が働くと、細胞が緑色に光るように遺伝子操作したマウスを使用。白血球の一種であるリンパ球を採取し、弱酸性の溶液に浸すことで万能細胞を作れるかどうかを調べた。

 しかし、複数の理研関係者によると、万能性遺伝子に特有の緑色を確認することはできず、STAP細胞は作製できなかった。

 万能性遺伝子の働きが確認できた場合、この細胞をマウスの初期の受精卵に入れ、全身の細胞に分化するかを調べる万能性の最終確認を行う計画だったが、この段階に至らないまま実験を終了した。小保方氏は4月の会見で、STAP細胞の作製に「200回以上成功した」と説明。細胞の存在が疑問視される中で、自ら実験を行うことで存在を証明できるか注目されていた。

 一方、小保方氏が関与せず、独立してSTAP細胞の有無を確認する理研の検証チームも8月の中間報告で、細胞を作れなかったと発表している。小保方氏が作製できなかった影響は大きいとみられ、検証チームも来年3月末の期限を待たずに実験を打ち切る可能性がある。

 STAP細胞は小保方氏らが1月に論文を発表した。新型の万能細胞として注目されたが、画像データなどに疑義が指摘され、理研は捏造(ねつぞう)と改竄(かいざん)の不正があったと認定。論文は7月に撤回され、科学的な根拠は既に失われている。

産経新聞 2014年12月18日(木)

 再現できなくても、それでもSTAP細胞はありま〜す!とどうやら小保方ちゃんは言っているらしい。

 200回以上、再現できたが、監視下では出来なかった。でもそれは、精神が疲れていたからであって、STAP細胞はあるのだよ。

 少なくとも彼女の中では。

 無論、まだ、完全否定されている訳じゃない。あるかもしれない。
 が、無かったとしたら、なぜこう言う事になったのか?が問題。

 想像すると、何らかの偶然で、万能細胞(みたいなもの)を彼女は作ってしまった。それでそれを再現しようと試行錯誤する中で、知らず知らず、やってはならない方法などを含めて作れるようになったのかも知れない。知らず知らずにやれるかは知らんが(笑)

 そのうち、本人の中ではこれは確定的な事実となったのではないかなあ?で、ああやって大々的に発表した。が、その後はご承知の経過をたどって、今に至ると言うことかもしれない。

 あって欲しいんだけどね、STAP。夢の万能細胞なんだから。

 やっぱりSTAP細胞はありました〜!と彼女が言う、そう言う日が来ると良いね。

 たぶnやってこないけど。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
ということで「STAP細胞」はありませんでした
皆さま、お疲れ様でしたm(_ _)m ...続きを見る
つらつら日暮らし
2014/12/20 05:11

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
 パパさん、こんばんは
予想通りの結果でしょう。
ここだけの話、この検証実験より、小保方さんをウソ発見器にかけた方が早かった!?
笹井さん、死ななくてもよかったのに…
スクネ
2014/12/19 21:02
ガチだとしても虚しいだけです。

こんなので世の中何が?
…………
2014/12/20 00:51
一連の内容で小保方氏が問われているのは、「信頼できる研究者」なのかってことなんですけどね・・・。あの実験室を批判する人たちは、上司を含めて、そこが抜けています。
もう確信犯ですから、あります、は小保方氏の「真実」でしょう。
あと・・今後類似の何かが、仮に見つかっても、それはSTAP細胞と呼ぶべきではないですね。
箕輪伝蔵
2014/12/21 09:52
スクネさん、おはようございます。
彼女の中では真実になってしまってたんでしょうが、本当に笹井さん、もったいない。こんな事で命を捨てる必要なかったと思います。

………さん、あれば素晴らしい事だと思いますよ、病気の人たちにとっては。

箕輪伝蔵さん、おはようございます。
発表後の理研の持ち上げ方も異常でしたね。

事実じゃなくてもそれを事実だと本気で信じる人がいる。それがたまたま科学者だったと言うことでしょう。関与した科学者たちは、そう人が彼女だと思わなかったと言うことなんでしょうねえ。
クルトンパパ
2014/12/22 06:40

コメントする help

ニックネーム
本 文
それでもSTAP細胞は クルトンパパのいろいろ日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる