クルトンパパのいろいろ日記

アクセスカウンタ

zoom RSS まさしく大韓航空らしい

<<   作成日時 : 2014/12/19 07:32   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

大韓航空、運航停止も=飛行機引き返しで―韓国国交省

 【ソウル時事】韓国国土交通省は16日、大韓航空の趙顕娥前副社長(40)が、乗務員によるナッツ提供の仕方に腹を立て、サービス責任者に降りるよう命じ、飛行機を引き返させた問題で、大韓航空に運航停止または課徴金の処分を科す方針を発表した。具体的な処分内容は今後、検討する。

 国交省は、調査に対し趙氏が虚偽の供述をしたほか、大韓航空が乗務員らに虚偽の証言をするよう懐柔した可能性が高いと認定。引き返した機の機長も指揮・監督義務を怠ったと指摘し、航空法違反の疑いが濃厚と判断した。

 また、趙氏については、一部乗務員や乗客の証言から、大声を出し、暴言を吐いたことを確認。検察当局に告発することを決めた。

 サービス責任者は、テレビのインタビューでマニュアルのケースで手をこづかれたと証言したが、国交省は「暴行の有無は確認できていない」として、検察の判断にゆだねる考えを示した。趙氏は、暴言、暴行ともに否定したという。

時事通信 2014年12月16日(火)

 富を独占する韓国財閥の甘やかされたお嬢が、ちょっと傲慢な振る舞いをしただけの話。
 本来、マニュアル違反を指摘した部分までは、まったく問題なし。会社の副社長として当然のこと。

 問題は機長の権限である乗員をおろすとか、機を引き返させると言うことをやってしまったことであり、そこが今追求されているのでしょ?

 まあ、大統領なのか女王陛下なのか知らんが、かの国のトップも似たような事をやってるし。

 で、韓国内で強い韓国を象徴する「大韓」と言う名前を返上しろと言う運動が起きているらしい。笑止千万。

 強い韓国など存在しないし、傲慢で不遜なのは韓国人そのものであり、まさしく今回の事案は、勧告をそのまま象徴しているのだから、大韓航空で何の問題も無い!と思うけどね。

 今回、韓国がこれだけ盛り上がっているのは、経済が落ち込み始めて苦しい中で、財閥のお嬢さんをたたけるチャンスがやってきたからだろう。それだけの話なのだから、日本で報道するほどの話じゃないと思うのだよ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
まさしく大韓航空らしい クルトンパパのいろいろ日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる