クルトンパパのいろいろ日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 湯川氏、殺害

<<   作成日時 : 2015/01/26 11:18   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

イスラム国殺害脅迫 菅官房長官「殺害否定の根拠は見いだせない」

 菅(すが)義偉(よしひで)官房長官は25日午前の記者会見で、イスラム教スンニ派過激組織「イスラム国」に拘束された湯川遥菜(はるな)さんとみられる男性の画像について「遺体を確認したわけではないので、引き続き画像の分析を進め、関連の情報収集に努める。現時点で殺害を否定する根拠は見いだせない」と述べた。

 菅氏は会見で「テロに屈することなく、国際社会におけるテロへの取り組みに積極的に貢献していくわが国の立場は変わらない」と強調した。

 同じくイスラム国側に拘束された後藤健二さんの安否については「わが国としては生存している(前提の)中で、一刻も早く解放することができるように全力で取り組んでいる」と説明した。

 犯人グループが後藤さんの解放条件として求めるヨルダンで死刑判決を受けたイラク人死刑囚の釈放要求に関しては「ヨルダンをはじめ関係各国の協力を得ながら、さまざまなチャンネルやルートを生かして全力を尽くしている」と述べた。

 画像がイスラム国側によってインターネット上に掲載されたかについては「分析、確認中だ」とした。菅氏は湯川さんの家族に対し、ネット上に画像が掲載されたことを連絡したことも明らかにした。政府が画像を確認した時刻については「24日午後11時10分か20分ごろだった」と説明した。

産経新聞 2015年1月25日(日)

 総理、官房長官が揃って湯川氏殺害を否定しないと言う事は、ほぼ殺害を確定できるだけの証拠、情報をすでに政府は持っていると言うことだろう。もし、実はまだ湯川氏は生きてます、などと言う事になればこう言う形で認めた事が問題視される事は間違い無いのだし、あやふやな点があれば自国民が殺害された事を認めたりはしないのが政府なのだから。

 公開された画像そのものは、どうもまた画像加工が施されたもののようだし、後藤氏のスピーチも、本人が書いたもの、考えたものではないらしい。確かに総理を「アベ」と呼び捨てると言うのは違和感がある。まあ、それはISISの検閲でそう言わされた可能性もあるが、「インデペンデントプレスの仲間たち」と言うのは、インデペンデントプレスと言うのは、後藤氏一人だけの会社だと言うことから、仲間たちと言う言葉を彼が書いたのならば使うはずが無い、と言うことらしい。

 当然だが、後藤氏の声明はISISの声明であるのだから、ISISが書いたものを読まされたと言うことだろう。

 政府はもしかしたら、もっと早い段階で湯川氏が殺害されている事を知っていたのかも知れない。後藤氏に関しては、シリアやイラク、さらに周辺諸国で「彼がいかにアラブと接してきたのか、子どもたちを守る活動をして、信頼を得てきたのか?」と言うことをアピールしてきた。それもあり、実際に地元でも「後藤氏を殺すな」と言う運動も起きていると言う。が、一方で、湯川氏救出のために政府が積極的な動きをしていると言う話はあまり聞こえてこないからなあ。

 で、今回、2億ドルと言う途方も無い要求を取り下げた代わりに、ヨルダンで死刑囚として服役中のサジダー・アル・リシャウィの釈放を求めてきた。これは現実的であるかのようにも見えるが、日本以外の国に拘束されている者の釈放は日本政府が決められないのは当然であり、また、ヨルダンから見れば、後藤氏以前に撃墜され拘束されているパイロットの解放の方が先の話になるだろう。特にリシャウィ死刑囚が関与した自爆テロでは、60名近い民間人が殺害されていて、これの解放をする、と言うのは国民感情が許さないだろう。最低でも、パイロットも一諸でないと無理だろう。

 果たして後藤氏をどうするのか?政府は難かしい対応を続けて行かなければならない。
 ISISにしても、後藤氏を殺してしまえば、人質交換も出来ないし、身代金を手に入れる事も出来なくなるのだから、簡単には殺害しないような気もするが。

 
 ついでに言うと、後藤氏の母親と言う石堂氏は表に出ないほうが良い。通常、人質の家族のメッセージと言うのは、国民感情に強く訴えるものなのだが、イラクの時の人質家族が対応を間違った事で、「自己責任論」が強まり、人質に対する同情論が影を潜めて言ったように、今回の彼女の会見は、後藤氏に対するイメージの悪化以外、何にももたらしていない。

 ああ言う会見の場で、人質の母親を名乗りながら、我が子の救出だけではなく、反原発を訴えたり、笑顔を見せるなど考えられない。さらに、妻を名乗る人、などと奥さんの事を呼んだり、孫の誕生すら知らされていないなど、本当にどう言う関係なんだ?と国民が不信感を抱く以外、何の効果ももたらさなかった。

 もしかしたら、彼女は最悪の事態が起きたとき、政府やアメリカが批判されないよう、ああ言う会見を強いられたのではないか?とさえ疑いたくなるほどの酷い会見だった。にもかかわらず、いまだに記者相手に話しているようだが、出てくるたびに後藤氏も貶められている気がするのだけどね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
パパさん、こんにちは。
 まずは湯川氏の御冥福をお祈りいたします。
このことで『安倍総理の所為』とか言う馬鹿がいるが、それは寧ろそれを言ってる奴らの所為ですね。
 普通の国なら一致団結して軍隊を派遣できるんだよ。
 この場合軍隊を派遣する理由としては自殺者の救助のような物なので無理がありますが。
 こういうことが起きても、幾ら文句を垂れようとも日本の左翼と言うのは、『どうしてそうなった』と言うことに目を瞑り『ジミンガー』と言い続けるのでしょう。
 現実を見ない者が報道機関でデタラメを垂れ流し、学生を洗脳し、国家を壟断する。
 どうして国がこう言う対応しか取れないのか、何が日本に必要なのか、それが答えられない国会議員など税金の無駄でしかありませんね。
世界史は面白い
2015/01/28 14:28
世界史は面白いさん、おはようございます。
今回は共産党も政府を支持しているようですが、それでも中にはアベガーと言う馬鹿もいるし、福島瑞穂のように官邸前で踊る馬鹿もいる。

国民一致して救出のため祈り、活動すべき時に反対の動きをした馬鹿の事は忘れてはなりません。
クルトンパパ
2015/01/29 06:17

コメントする help

ニックネーム
本 文
湯川氏、殺害 クルトンパパのいろいろ日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる