クルトンパパのいろいろ日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 混乱続くISIL問題

<<   作成日時 : 2015/01/29 13:07   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

イスラム国、操縦士殺害警告=死刑囚、深夜までに移送を―後藤さん音声メッセージ? 

 【アンマン時事】過激組織「イスラム国」を名乗るグループに拘束されているフリージャーナリスト、後藤健二さん(47)とみられる新たな音声メッセージが29日、インターネット上に投稿され、イラク時間同日日没(日本時間同日深夜)までに女死刑囚がトルコ国境に移送されなければ、ヨルダンのパイロットは直ちに殺害されると警告した。日没は日本時間午後11時半ごろ。後藤さんの画像・映像は添付されていない。

 メッセージは「私の命と引き換えにサジダ・リシャウィ(ヨルダンで収監中のイラク人死刑囚)を29日の木曜日、(イラクの)モスル時間の日没までにトルコ国境に連れて来なければ、ヨルダン人パイロットのムアス・カサスベ氏は直ちに殺害されるだろう」としている。

 菅義偉官房長官は音声メッセージについて、「諸情報を総合すれば後藤さんの声の可能性が高い」と述べた。

 ヨルダン国営テレビは28日、イスラム国に拘束されたカサスベ氏を解放するため、当局がリシャウィ死刑囚を釈放する用意があると報道。その後、ジュデ外相はツイッターで、イスラム国側からパイロット生存の情報が得られていないと述べていた。

 ジュデ外相は米CNNに対し、後藤さんの解放は「捕虜交換」の一部として行われる可能性があるが、パイロットの解放が優先課題との認識を示していた。

 イスラム国とみられるグループは27日、後藤さんとみられる人物の音声メッセージ付き画像を投稿、「24時間」の期限を設け、死刑囚と後藤さんの「1対1」の交換を要求していた。メッセージは最後通告だとし、24時間以内に死刑囚を釈放しなければ、パイロット、後藤さんの順に殺害すると警告していた。
 
時事通信 2015年1月29日(木)

 リシャウィ死刑囚とカサスベパイロットの交換を主張するヨルダンに対し、あくまで、リシャウィと交換するのは後藤氏だ、と言う事をISILは主張しているようだ。

 どうやら、もともと、シャリウィ死刑囚とパイロットの交換と言うのは、ISILがヨルダンに対し申し出いたが、ヨルダンが拒絶していたらしい。が、今回、後藤氏との交換と言うの表に出た事で、リシャウィ死刑囚の釈放と言うのが現実化してきたことで、それなら後藤氏じゃなくカサスベパイロットとの交換を求めないと、ヨルダン国内が治まらないと言うことだろう。

 カサスベパイロットの父親が言ってたようにヨルダン政府はヨルダン人の解放に全力を挙げるべきであり、後藤氏を守るのは日本政府だと言うのが真実。ただ、ヨルダンはアラブにありながら産油国ではない上に、シリア、イラク、サウジアラビアに加え、イスラエルとも国境を接していて、常に難民がやってきたり、戦争に巻き込まれるなど厳しい状況。それゆえに、日本からの支援は非常に大事なので、後藤氏の事も何とかしないとと言うことで苦悩しているのだろう。

 ただ、前回の後藤氏のメッセージで告げられた24時間の時間制限はとっくに過ぎているのに、いまだ後藤氏は生存している。おそらくだが、今回の期限にしても、水面下の交渉でまだ何とかなるのだろう。とは言え、いつまでも引きのばすことはできない。

 最終的には後藤氏とリシャウィ死刑囚の交換となり、カサスベパイロットと複数の服役囚を交換すると言う形をとるのではないか?ヨルダン的には、あくまでリシャウィと交換するのはカサスベであり、ついでに他の服役囚と後藤氏を交換したと言う形で国内を押さえられれば良いのだし。

 一方ISILはあくまで要求どおりに後藤氏とリシャウィの1対1の交換であり、カサスベと他の服役囚と交換したのだ、と言うことで勝利宣言できるだろうし。

 日本としてはとにかく、後藤氏がなんとか無事に帰国できる事、それが第一だからな。

 それにしても、どうやら政府は8月には湯浅氏解放のため、11月には後藤氏解放のための現地本部をヨルダンに立ち上げていたらしい。何にもせずにほうっておいた訳じゃなく、事が事だけに公表を避けていただけと言うことのよう。

 たまたま安倍総理に中山外務副大臣が同行していたから、と言うだけで現地本部長にしていて大丈夫か?麻生副総理などを派遣し、現地で決定を下せる態勢にしなければだめだ、と言ってた大谷昭弘はどう感じるだろうね?

 おそらく、万が一の事態を見越し、外相を現地に張り付かせる訳には行かないから、と言うことで副大臣を同行させていたのだろうから、大谷が馬鹿だと言うことが証明されただけ。

 大体、今の時代、現地の空気をきちんと受け止められ、相手政府と話し合いができる立場の人間がいれば、毛体は国内にいて、その情報で下せるのだから、国会を控えた中で、外相や副総理が行けるはずが無い。

 批判のための批判をしたい、大谷のおろかさはあきれ返るばかりだな。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
パパさん、おはようございます。
 国会の前で、お祭り騒ぎをしている馬鹿、記者が狙われると安倍総理に文句を言ってる馬鹿、皆滑稽ですね。
 顔に『私はキチガイです』の刺青が必要な輩です。
 自称ジャーナリストに至っては、今まで散々日本国を一方的に甚振っておきながら『保護』されるのが当たり前という考え方が透けて見えます。
 警察権でテロに対しろと言ったキチガイ野党の議員も居ましたね。
 警察は基本的に国内の事案に対する物だし、そもそも警察の武装で何をしろと。
 こういう馬鹿を馬鹿として区分して、大きな権力を与えないようにしないと、第二のルーピーが総理になるんですよ。
世界史は面白い
2015/02/02 08:14
世界史は面白いさん、おはようございます。
国会前の馬鹿騒ぎは不快感以外の何物も感じませんね。ああいうのはどんどん、取り締まるべきです。

 いまだにテロには警察が、と言うのはテロの現状を知らない馬鹿のたわ言。どう考えても軍以外対抗できないレベルです。

 安倍総理の毅然とした姿勢を支持します。
クルトンパパ
2015/02/02 09:23

コメントする help

ニックネーム
本 文
混乱続くISIL問題 クルトンパパのいろいろ日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる