クルトンパパのいろいろ日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 民主に終了フラグ

<<   作成日時 : 2015/01/06 08:41   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

民主党代表選、岡田氏優勢 細野氏派閥立ち上げで存在感 7日告示

 民主党代表選は7日告示され、18日の投開票に向けて選挙戦がスタートする。岡田克也代表代行と細野豪志元幹事長、長妻昭元厚労相による三つどもえの戦いとなる見通しで、現時点で岡田氏の優勢が伝えられる。海江田万里前代表が先の衆院選で落選する醜態をさらした民主党だが、党所属議員や党員・サポーターは、党再生の旗振り役を誰に委ねるのか。

 3人とも党や政府の要職をこなしてきた実績を持ち、高い知名度も兼ね備えているが、そのキャラクターは三者三様だ。

 岡田氏は政調会長時代、法律書を詰め込んだ分厚いカバンを持ち歩く姿から「政策ロボット」と評されるなど、「原理主義者」という堅物イメージがつきまとう。とはいえ、3人の中では唯一の代表経験者であり、「安定感、重量感は随一」(閣僚経験者)との見方は根強い。

 旅の記念に「カエルの置物」を買い集める趣味を持ち、選挙応援で全国を回る際は、ご当地のランチパック(山崎製パン)を食べるのが楽しみ。父はイオンの岡田卓也名誉会長相談役。岡田氏には、枝野幸男幹事長や安住淳元財務相らが支援につく。昨年末、網膜剥離の手術を受けて入院していたが、5日にも退院する見込みだ。

 細野氏は2006年に元タレントの山本モナさん(38)との路上キスを写真週刊誌に報じられたことから、永田町内外で「モナ男」と揶揄(やゆ)された時期もある。

 ただ、09年の政権交代後は、副幹事長として小沢一郎幹事長(当時)のもとで党務全般を学び、原発事故担当相としても手腕を発揮した。昨年4月には自身の派閥「自誓会」を立ち上げるなど、民主党中堅の中では頭一つ抜けた存在感を示している。松本剛明元外相や松原仁元拉致問題担当相らの支援を受ける。

 長妻氏は野党時代、「消えた年金」問題の追及で「ミスター年金」として知名度を高めた。しかし、政権交代後に厚労相に抜擢された後は、マニフェストに掲げた後期高齢者医療制度廃止を実現できず、「公約違反」と批判を浴び、霞が関での評判も「年金以外の厚労行政全般に関してはシロウト」(厚労省幹部)と芳しくない。

 今回の代表選では、出馬に意欲を示していた篠原孝・元農水副大臣が立候補を断念、リベラル勢力を一本化するため長妻氏支援に回った経緯があり、一定の支持は集めそうだ。赤松広隆前衆院副議長の旧社会党系グループなども支持する。

 注目の野党再編については、細野氏が積極派で、岡田、長妻両氏は慎重派とされる。ただ、細野氏は、幅広い支持を得るため再編推進を前面には打ち出さない構えで、選挙戦の主要な争点になるかは見通せない。

ZAKZAK 2015年1月5日(月)

 この記事の通りに岡田が勝ったら、それは完全に民主終了のフラグが立った、と言う事になるだろう。

 この前の衆議院議員選挙の結果は、党消滅の危機に陥った次世代、生活は論外とすれば、民主が惨敗した選挙だと言う反省が民主に無いと言う事になる。

 もともと総理サイドはおそらく、20〜30議席は減る事を覚悟の上で選挙に臨んだはず。が、結果はほとんど議席を減らす事無く終わり、自民は勝利。公明、共産も大勝利。維新はなんとか現状維持ができたことで、ぎりぎり勝利。

 本来ならば、減りすぎた前回の議席から倍増するくらいが当たり前の民主が、結果として次世代や生活の減分を若干吸収しただけと言うことは、国民が今の民主党はもういらないと言う判断を下したと言う事だ。もし、民主がもう少しまともだったら、伸びたのは共産党ではなく、民主党のはずなのだから。

 それなのに、岡田が次の代表、と言う事になれば、民主は変わらないことを宣言するに等しい。
 それでは国民の支持を得られるはずもなければ、維新らとともに、非自民勢力として一つにまとまることなど出来るはずも無いと言う事は、新年に枝野が言った「来年夏の衆参ダブルをやられれば、自民党が単独で衆参両院で過半数を握る、と言う可能性が非常に高くなる。岡田では変わらない。大きな変化を嫌う勢力が彼を支持していることでも明白である。

 無論、長妻よりはましだろう。年金以外は厚労大臣すら務まらない、その年金も結局、公約を守れるよう厚労省を指導、監督すらできなかっただめな政治家が代表などになれば、完全に民主は終わるだろう。まあ、赤松が支持しているから、もしかしたら官公労の支援が得られて大逆転、になるかもね。それはそれで、民主終了が早まって良いのだが。

 細野が良い、と言うことも無いが、どう見ても、まともな感覚を持っているのならば、民主を終わらせて、新しい勢力を結集させるためには、出馬する3人の中では細野以外の選択肢は無いと思うが、民主をいまだに支持しているような人たちの投票だから、岡田が勝つのかね?

 とは言え、2005年、下馬評を覆し、前原代表を実現した過去(結果は非常に残念なものになってしまったが 笑)もあるから、開票まではわからないと言うことだ。

 残念なのは、民主党代表選挙にほとんど関心が向かないと言うこと。本来ならば、自民党に対する新たな勢力ができるかどうか?がかかった選挙なのだから、もっと注目すべきなのだが、どうでも良いとさえ思ってしまう私がいます。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
あけましておめでとうございます
何と言っても岡田は金と票田持ってますからね
ジャスコ岡田は伊達じゃないでしょう
政治家としては無能ですけどね
三重が選挙区なの三重の害にしかならん
世界史は面白い
2015/01/09 09:32
世界史は面白いさん、こんにちは。
本人はがちがちの原理主義者ですし、金もバックもあって、しかも、社会主義者とも付き合えますからね。

今の民主党を守りたいものたちにとっては一番都合が良い。党を変えて、本当に自民党と戦える政党にしようとするものたちから見たら目の上のたんこぶ。

もしかしたら、岡田勝利を画策しているのは自民党かもしれません。下手に野党再編が上手く行くと面倒ですから。
クルトンパパ
2015/01/09 11:19

コメントする help

ニックネーム
本 文
民主に終了フラグ クルトンパパのいろいろ日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる