クルトンパパのいろいろ日記

アクセスカウンタ

zoom RSS もっと大胆に

<<   作成日時 : 2015/02/10 07:42   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

「9増9減」案が浮上=選挙区配分、人口比をより重視―衆院選挙制度改革

 衆院の選挙制度改革を検討する第三者機関「衆院選挙制度に関する調査会」は9日、衆院議長公邸で会合を開いた。「1票の格差」を是正するための各都道府県への小選挙区の配分方式について、人口比がより反映される「アダムズ方式」と呼ばれる手法を軸に検討を進めることを確認した。現在の295選挙区で試算すると、宮城など9県で1減し、東京など6都県が1〜3増する「9増9減」となる。格差是正の有力な案となる可能性がある。

 9増9減の内訳は、▽3増=東京▽2増=神奈川▽1増=埼玉、千葉、静岡、愛知▽1減=青森、岩手、宮城、三重、滋賀、奈良、熊本、鹿児島、沖縄。

 アダムズ方式を導入すると、都道府県間の格差は現行の1.788倍から1.598倍に縮小する。同日の調査会では同方式が望ましいとの意見が複数出る一方、最高裁が是正を求めた「1人別枠方式」の存続と混同されることを懸念する意見も出た。

 同方式の導入については、定数削減をめぐる各党の意見も踏まえた上で、5月の大型連休明けにも最終決定する見通し。

時事通信 2015年2月9日(月)

 本当はこう言う小手先の改革じゃなく、徹底的にやらないとだめなんだろうな。
 「1人別枠方式」はもうやめるしかない。最低、1議席は配分されるのだし。

 国勢調査に合わせ、自動的に配分を変えるくらいの事をやらないと、そのたびに違憲訴訟が出るだろうし。

 今回のこれも、多分、1.598倍になると言っているが、今現在の人口比で言えばもっと違っているだろうし。正直、長崎は今4議席あるが、3くらいで良いのかもしれない。

 とは言え、人口比だけでやると、過疎地の声が国会に届きにくくなると言うのも間違いの無い事実。

 だったら、小選挙区はそれなりに過疎地の声を聞く形として、代わりにブロック制の比例で大都市圏の1票がそれなりの重さをもてるようにすると言うのもありのような。

 っつうか、重い一票を投じたいのなら、過疎県に移住しろ!大都市圏で数々の恩恵を受けながら、ごちゃごちゃ言ってるんじゃない!

 とかね。

 衆議院は1票の格差は限りなくなくす方向に行くべきなんだろう。
 とは言っても、どう言う改革をしても完全におなじ重さにはならない。さらに、人口比だけを重視すれば、さらに都道府県格差が広がって行く。そこをきちんと考えて改革しないとだめだろう。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
パパさん、おはようございます。
 僕も一票の格差云々言うなら、本当に不便な田舎に住んだまま言えと言いたいですね。
 これ言ってる弁護士連中が家族込みで田舎に住んだら、仕事が無いのと不便さで一月で出ていくって保証できますね。
 公共交通機関が少ない料金が高い、就職先が無い、結婚相手が居ない、年寄りの面倒を見なければならない、消防団も入らなければならない。
 権利以上に義務が多いから一票が重いんだよ。
 マスゴミ、左翼もそうだけど何で権利しか主張しないの?
世界史は面白い
2015/02/10 09:44
世界史は面白いさん、こんにちは。
本当に過疎地の厳しさを配慮しようとしませんからね、一票の格差を主張する人たちは。
確かに、国土の均衡発展は官僚たちの仕事かもしれませんが、不満をその官僚たちに伝えられるのも国会議員の仕事ですから。

クルトンパパ
2015/02/10 11:52
二院制なんですから、両方で考えるべき問題ですけどね・・・。定数削減しかないみたいな雰囲気ですが、議員歳費の上限をきちんと決めて、人数割りすればいいことですけど、自分の財布は減らしたくないんでしょう。
衆議院は完全人口比にして、参議院は地域代表と比例代表にするとか、いうことを、それこそ、憲法改正でもしてすべきです。
箕輪伝蔵
2015/02/10 18:56
そうそう・・・所得税とかを大都市に重くすれば、人口集中なんて一発で解消するんですけどね!
箕輪伝蔵
2015/02/10 18:58
箕輪伝蔵さん、おはようございます。
本当に定数削減だけの論議はおかしいですね。歳費を含めた議員一人当たりの経費を2割減らす、3割減らす、と言うことで議員数を減らさなくても大丈夫なんですし。
世界で一番高額の歳費をなんとかすべきでしょう。

大都市恩恵税、良いですね^^v
クルトンパパ
2015/02/12 06:48

コメントする help

ニックネーム
本 文
もっと大胆に クルトンパパのいろいろ日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる