クルトンパパのいろいろ日記

アクセスカウンタ

zoom RSS みっともない親子喧嘩

<<   作成日時 : 2015/03/04 09:09   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

大塚家具“親子ゲンカ” 全店長ら42人が「会長支持」 娘は株主対策

 大塚家具の経営権をめぐる父親の大塚勝久会長(71)と長女の久美子社長(47)の親子ゲンカは一段と激化している。公の場で互いを批判する会見を行った後、双方は多数派工作を進めている。

 勝久氏は2月25日の記者会見で、すでに執行役員や部門長、次長、全国16店舗の店長の大半が勝久会長を支持し、幹部社員の大半の署名を確保したと明言していたが、2日の日本テレビ系ニュースによると、署名したのは全店舗の店長らと約8割の幹部ら42人にのぼったという。

 これに対し、久美子氏側は、投資家を味方につける戦略だ。久美子氏ら現経営陣が発表した中期経営計画では、年間配当を従来予想の倍増となる80円に上方修正した。

 同社の株は勝久会長が約18%、久美子氏側が事実上支配する同社の資産管理団体が約10%を保有しているが、約10%を持つ米投資ファンドは久美子氏を支持しているもようだ。久美子氏側は保険会社など他の大株主に対しても支持を取り付けるべくすでに動いているとみられる。

 3月27日の株主総会で議決権を行使できるのは昨年12月末時点の株主だが、「双方の大株主が株を買い増すのでは」との臆測も広がった。

 こうしたなか、ジャスダック上場の同社株は2日終値で前週末比400円高の2043円と制限値幅上限(ストップ高)をつけた。

 3日午前も一時445円高の2488円まで急騰した。午前の終値は266円高の2309円。騒動が表面化した2月25日終値(1105円)から2倍超になった。

 投資家によるマネーゲームの様相を呈しており、騒ぎが終われば株高も終息する可能性もある。

産経新聞 2015年3月3日(火)

 こっちには大塚家具など無いから、そのシステムも何にも知らん。

 どうやらそれなりの高級家具を、会員制で一人ひとりの客に担当するものが就いて、より良いものを買わせる、と言うやり方で伸びてきたようだ。

 それを現社長の久美子氏がIKEAやニトリが伸びている中で、いつまでもそう言うやり方ではジリ貧になると言うことで、会員制を廃止し、低価格帯の商品を売ることも始めたと言うことで良いのかな?

 どちらが良いかはわからん。個人的には、入店時に記名しろと言われた段階で嫌になるし、勝手気ままに見て回り、質問したい時に、どこに店員さんがいるかがわかれば何の問題も無く、就いて回られるの嫌だと思うから、久美子社長側かな?(笑)

 一度娘に任せた以上、本当は口を出すべきじゃないのだけどね、創業者は。どうしても創業者で、一台でここまで大きくしたと言う自負があるから、自分のやってきた事を否定するような経営をする娘が許せないのだろう。が、最初の交代時、ジリ貧だった大塚家具が確かに回復したのは事実だし、その後、売り上げが落ちてきたと言うことで会長が再登板したが回復できず、今に至っている、と言う事は創業会長のやり方が今に合ってない、と言うことの証明のような気がするけどね。

 全ての店舗の店長が会長側についている、と言うが、店長になっているくらいだから、それなりの経験がある人たちだろうし、と言う事は会長のやり方が染み付いている人たちだろうから、変革が劇的な効果を上げているのならともかく、そこそこ程度ならば以前のほうが良い、と考えても不思議じゃない。中には違う考え方を持っている店長もいるかもしれないが、他の先輩店長たちが皆、会長に賛同していると言われたら断り憎いのもわからんでもないな、日本では。

 最終的には株主総会で決まる。大手株主がどちらの言い分を聞くか?だな。まともな株主ならば、どちらが会社の利益になるか?と言う事が大事なんだろうが、単に、自分の儲けだけを考えている株主の動向が鍵かもね。

 それにしても昨日も株価は上がったらしい。いまさら株主になっても議決権も何にもないし、騒動が鎮静化したら暴落する可能性すらあるのにねえ。何考えて買ってるのか?ぜひともお伺いしたいものだ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
みっともない親子喧嘩 クルトンパパのいろいろ日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる