クルトンパパのいろいろ日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 普通の対処でしょ<外務省韓国表記変更>

<<   作成日時 : 2015/03/05 08:35   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

 日本外務省ホームページ「韓国と自由・民主価値共有」削除

日本外務省が最近、ホームページ上の韓国紹介文から「自由と民主主義、市場経済等の基本的価値を共有する」という表現を削除したことが明らかになった。新しく変更された日本外務省のホームページには、韓国に関し「最も重要な隣国」とだけ表現されている。

朝日新聞は4日、「日本外務省は『最近よく使う表現に合わせた』と説明するが、(安倍政権の)韓国に対する意識の変化が背景にあるとみられる」と指摘した。

同紙は日本政府の関係者の言葉を引用し「韓国司法、韓国社会に対する不信がある」と伝え、韓国の検察に起訴された加藤達也産経新聞前ソウル支局長の問題の影響があるようだと付け加えた。現在の韓国の状況を自由民主主義や市場経済体制と断定しにくいという安倍政権の見解が反映されたということだ。

実際、安倍晋三首相は先月の施政方針演説で、今回外務省のホームページから削除された表現を抜いて、韓国を「最も重要な隣国」とだけ表現した。「自由と民主主義のような基本的価値と利益を共有する最も重要な隣国」(2013年2月)、「基本的価値と利益を共有する最も重要な隣国」(昨年1月)から、時間が経過するほど後退している。

これに対し朴槿恵(パク・クネ)大統領は1日の三一節(独立運動記念日)の演説で、「両国(韓国と日本)は自由民主主義と市場経済の価値を共有し、北東アジアの平和と繁栄をともに追求していく重要な隣国」と述べている。

韓国外交部のある関係者はこれに関し、「国内外のメディアの関心を引く事案であるだけに、いかなる経緯で修正されたのか日本政府の説明するべきだ」と述べた。

一方、日本の文部科学省はこの日、東海表記を日本海と併記した全国小・中・高校の補助教材用地図を使うべきでないという趣旨の「通知」を全国教育委員会に発送した。補助教材に政府が「通知」を送ったのは40年ぶりとなる。学校現場で使用されている教科書は文部科学省の検定制度で統制されているのに対し、教師一人一人によって作成されたり選択される副教材に対しては1974年に「特定の政治・宗教・思想などに偏らないように」という指示が出て以来、特別な措置がなかった。昨年10月に東京武蔵野市のある市立中学校で東海と日本海を併記した地図が補助教材で使われたことがあると、産経新聞は報じた。

中央日報 2015年3月5日(木)

 実際、産経新聞支局長事件だとか、対馬窃盗仏像問題などに関し、韓国の対応を見れば、自由などに対し、とてもじゃないが同じ価値観を有しているなどと言えるはずも無いのだから。

 最も重要な隣国と言うのすら、本当ならば事実と異なり、韓国の重要性はただひたすら、いきなり北朝鮮から攻められる事を防ぐための防波堤以外に無いのだし。

 韓国は安倍政権になって日本が右傾化している、と非難するが、それ以前に盧武鉉、李明博よりさらに異常な大統領になってからの韓国の反日姿勢に対する反省も必要なんだと思うが。

 事が表に出てきて40年以上経つ慰安婦問題にしても、韓国は日本は謝罪と賠償を!と言い続けるがただの一つも日本が認めざるを得ない証拠を提出できないのに、また国連機関で日本批判を繰り広げている。そう言う国と、我が国が同じ価値観を共有などできるはずも無いのだよ。

 文句を言う前に、日本から敵国認定されないそのことを感謝すべきだと言うことだ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
安倍さんは粛々と仕事していますね。

旧敵国に対する異常な攻撃。政治利用。
 米国の政府の方が本音を言ったら、火を噴いて怒ってました。
 大使は切られるし。

大事な友人です。おかげで日本の好感度UP!
 安倍さんはとことんラッキーな総理ですね。
 
 
 
ひょっとこハム太郎
2015/03/08 21:44
本当に韓国の異常性がどんどん、際立ってきて、媚びない安倍総理の姿勢が評価されてきていますね。
クルトンパパ
2015/03/09 06:46

コメントする help

ニックネーム
本 文
普通の対処でしょ<外務省韓国表記変更> クルトンパパのいろいろ日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる