クルトンパパのいろいろ日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 毅然と中国と対峙せよ

<<   作成日時 : 2015/03/10 08:16   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

菅長官、中国外相発言に不快感「人権を守り、法の支配を尊重し、国際平和に貢献してきた」

 菅義偉官房長官は9日の記者会見で、中国の王毅外相が北京での抗日戦争勝利70周年の軍事パレードをめぐり、安倍晋三首相の出席を排除しない考えを示したことについて「一外相の発言だ。仮定の話だから、政府の立場ではコメントを控える」と不快感をにじませた。

 王毅氏が日本の歴史認識に関し「良識を失ってはいけない」と指摘したことには「人権を守り、法の支配を尊重し、国際平和に貢献してきた日本の戦後70年間の歩みは全く不変だ。世界も高く評価している」と強調した。

ZAKZAK 2015年3月9日(月)

 な〜にが良識あればパレードに出席して良いだ!馬鹿か?国際的に見て、良識があるのがどっちの国かなど答えは明らかだろうが!

 中国が国際社会から排斥されないのは、ひたすら、その膨大な人口による消費能力のおかげ。
 もし、中国の人口が日本とおなじ程度ならば、良識も常識も能力も欠けている国家として、世界から相手にすらされない国なのだけどね。

 大体、抗日軍事パレードに日本の首相に出て来い、などとよく言えたものだ。

 あの戦争の戦勝国はアメリカ、イギリス、ソビエトであって、中国はぼろ負けしながら各国の援助によって生き延びただけの敗戦国家、足手まとい国家でしかない。日本は中国に敗れたのではない事を認める事から中国は始めないとね。

 そう言う殊勝な心はまったく無いのがあの国だが。

 良識のかけらも持たない国に、良識を持って、などと言われる覚えはない。毅然とさらに泰然とあの国とは対峙すべきだと言うことだ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
パパさん、こんばんは。
シナに『良識』という言葉が辞書にあるのか。
甚だ疑問ですね。

おそらくシナの『良識』というのは『少数民族を虐殺し強姦し、世界に武器を売り、他国の領土を奪い取る・経済援助といいながら現地の資源を吸い上げ、そこでの労働〜末端の付随する商売までシナ人で行う。高速鉄道事故でけがをした人民は生き埋めにする。政府役人は、暴利を稼ぎ、米国に資産をため込む』ということなんだと思います。

菅官房長官:そういう意味なら、我が国、日本は良識が無いと言われても仕方ありませんね。
ゲラゲラ・・・。アハハ・・・。
 と言って欲しい。

ひょっとこハム太郎
2015/03/11 21:05
ハム太郎さん、おはようございます。
彼らにもし良識と言うのがあるのならば、世界は平和なんですが。

中華思想一本で、自分たちに良い事こそ正義、それが彼らです。
クルトンパパ
2015/03/12 06:23

コメントする help

ニックネーム
本 文
毅然と中国と対峙せよ クルトンパパのいろいろ日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる