クルトンパパのいろいろ日記

アクセスカウンタ

zoom RSS やはり国籍剥奪を

<<   作成日時 : 2015/03/12 07:58   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

  <鳩山元首相>「納得できた」…クリミア編入に肯定的意見

 【モスクワ真野森作】ロシアメディアによると、ウクライナ南部クリミア半島を訪問中の鳩山由紀夫元首相は11日、「民主的な住民投票を通じて、どう領土問題が解決されたか納得できた」と述べ、昨年3月のロシアによる一方的なクリミア編入を肯定的に捉える考えを示した。日本や欧米諸国が編入を国際法違反と批判する中、波紋を広げそうだ。

 クリミア南部ヤルタの地元首長との面会時に語った。「世界史に残る出来事になる」「住民投票がウクライナの法令にも合致していたことが分かった」などとロシア政府の見解に沿った感想も披露したという。

 現地の記者団には、「市民が幸せに暮らしている様子を見ることができた。軍事的影響を受けずに住民投票が実施されたのは明確だ。西側メディアは偏っている」と述べた。今回の訪問を日本政府に批判されたことについては、「批判があるのは我々の仕事が重要だからだ」と主張。「日本社会に編入の真実を伝える」と述べた。

 クリミア編入について、ロシアは昨年3月に親ロシア派主導で実施した住民投票で「賛成が9割」だったことを根拠に正当化してきた。だが、プーチン露大統領は今月9日放映のインタビューで、昨年2月にウクライナの親露政権が崩壊した直後に編入を決断したと明らかにしていた。

毎日新聞 2015年3月11日(水)

 この馬鹿は本当に日本から追放すべきだ。

 あの住民投票が合法だった、としてもロシア軍が展開し、主導して行われたものであり、また、主権国家であるウクライナ政府が反対していたものであるから簡単に容認すべき話じゃない。

 これはね、ブッシュやメドベージェフらが、韓国経由で竹島訪問して、完全合法的に行われたものだと言っているようなもの。

 大国による勝手な国境線引きの変更に厳しく反対している世界の自由国家の中で日本は、表向き反対しているのに、裏では元首相にこう言う事を言わせ、ロシアに対し、秋波を送っていると言われても仕方無い話だぜ。

 民主党は枝野幹事長などが「まったく無関係だ」としているが、党創設者で、これまでもずっとオーナー気取りでいろいろ言ってきたことに対し、それを党として毅然と否定してこなかった以上、無関係などと言って済ませて良い話じゃないと言うことだ。

 枝野は元自民党議員でも有る、などと言って責任転嫁を図っているようだが、高村自民党副総裁が言うように「鳩山氏のクリミア行きは、元議員でなく『元首相』だから問題なのだ。民主党が鳩山氏を首相にしたことが、在任中だけでなく国益を害していることに、少しは責任を感じてもらいたい」と言うことだ。

 本当はそれを言うなら、その民主党に政権を任せると言う愚かな選択をした日本国民全体に有る、と言うことだ。今から取り返しはつかないが、明らかに国益を損なうことを繰り返すこの馬鹿から、国籍を剥奪し、日本とは無関係である事を世界に証明すべき時かも知れない。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
やはり国籍剥奪を クルトンパパのいろいろ日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる