クルトンパパのいろいろ日記

アクセスカウンタ

zoom RSS お出しになれば?中国様

<<   作成日時 : 2015/03/18 07:34   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

     尖閣地図公開で反論=中国

 【北京時事】中国外務省の洪磊・副報道局長は17日の記者会見で、日本外務省が沖縄県・尖閣諸島(中国名・釣魚島)を「尖閣群島」などと日本側の呼称で表記した中国政府発行の地図を公開したことに対し、「釣魚島が中国に属するのは否定できない事実だ。1、2枚の地図を探し出したところで覆せるものではない」と反論した。

 洪副局長は中国側の領有権主張が「十分な歴史と法理に基づいている」と強調。「必要ならば、釣魚島が中国に属していることを示す地図を100枚でも1000枚でも探し出せる」と強弁した。
 
時事通信 2015年3月17日(火)

 「必要ならば、釣魚島が中国に属していることを示す地図を100枚でも1000枚でも探し出せる」のであればお出しになったらよろしい。

 ただし、近代法が確立した後のもの、せめて清代以後のものにして下さいね、それより古いものは意味がありませんからと言うことだ。

 これまで日本は何も今回の地図1枚を根拠としているのではなく、尖閣領有を宣言した経緯を含め、国際法に則って完全に合法的に領有した事を言っている。その補完として、今回の地図のようなものは、共産党が出した地図、教科書を含め、いくつも出している訳だ。
 
 一方中国は大昔のものは別とすれば、まともな証拠と言えるものを出してきた事など無い。

 どうもこの100枚でも1000枚でも、と言うのは中国流の解釈からすれば、探し出すのではなく、作り出せると言うことのような気がするのは私だけでしょうか?

 歴史が証明しているのならば、日本が実効支配していることに抗議し、中国が主張する物が正しい事を証明できる数多くの証拠とともにハーグの国際司法裁判所に提訴なさるt事をお勧めするけどね。日本は必ず応訴するから、そこではっきりするし。

 なぜやらないんだろうねえ?日本が竹島問題で提訴しないのは、韓国が応訴しない事がはっきりしているからで、それでもやろうと言う動きが近年強まっている。日本は中国が告訴したら応訴しますからどうぞ、おやり下さい。

 やれるものならね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
お出しになれば?中国様 クルトンパパのいろいろ日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる