クルトンパパのいろいろ日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 大塚家具、社長派が勝利

<<   作成日時 : 2015/03/27 14:03   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 3

 <大塚家具>父と娘の対決 久美子社長が勝利 61%賛成

 ◇勝久会長の株主提案は否決される

 経営方針をめぐって会長の父と社長の娘が対立している大塚家具の株主総会が27日、東京都内で開かれた。会社側が提出した社長の大塚久美子氏(47)ら10人の取締役の選任を求める議案が賛成多数で可決された。一方、久美子社長の父の大塚勝久会長(71)らを取締役に選任する株主提案は否決され、勝久氏は会長を退いた。委任状争奪戦に発展した父娘の対立は、久美子氏に軍配があがった。

 会社側提案には出席株主の約61%が賛成に回った。約10%の議決権を持つ米投資ファンド、ブランデス・インベストメント・パートナーズや、約10%を保有する大塚家の資産管理会社、ききょう企画から支持を得た。議決権助言大手の米ISSも、会社側提案に賛成推奨した。

 一方、勝久氏は約18%を保有する筆頭株主。約3%を保有するフランスベッドホールディングスや家具業界団体から支持表明を受けたが、及ばなかった。

 議長を務めた久美子社長は総会の冒頭、自身が主導する会社提案について「企業価値を向上できると確信している」と述べた。一方、株主席に座った勝久会長は「クーデターで社長の座を奪われた」と発言し、株主に理解を求めた。株主からは「親族のために株を買ったつもりはない。会社の姿がどうあるべきなのかが問われるべきだ」と父娘を批判する意見も出た。

 対立の要因は、経営手法の違い。創業者の勝久氏は、従業員がつきっきりで接客する会員制のビジネスモデルを採用。高級家具を中心に販売を伸ばした。ただリーマン・ショック後、業績は低迷した。一方、2009年に社長に就任した久美子氏は気軽に入れる店づくりを進めた。

 久美子氏は業績低迷を理由に昨年7月に社長を解任され、勝久会長が社長を兼務。だが、14年12月期に4年ぶりの営業赤字に転落すると、久美子氏は今年1月の取締役会で、身内の取締役を味方につけて社長に復帰するなど「内紛」が続いていた。

毎日新聞 2015年3月27日(金)

 これはね、時代なんだと思う。
 会長が作り、育ててきたとは言え、今の時代、会長が言う昔ながらのやり方では、おそらくどんどん厳しくなって行く。こっちにはIKEAは無いからわからんが、「ニトリ」の家具にしても、値段を考えれば立派なものだし。

 いつまでも会員制で高級家具を売って行く、だけではとてもじゃないがやっていけなくなるだろうと思うし。

 これからの時代を考えれば、社長の言うように、高級家具を売って行く店舗と、気軽に入って買っていけるそんな店舗を増やして行く、そうじゃないとだめだろうなあ。

 個人的にも入店時に名前などを書かされて、その後、ずっと担当者がついて回られる、と言うのは嫌だし(笑)

 そう言う判断を最終的に個人株主たちもしたのだろう。操業会長の功績は評価しても、時代の変化についてこられないのは困ると言うことだね。

 従業員たちが会長を支持するものが多かった、と言うのは当然だろう。
 特に各店舗の店長たちはね。会長ならば、今までとおなじやり方を続けてくれるし、新しいやり方を覚えたり、戸惑ったりしなくて済むのだし、社長が言うような担当者がついて回る方法じゃなくされれば、もしかしたら人員削減の可能性もあるのだし。

 これで一安心。とはならないだろうな。確実に企業イメージは傷ついたし、会長につき従った社員の中にはやめるものも出てくるだろう。さらに今回、配当金をこれまでの倍にする、と言う約束をしているからな、これは結構、厳しいだろう。

 ま、どうでも良いのだけどね。
 佐世保には大塚家具、ないし(笑)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
大塚家具の内紛 株主総会で現社長・大塚久美子氏が勝利
これで良いのだ。 ...続きを見る
つらつら日暮らし
2015/03/27 17:26

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
 パパさん、おはようございます。
 どうもこのお家騒動、仲介者がいて上手くとりなしていけなかったのが悲劇ですね。
 ここ、田舎のロードサイドには自動車販売会社が並んでいます。
 こちらの販社がお客を取りこぼせば、その隣の販社がお客をとる。
 意外と両者、同じ資本が入ってたりします。
 
 つまり、高級な大塚家具の近くに手ごろな値段の系列店を作ればいいわけで。
 そうすれば、系列資本内でおカネが回るのですから。
 しかし、もったいない。
かなりのイメージダウンですね。
 
ひょっとこハム太郎
2015/03/29 08:05
イザコザは、古館さんと古賀さんの言い争いで十分ですわぁ(^_^.)
 先週のニュースステーション、緊迫の場面、見てました。
 動画にYOU‐TUBEでアップされてます。(もうかなり消されてます。テレ朝必死に火消しです)
パパさん、ご存じでしたか?
 
ひょっとこハム太郎
2015/03/29 08:11
ハム太郎さん、おはようございます。
大塚家具のお家騒動はひたすらみっともないものでした。

創業者と言うのは死ぬまで「会社は全て自分のものだ」と言う意識がぬぐえないんでしょう。残念ながら、人間は年齢を重ねていくと、時代についていけなくなるものだと言うことをわかっていながら、理解しようとしないもののようです。

古館と古賀の喧嘩、ヨウツベで見ましたが、どっちもどっちのみっともなさ。古賀氏、あの騒動の時はまともな官僚か?とも思いましたが、単なる困ったチャンでした。
クルトンパパ
2015/03/30 07:04

コメントする help

ニックネーム
本 文
大塚家具、社長派が勝利 クルトンパパのいろいろ日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる