クルトンパパのいろいろ日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 中・韓の勧めに従がい、ドイツを見習いませう

<<   作成日時 : 2015/04/08 09:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

     ドイツ副首相:ギリシャの戦争賠償金請求は「ばかげている」

  (ブルームバーグ):第2次世界大戦中にドイツから受けた損害に対する賠償金の支払いをギリシャが執拗に要求していることについて、ドイツのガブリエル副首相は「ばかげている」と発言した。ギリシャ政府は賠償額を2787億ユーロ(約36兆円)と推計している。

ガブリエル副首相は7日にベルリンで開かれた討論会で、ドイツがギリシャ政府を支援する手段やユーロ圏を現状のままに保つ方法を模索している中で、賠償請求は救済の協議と無関係な上に、ギリシャ支援に批判的な勢力が援助に反対するのを容易にすると指摘した。

副首相は「これはギリシャの安定化という点で、われわれを1ミリメートルも前進させない」とし、「率直に言って、ばかげていると思う」と述べた。

Bloomberg 2015年4月8日(水)

 中国や韓国、特に韓国は何かあれば戦後処理に関しては日本はドイツを見習うべきだと言ってきた。が、実際の話し、ドイツは国家として謝罪も賠償もしてないし、その戦争責任の全てはナチス・ドイツのものでありドイツ国家の責任ではないと言ってきた。

 それを見習うと言うことは、日本はその全ての責任を旧帝国軍が悪いのであって、日本国は悪くないから謝罪も賠償もしないし、植民地などに残してきたインフラや政府、個人の財産を返還しろ!と言う要求をして良い、と言うことだ。

 とにかくこれでドイツも今までのように、日本に対し、無責任に謝罪しなさい、賠償しなさい、などと言わなくなるだろう。これまでドイツの周辺国家には、戦争での謝罪・賠償を戦後70年も経とうと言う時にも求め続けてくるような国はなかったから、日本の苦しみを理解しようとしなかったが、もしこれをうまく処理できないと、かなり厳しいことになりかねないのだから。

 きっと韓国はギリシャに対し、そんな事をして、自分たちがやってるでたらめの正体が世界にばれたらどうする!と考え、なんてことしてくれるんだ!と怒っているだろう。

 敗戦国に対し(と言って、韓国も日本の一部であったのだから敗戦国だとも言えるし、何より一切、あの大戦で日本に戦争被害を受けた訳じゃないのは言うまでも無いのだが)謝罪と賠償を求めるのは、韓国が起源の韓国だけに許された特権なのだから、ギリシャはすぐにも要求を取り下げるべきだ!と韓国がいい出すよ、そのうちに(嘲)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
中・韓の勧めに従がい、ドイツを見習いませう クルトンパパのいろいろ日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる