クルトンパパのいろいろ日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 本気で鬱陶しい国

<<   作成日時 : 2015/04/22 12:49   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

      真榊奉納「深い失望」=安倍首相ら批判―韓国

 【ソウル時事】韓国外務省報道官は22日、安倍晋三首相の靖国神社への真榊(まさかき)奉納と、超党派国会議員の集団参拝について、「深い失望と慨嘆を禁じ得ない」と批判する論評を出した。

 論評は「終戦後70年がたつ今も、日本が歴史を直視できていないことを示している」と強調。「韓日国交正常化50周年の今年、日本が過去を心から反省し、謝罪する姿勢を行動で見せ、関係改善を求める両国国民の要望に応えるよう求める」と訴えた。

時事通信 2015年4月22日(水)

 なんだろうねえ?この国の粘着質。
 隣の国の総理が、いろいろ言われることに配慮して、本来ならば、靖国神社に参拝すべきところを、真榊奉納に変えたのだから、ごちゃごちゃ言うなよ、と言う事だ。

 ほかにそう言う施設があるのならばまだしも、今の日本において、国家に命を捧げられた英霊に対し、哀悼の誠を捧げられる場所は靖国神社しかないのだから、国家の指導者がそこに行って、深く頭をたれるのは当たり前の話。

 A級戦犯合祀が問題だと騒ぐ割に、実はA級戦犯がなんなのか?B、C級戦犯と何が違うのか?すらわかってないのだから話にならん。

 これは反対派の日本人も似たようなもので、A級が一番悪く、B級、C級となるにつれ罪が軽くなると考えている者が結構いる。当然間違いであり、それが事実ならば、A級ですら死刑にならなかった者がいるのに、B、C級戦犯の984名に対し死刑判決が出たことに対する説明がつかないのだよ。

 なぜか中国、韓国はA級戦犯の死刑囚に対しては過剰な反応を示すのに、実際に手を下した可能性が有るB、C級戦犯が靖国に祭られていることに対しては何にも言わない。要するに実際には気にもしていなかったのだが、朝日がA級戦犯合祀後の総理参拝で大騒ぎした事で、これは日本を揺さぶる材料になると反応しただけなのだよ。もしかしたら、今の政府はそう言う事も忘れ、とにかく日本批判ができるから、と言うことだけで文句をたれているような気がするけど。

 安倍総理にいろいろ言ってる暇があったら、まずはセウォル号を引き上げ、それ以上に大変なやっとなってくれた首相が辞任するその後任を決めないと。
 
 やはりどう考えてもわが国の最大の不幸は、隣に本当に異常な国があると言うことだな。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
毎回のことですし、
参拝しても同じことしか言わないし、
無視でいいと思います。
総理もそろそろ8月15日に参拝してもらいたいものです。
とも
2015/04/23 00:33
ともさん、おはようございます。
韓国は何をやっても今は、反日無罪で行くしかすでに、朴槿恵政権が再浮上と言うより、これ以上落ちない方法を見つけられないんでほっておいて大丈夫でしょう。

が、中国との関係改善を急いでいるような気がしますから、8月15日には行かない気がします。本当は言って欲しいんですが。
クルトンパパ
2015/04/23 06:33
パパさんこんにちは
僕は隣国がアレな事に絶望してます
自称識者とマスゴミはアレな事を隠蔽するし事実を言うと差別として言論弾圧するし
戦後やってきた事実を箇条書きするだけで半島がキチガイだと分かるだろーに
自称識者 の人はきっと自分が馬鹿だという事実を認められなくて事実を検証しないんでしょうね
事実を見ても分析できないマスゴミみたいな人も多いですし
泣ける現実です
世界史は面白い
2015/04/23 12:20
世界史は面白いさん、こんにちは。
アフリカとかアラブとか大変なんですが、一見まともな国の顔をしている分、実は東アジアが一番酷い。

その特亜を支持、擁護するメディア、政治家は死刑です。
クルトンパパ
2015/04/23 13:30
パパさん、こんばんは。
そろそろ朴政権、あせってきましたよ。
 安倍ちゃん、米国とシナとの関係改善によって、朴大統領が右にも左にも行けなくなって・・・。もう大ピンチ!
 韓国国内政治家からは、日本への強硬論、企業家からは用日論、宗主国シナは日本接近。
 あ〜ぁ。
汚職事件に沈没船の引き揚げ費用。
 
安倍ちゃんの『対話路線』は不気味です。
あの笑顔の裏には燃え上がる闘志が見えます。

売られた喧嘩は『笑顔と包囲網』で追い込んでいくんですよ。

 そうです、職場で“いつもにっこり”微笑んでいる女性、パートの熟女。
 社員が最も恐れる彼女。彼女こそ怒らせてはいけない相手なんですよね。
 本当に怖い人間は、いつも笑顔でニコニコの人物なんです。
ひょっとこハム太郎
2015/04/25 23:14
ハム太郎さん、おはようございます。
明らかに韓国は行き場を失ないつつあります。対日包囲網を一諸に作るはずの中国が日本との関係を改善しつつありますから。

安倍総理の外交は以前から上手かったと。今後も対話の門戸を開いたまま、擦り寄らず、はねつけずでいけば良いと思います。
クルトンパパ
2015/04/27 06:37

コメントする help

ニックネーム
本 文
本気で鬱陶しい国 クルトンパパのいろいろ日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる