クルトンパパのいろいろ日記

アクセスカウンタ

zoom RSS メディアの緩やかな自殺

<<   作成日時 : 2015/04/28 07:32   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

TBS支局長、不可解な異動で営業部門へ 『文春』で「韓国軍慰安所」スクープ

 韓国軍がベトナム戦争中にサイゴン(現ホーチミン)に「慰安所」を設けていた−とするスクープ記事を「週刊文春」に掲載したTBSの山口敬之ワシントン支局長が、同社から15日間の出勤停止処分を受け、営業局ローカルタイム営業部への異動を内示されていたことが25日、分かった。関係者の間では、取材の成果を他社の媒体に発表したため左遷されたという見方も広がっている。

 記事は3月26日発売の文春に掲載された。山口氏が米国内で発見した公文書に「韓国軍による韓国兵専用の慰安所」の存在が明示されていたとする内容で、これを裏づける元米軍海兵隊幹部の証言も盛り込まれている。

 朝日新聞が大誤報を認めたことで、日本の慰安婦問題の核心である「強制連行」の根拠は崩壊したが、いまだに韓国は筋違いな「解決」を求め続けている。韓国軍の慰安所の存在が明らかになれば、これまでの日本への批判は天に唾するものだったことが白日の下にさらされることになる。

 まさに「意義あるリポート」(ジャーナリストの室谷克実氏)といえるが、これだけの歴史的スクープをなぜ自社で報道しなかったのか。そして、なぜスクープを物にした有望社員が突然、異動の憂き目にあったのか。

 TBS関係者は「ローカルタイム営業部というのは関東ローカルの番組を扱う部署で、花形とは言いがたい。門外漢である記者、しかも海外支局長クラスを送り込むというのは、嫌がらせとしか思えない」と述べ、今回の異動が出勤停止処分と併せた事実上の左遷であるとの見方を示す。

 TBS広報部は、夕刊フジの取材に「人事についての詳細は公表しておらず、お答えできない」としているが、憶測は広がるばかりだ。

夕刊フジ 2015年4月27日(月)

 本来ならば米国内で発見した公文書に「韓国軍による韓国兵専用の慰安所」の存在が明示されていたとする内容で、これを裏づける元米軍海兵隊幹部の証言も盛り込まれているのだから、これは文春などではなく、当然、TBSが自局のスクープとして報道すべき話。おそらく、山口氏もそれをやろうとしたはず。

 それを拒んでおきながら、文春で発表したとか言って左遷するなど、やはり、TBSは特亜に対し及び腰であり、メディアとしての矜持などまったく持っていないと言うことを自ら表してしまったと言って良い。

 特亜寄りの姿勢では、フジテレビと双璧と言われていたが、最近は徐々にそう言う姿勢から転換しつつあるなどと言われていたのが、やっぱりこれは表向きの話だったと言うことだ。

 で、さらに問題はこの事を毎日新聞系だけじゃなく、ほとんどのメディアが取り上げないと言うことだ。本来ならば、ジャーナリストとして表彰されてしかるべきスクープをしながら、左遷されると言う異常事態を、他のメディアが追求する姿勢を見せないと言うのは、これはゆっくりとしたメディア全体の自殺行為だと言って良いだろう。

 日本のメディアはもうだめだね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
パパさん、こちらではご無沙汰しております。

私のブログでも取り上げましたが、本当に一度解体して、本当の『メディア』を作らないとダメだと思いますね。

心ある報道人が閑職に追いやられ、記事が握りつぶされる、それを『言論弾圧』と言うのです。

2015/04/28 12:03
橘さん、こんにちは。
本当に酷いものです。今の日本にあるのは、メディア、ジャーナリズムを標榜するだけの連中です。

本物ならば、この人は今頃社長賞ものでしょう。それをこう言う扱いをしたのを他が追及しようともしない。どこも似たような体質なんでしょうねえ。
クルトンパパ
2015/04/28 14:01
今週、夕方、この地方のTBS系列・CBCラジオで女性アナが『政府に反することを言ったら圧力が掛かるからと言って言うことをやめてはいけない、現に、そういうふうになっている・・・』と発言がありましたよ。
 オイオイ、それ本当なら大変なことですよ。
 それとも、徳永○リのようにウソついたんですかねぇ。
 こういう、ニオワすような発言、汚いやり口ですねぇ。どうせ、事実なのか?
 と、聞かれたら『そういう雰囲気を出している・・・』と曖昧な答えをするんでしょう。
 
 この毎日・朝日に潜入している『反日』ジャーナリストども、日本が嫌いなら出ていけ!
 しかも、日本での住民サービスは“しっかり”受けながら。
 隣の国へ行け!
ひょっとこハム太郎
2015/04/29 22:23
ハム太郎さん、こんにちは。
ある程度の圧力は、以前からあったはずです。それとどう向き合うのか?戦うか?がメディアの矜持です。
クルトンパパ
2015/04/30 13:15

コメントする help

ニックネーム
本 文
メディアの緩やかな自殺 クルトンパパのいろいろ日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる