クルトンパパのいろいろ日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 最後の維新代表だろうなあ

<<   作成日時 : 2015/05/20 11:38   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

維新新代表の松野氏「しかるべき時期に野党再編」 幹事長には柿沢氏を指名

 維新の党は19日、国会内で両院議員総会を開き、「大阪都構想」の住民投票否決を受けて代表を辞任した江田憲司氏の後任に松野頼久幹事長(54)を選出した。任期は今年9月まで。後任の新幹事長には柿沢未途氏(44)を起用した。松野氏は記者会見で、党の路線について「今まで通り是々非々だ。『何でも反対』の野党をつくるつもりはない」と述べ、憲法改正などでは与党と協調する考えを示した。

 松野氏は、後半国会最大の焦点となる安全保障関連法案への対応について「政府から丁寧な審議をやろうというのが伝わらない。充実した審議を求めたい」と述べ、対決姿勢をにじませた。また、2月の党大会で「改革勢力を結集し政権交代を目指す」と決議したことを挙げ、「しかるべき時期に野党再編をやっていく時期が来る」と強調。民主党なども交えた将来的な野党再編に意欲を示した。

 出身母体が異なる維新議員の中で、民主党出身の松野氏は橋下徹大阪市長の直系に当たる大阪選出議員や、江田氏ら旧結いの党出身議員からも信頼が厚く、両院議員総会では満場一致で選出された。

産経新聞 2015年5月19日(火)

 松野頼久ねえ。あのね党の顔たる代表は、比例復活議員じゃだめなんだよ、きちんと小選挙区を戦って勝ち抜いた人間じゃないとだめだと言うことを、某海江田が証明した事を忘れたのか?維新の党はと言う事だ。

 本来ならば、強固な松野党と言われるものに支えられて、小選挙区くらい勝ち抜いて当然なのだが、この人に対する信頼感が失われてきているんだろうなあ。細川の殿様にくっついて政治の道に入ったのは良いが、やがて殿が身勝手に政界引退したら、寄生先を鳩ぽっぽにし、なんとか
鳩山内閣でそれなりのポジションを得たが、ぽっぽの人気低下を見、一方で橋下と言う超人気者が登場するやいなや、あっさり身を翻がえすと言う無節操ぶり
だからねえ。

 とは言え、じゃあ、橋下がいなくなり、江田が辞任したら、誰がいる?となれば維新には人がいない。さすがに片山参院会長ではあまりに維新の色とは違い過ぎるし、また、姫がトラ退治に来ると困るしねえ。

 松野しかないのは仕方無いのだろうが、良きにつけ悪しきにつけ、結局維新と言うのは橋下徹の党であり、その大看板が無くなれば存続などできるはずは無い事を、おそらく江田前代表は敏感に感じ取り、幕引きはごめんだ、と言うことでの辞任だろう。

 しばらくは残るにしても、長い期間はとてもじゃないが、党の維持などできるはずは無い。与党よりと民主よりの2派に分裂するだろうな。どっちが美味しい餌を提示するか?だ。自民にしてみれば、衆院ではそれほどいらんが、参院は欲しいだろうしね。

 万が一生き残れるとしたら一つしかない。
 いかなる手段を使ってでも良いから、来夏の参院選前まで党を維持し続けることだ。そして、党消滅の危機を訴え、橋下徹を引っ張り出せれば、もし、その時にまだ、橋下にそれなりの人気を維持していれば、再び党復活と言う可能性は残るだろう。

 ただし、先の会見を見る限り、橋下市長にはすでに政治に対する情熱などがなくなっている気がするのだが。
 まあ、橋下徹とともに咲いた仇花が維新だったと言うことだろう。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
最後の維新代表だろうなあ クルトンパパのいろいろ日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる