クルトンパパのいろいろ日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 命懸けで食うな

<<   作成日時 : 2015/05/28 15:29   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

   豚の生レバー、「駆け込み需要」警戒 6月中旬から禁止

 豚の生レバーや生肉を飲食店が提供することが、6月中旬から禁止される。厚生労働省は、禁止前に多くの客が生レバーを求める「駆け込み需要」を警戒し、生で食べないよう引き続き注意を呼びかけていくという。

 提供禁止は、27日の厚労省の審議会で了承された。理由は、豚の肉や内臓は内部までE型肝炎ウイルスや寄生虫などに汚染されていると考えられるためだ。新鮮だから安全とは言えず、十分に加熱しない限り感染や食中毒を防ぐことはできないという。

 改正される食品衛生法の基準では、豚の肝臓や肉の中心部を63度で30分以上加熱するか、同等以上の効果がある加熱殺菌などを義務化する。違反すると罰金などを科すことができる。

 豚の肝臓や肉を生で食べるのは一般的でなく、提供する店も少なかったとされる。しかし、2012年7月に牛の生レバーが禁止されると、代わりに豚の生レバーを提供する店が出てきた。厚労省は飲食店の指導を都道府県に要請し、12年末に指導を受けた飲食店などは全国で80店、13年夏には190店にのぼった。強制力がなかったため、指導の効果にも限界があるとされていた。

 東京都内の飲食店では、生の豚レバーなどが8年前からの看板メニュー。6月中旬に始まる規制に合わせて提供をやめるといい、男性店長(35)は「法的に禁止になるならば仕方がない」と話す。常連客からは「禁止になる前にがっつり食べないとな」と言われたという。

朝日新聞デジタル 2015年5月28日(木)

 個人的には生レバーなど一切食べないから、こう言う規制はまったく問題が無い。

 それにしても、しゃぶしゃぶですら、牛シャブはさっとでも良いが、豚シャブはしっかり通さないと危ないと言われていたのに、何故、牛の生レバーが禁止されたあとも豚の生レバーが許されていたのか理解できない。

 どうやら、豚の生レバーにはE型肝炎を引き起こしたりする事もありうる上に、サルモネラ菌などの食中毒を引き起こす菌も牛以上に居ると言う。

 豚の生肉・生レバーが禁止されていなかったのは、そんなものを生で食べるが無い、それを食べるような事等ありえないから、と言うことだったのだから、牛が禁止されたから、と言う事で豚の生レバーなど食べるのは、ある意味自殺行為なのだよ。

 ふぐの白子もそうだが、命懸けで食べなければならないほどのものなど、この世には無い。
 生レバーなど食べなくても、大丈夫、死にはしない。

 個人的には、未成年者は別として、大の大人ならば自己責任で食べれば良いとおもう。店も提供すれば良い。ただし、事故が起きたら、当然だが店は潰れるほどの罰金が科せられ、数年の営業停止処分を下される。中毒や最悪死んだとしても、誰にも賠償責任は負えなくすべきで、当然、保険も降りることは無い、それでよければご勝手に!だ。テンポに科せられた罰金は、更なる食の安全のために使えば良い。命懸けで食べるのはご勝手にだから。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
命懸けで食うな クルトンパパのいろいろ日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる