クルトンパパのいろいろ日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 無視して良い

<<   作成日時 : 2015/05/07 10:19   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

「偏見なき過去の清算を」=学者187人、安倍首相に声明

 【ワシントン時事】欧米を中心とする日本研究者187人が6日までに、安倍晋三首相に、日本の過去の過ちを率直に認めるよう求める声明を送付した。戦後70年談話を念頭に「過去の植民地支配と侵略の問題に立ち向かう絶好の機会」と指摘し、「可能な限り完全で、偏見のない(過去の)清算をともに残そう」と呼び掛けている。

 声明は4日に送付され、エズラ・ボーゲル・ハーバード大名誉教授、ハーバート・ビックス・ニューヨーク州立大名誉教授、ジョン・ダワー・マサチューセッツ工科大名誉教授らが名を連ねた。 

 声明は、戦後日本の歩みを「全てが祝福に値する」と評価しつつ、「世界から祝福を受けるに当たっては障害がある。それは歴史解釈の問題だ」と指摘。特にいわゆる従軍慰安婦問題に触れ、「否定したり、小さなものとして無視したりすることは受け入れられない」と強調した。

 慰安婦の数や募集方法に関する学説が定まっていないことは認めながらも、「女性が尊厳を奪われた事実を変えることはできない」と記した。

 その上で、29日の首相の米議会演説に触れて「首相は人権という普遍的価値、人間の安全保障の重要性、他国に与えた苦しみを直視する必要性について話した」と指摘。「こうした気持ちを称賛し、その一つ一つに基づいて大胆に行動することを首相に期待してやまない」とつづっている。

時事通信 2015年5月7日(木)

 こう言う物事を表層的にしか見られないか、韓国に飼いならされた馬鹿の戯言など完全に無視いてよろしい。

 戦後70年、わが国は一貫して謝罪をし、賠償をし、反省を続けてきた結果、今、国際社会で非常に名誉と信用を受ける立場にある。

 全てをドイツ国家ではなく、ナチス党の責任にしたドイツと違い、国家としての責任を認め、謝罪を続けてきたのに、まだ謝罪が必要なのか?過去をきちんと引き受けた上で、未来志向になってはいけないのか?

 慰安婦問題にごちゃごちゃ言っているようだが、これは総理が言ったように女性に対する人身売買による悲劇ではあるが、これほど大問題化しながら、問題発覚後から40年以上経ってもなお、一切の軍、政府の女性を集めるのに強制したと言う証拠がまったく無い以上、今以上に日本政府として関わるべき問題ではない事を、いかにも韓国が言う馬鹿な主張を鵜呑みにし、まともに検証すらしない段階で、この学者を名乗る連中を気にする必要などまったく無いのだよ。

 とにかく70年が経過した。過去の過ちをきちんと踏まえたうえで、これからの日本がどう、世界の平和と安全に貢献する国となるか、それが大事だと思うぞよ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
パパさん、こんにちは
 コイツら全員学者じゃなくって詐欺師の片棒担ぎの犯罪者でしょ
 良くて御用学者
言ってることが支離滅裂な特亜とマスゴミの言うことの異常性を検証もせずに『人権』の御旗で反論を弾圧する屑集団
 ルーピー罪で死刑
世界史は面白い
2015/05/07 12:15
世界史は面白いさん、こんにちは。
本気で無視してよりレベルの愚かさ。
これもこれまでの韓国のロビー活動の成果でしょうが、これにおたおたすることは無いでしょう、今の安倍政権は。
クルトンパパ
2015/05/07 12:54

コメントする help

ニックネーム
本 文
無視して良い クルトンパパのいろいろ日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる