クルトンパパのいろいろ日記

アクセスカウンタ

zoom RSS やはり辻元は馬鹿だ

<<   作成日時 : 2015/06/11 09:05   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

中谷防衛相、違憲判決は「想定外」=存立事態、他国事例示さず―衆院特別委

 中谷元防衛相は10日の衆院平和安全法制特別委員会で、集団的自衛権の行使を容認する安全保障関連法案が成立後、最高裁から違憲判決を受けた場合の対応を問われ、「これまでの最高裁判決や基本的論理に導かれた結果なので、違憲無効となるものとは考えていない」と述べ、想定外との認識を示した。民主党の辻元清美氏への答弁。

 中谷氏は「一般論」とした上で「法治国家なので最高裁の判断が出たときには、適切に従っていきたい」と述べた。

 集団的自衛権行使の前提となる「存立危機事態」を法案で規定していることに関し、共産党の宮本徹氏は、「世界の中で、他国に対する武力攻撃で、国の存立が脅かされるようなことがどこかの国であったことはあるのか」と具体例を示すよう迫った。これに対し、中谷氏は「しっかり調べて答えたい」と答弁。岸田文雄外相も「わが国以外の事例全てについて今確認するものがない。改めて報告したい」と述べるにとどめた。

 憲法学者から違憲との指摘が出ていることに関し、中谷氏は「政府として憲法学者のみならず、政治学者、国際法学者、実務家、元自衛官などさまざまな分野の専門家の意見を聴いた」と強調した。民主党の緒方林太郎氏への答弁。

時事通信 2015年6月10日(水)

 「どうよこのあたしの鋭い質問!中谷大臣、息も絶え絶えやねん!」とドヤ顔で鼻をうごめかしているのが目に浮かぶ。

 だがね、今から法律として施行しようと提出して揉んでもらっている法律に対し、まだ成立もしてない段階で違憲判断が出たら?などと聞かれてこれ以外の答えなど無いでしょ。憲法に違反していないと思っているからこそ法案として出しているのだし、それが違憲だと判断されたと言う、あまりに仮定が過ぎる質問を出して得意顔になるのが馬鹿の証拠。

 ついでに言うと民主党などは憲法学者や元内閣法制局長官等が、違憲だと言っていると言う事をなんだか、鬼の首を取ったかのように言っているが、200人程度しかいない憲法学者だの数人しかいない元長官等が「合憲」「違憲」の判断を下すのではなく、あくまで、最高裁判所大法廷以外に「違憲判断」を出せるものはいないと言う事を理解していない。

 本当はね、これ、憲法違反だと思うのだよ、あたしも。
 と言うより、自衛隊の存在そのものが憲法違反だし。

 憲法学者たちも要するに、今のままの違憲状態の自衛隊ではなく、きちんと憲法を改正し、合憲状態の自衛隊を適法に派遣しなさい、と言う人が結構いるらしい。
 本当はそうすべきなのだよ。憲法をきちんとしたものとしてから、ROEなどもきちんと定めてから派遣しないとだめ。ただし、世界情勢の中で、日本だけが一切の汚れ仕事、血を流す可能性がある仕事からは憲法上参加できません、では済まなくなっているから、解釈を無理やり捻じ曲げて、こう言う事になっている。

 国家のもっとも根幹をなす法律に対し、問題をまじめに検討する事もなく、全てを先送りし続けてきて、異様な解釈変更で乗り切ってきた、これまで70年近い政治の怠慢の付けが今、噴出していると言うことだ。その責めは政府のみならず、野党を含めた全ての国会議員が負わなければならないのだよ。一言一句変えさせない、その馬鹿な姿勢と、それを腫れ物にでも触るようにしてきた、全ての政治家の責任なのだよ。

 さらに言うと、「かつて冷戦が激しかった時代の方が今よりも世界情勢は厳しかった。なぜ今、これを急ぎやらなければならないのか?」と言う、一見正しい指摘のようなことを言う馬鹿もいる。

 先に指摘したように、本当はその時にこう言う議論を徹底的にやっておくべきだったのをやらなかった、と言うだけであり、またあの時に戦争にならなかったのは本当に幸運だったと言うことであり、あのときですら大丈夫だったのだから、今度も大丈夫だとはならないのだよ。さらに言うと、あの頃は米・ソ2大国が最終的に判断すれば平和は何とか保たれる状態だったが、今はむしろ、そこに関わる国が増え、唯一の超大国アメリカの威勢が衰えてきている事に加え、あの時代にはなかったテロリスト集団の跳梁跋扈と言う事もある。日本だけが金を出すから、汚れ仕事、血を流す仕事はしません、と言うことはできない、そう言う時代のなのだ。

 平和が一番だと言うのは当然の話。戦争になれば、うちの子供たちが巻き込まれる。
 そうならないため、昔の感覚で両手を広げ、挙げていれば平和が保たれるのだ、と言う幻想から醒め、拳を握って握手をする、それがこれからの時代、平和を保つ手段となることを理解すべきだ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
先々週、TBS、時事放談でのジェラルド・カーチス氏。
今週、TBS、時事放談での増田寛也氏。
今週の(どの番組か忘れました)野村修也氏。

 共通していたのが『大事なことは違憲だとか、憲法学者が何を言ったかそういうことではなくて、日本の安全保障にとって何が必要か?ということなんですね・・・』ということでした。
 
 違憲だ違憲だと騒いでいた自衛隊のトップに立っていたのが、この法律が違憲だという、ウソと矛盾に満ちた言い訳ジイさんと、戦時売春婦の事について、公平な場で発言しようせず逃げ回っている売国、河野洋平。
 河野も安保法案に反対しています。

 
ひょっとこハム太郎
2015/06/14 20:49
ハム太郎さん、おはようございます。
本当に最後は政治の覚悟なんです。学者は政治に責任持ちませんから。

本当はもっと早く、9条を改正していないとだめだったんですよ。
クルトンパパ
2015/06/15 07:37

コメントする help

ニックネーム
本 文
やはり辻元は馬鹿だ クルトンパパのいろいろ日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる