クルトンパパのいろいろ日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 豚生レバー、命懸けで食うなって

<<   作成日時 : 2015/06/12 13:06   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

豚の生レバー・生食禁止に、ファンは「生レバー禁止つらすぎ」と嘆き節

 豚肉の生食を禁止し、飲食店などに加熱を義務づける食品衛生法の改正規格基準が6月12日、施行された。これに伴い、店舗にて豚肉の生レバーを提供するなどして同法に違反した場合、行政処分や刑事罰を受けることになる。

 厚生労働省は、豚の生レバーや生肉はE型肝炎を引き起こす「E型肝炎ウイルス」(HEV)や食中毒菌に汚染されている可能性があることから今回、同法の基準改正に踏み切った。

 E型肝炎は、HEVの感染が原因で起きる急性肝炎。主としてHEVに汚染された食物や水などの摂取による経口感染によって引き起こされ、その潜伏期間は2〜9週間(平均6週間)とされている。妊婦がHEVに感染して発症した場合には、劇症化する確率が高いという。

 厚労省によると、肝炎を発症した場合は高い確率で黄疸(おうだん)が出るとのこと。また、発熱や悪心、腹痛、肝機能の悪化などの症状が現れる。治療法としては急性期の対症療法のみで、大半の症例では安静にしていると治癒するとされている。

 HEVに感染した場合、若年層では感染症状が出ない不顕性感染が多いが、高齢者ほど重症化しやすいとされている。国内ではE型肝炎での死亡例も確認されており、食品安全委員会によると2000年から2009年にかけて8人の死者が出ており、その全員が60歳以上となっている。

 厚労省は「予防には手洗い、飲食物の加熱が重要」としており、「豚レバーをはじめとする豚肉については、生で食べないようにしましょう」と注意を呼びかけている。そのため今回、飲食店などに対して「中心部を63度で30分以上」か、あるいは同程度の殺菌効果がある加熱処理が義務付けられた。

 2012年に牛の生レバー提供が禁止されたのに続き、豚の生レバーも禁止となったことを受けて、Twitter上には

「生レバー禁止つらすぎるって」

「今日から豚生レバー禁止か〜」

「レバーは生なら食べられるようになった自分には辛い」

など、生レバー愛好者の嘆きの声が多数見られている(コメントはすべて原文)。

マイナビニュース 2015年6月12日(金)

 あのね、牛の生レバーが禁止されたあとも、なぜ、豚の生レバーが禁止されていなかったのかと言うと、豚肉を生で食したり、ましてや提供するものなどがいるはずが無い、と言う事が理由だったのだから、牛の代わりに豚で、と言うのは頭が悪すぎると言う以外にない。命懸けで食べていたのだぞ、豚の生レバー。

 牛を禁止したときには、正直、そこまでやる必要は無いと思ったのだよ。長い歴史がある食文化であり、ほとんど事故も起きて居ない。ただし、可能性がある以上、提供する店も、食べる方も自己責任で、提供する店は潰れる覚悟、食べる方は保険も出ない自殺扱いでもかまわないと言うことならば、成人に関しては自由だとね。

 が、豚肉は例えばしゃぶしゃぶでも豚はしっかり火を通せ、と言うでしょ?馬鹿だよ、生で食うのは。
 中堅クラスの食肉を扱う企業の社長さんが言ってた。とにかくどこであれなんであれ、肉を生で食べるのは絶対にやってはだめだとね。

 どうしても食べたければ、むしろ牛の生レバーを自己責任で食べられるよう、そう言う方向に法改正を行うこと、そのほうが良いと思うぞ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
豚生レバー、命懸けで食うなって クルトンパパのいろいろ日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる