クルトンパパのいろいろ日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 1県1人でも<参院改革>

<<   作成日時 : 2015/06/03 08:42   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

    参院「都道府県代表」に=自民、改憲草案に追加

 自民党憲法改正推進本部(船田元本部長)は2日午前の会合で、参院議員を都道府県の代表者として位置付ける条文を党の憲法改正草案に追加することを決めた。参院選挙区の「1票の格差」を是正する選挙制度改革をめぐり、複数の都道府県を一つの選挙区とする「合区」に慎重論が多い参院側の主張を反映させた。

 参院について「広域的な地方公共団体の区域から少なくとも1人が選出されるように定めなければならない」との条文が示され、了承された。

時事通信 2015年6月2日(火)

 現行の制度で参院でも1票の格差を無くせ、と言うのは無理だ。本当にそれをやろうとすれば、県域を越えての合区以外に無いが、それもやがてまた格差が広がるだけ。

 憲法改正を行い、参議院は各都道府県から一人、で良い。裏表すら無くしても良い。東京だけは23区とそれ以外にわけたとしても、議員数は48名で済むから、あとは歳費を含む議員に対する経費を2割カットしたら十分な削減になるぞ。当然、そうなった上で、アメリカの上院のように、ある程度強力な権限を与えても良くってよ。

 ついでに衆議院も比例区などを削減し、歳費2割カットをやれば、今以上に過疎県からの議員削減ではなく、高密度地域に対し、議員を新たに配分しても全体の経費削減になるぞ。

 と言うより、今の国会議員の体たらくを見る限り、橋下が言ったように独裁国家を一度作って、馬鹿な議員たち全員をカットしてから、本物の国家を見据え、身を粉にして働く議員を選ぶようにしたら、例えば、今以上の歳費を払ったとしても国民は納得するぞ。

 参議院に関して言えば、議員定数がどうだとか1票の格差がどうだとか言う前に、ありようを徹底的に見直さないと、本当に参議院不要論が今より高まって、いらないという正しい結論が出かねない事を参議院議員一人一人が知らないとだめだよ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
パパさん、こんにちは
 参議院、各県一人で良いと思いますね
東京みたいにアホを大量に送り込まれても困りますから
 民主党みたいに『ただ反対してりゃマスゴミに持ち上げられて6年刊高給取りで居られる』のは要りません
 ただ候補者を更新有りの資格制にした方がいい
 最低限『国歌を大きな声で歌えること』
戦後の時事問題について、年表ではなく『何故そうなったのか、何故そうせざるを得なかったのか、年表ではなく時代背景を絡めて答えられる人であることが前提です
 テレビの『自称有識者』も要りません
 今だけ切り取って『反対』と責める事ならアホでも出来ますが、それで災害対策費(平時にメーカーが常備しておく建材)を仕分けして東に本題震災の復興が遅れた事実を忘れてはなりません
世界史は面白い
2015/06/04 10:08
世界史は面白いさん、こんにちは。
参議院は抜本改革しないと、本当に無駄の象徴になります。6年間、無駄飯食らっていても、所属政党が元気ならば、また6年間の楽しい有給休暇を貰うだけですし。

テレビに出てくる有識者とかコメンテーター、9割は馬鹿です。見極めないとだめですね。
クルトンパパ
2015/06/04 11:44

コメントする help

ニックネーム
本 文
1県1人でも<参院改革> クルトンパパのいろいろ日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる