クルトンパパのいろいろ日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 韓国の敗北

<<   作成日時 : 2015/06/22 11:35   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

日韓、世界遺産問題ともに譲歩 慰安婦問題はなお隔たり

 日韓国交正常化50周年の節目に、韓国外相の来日が実現した。対立していた世界文化遺産の登録問題も前進。両国関係の改善に弾みがついた。しかし、最大の懸案の慰安婦問題をめぐり、両国の主張には依然として隔たりがある。安倍晋三首相と朴槿恵(パククネ)大統領との首脳会談の実現に向け、課題は残っている。


 「両国が申請した遺産の登録に向けて一緒に協力していくことで意見が一致した」。韓国の尹炳世(ユンビョンセ)外相は日韓外相会談の後、記者団にこう語った。

 韓国も「百済の歴史遺跡地区」について世界遺産への登録をめざしている。日本の「明治日本の産業革命遺産」については世界遺産への登録に反発していたが、一転、協力する姿勢を示した。尹氏は「このような良い協力事例を通じて、今後、他の問題にも好循環ができるよう期待している」とも述べた。

 日本の「明治日本の産業革命遺産」について、ユネスコ(国連教育科学文化機関)の諮問機関は5月、世界文化遺産への登録を勧告した。これに対し、韓国は強制労働させられた施設が含まれているとして反発。尹氏も国会答弁で「強制労働が行われた歴史的事実を無視したまま、産業革命施設だけを美化し、世界遺産に登録することに反対する」と述べていた。

 世界文化遺産に登録されるかは、28日からドイツで開かれる世界遺産委員会で最終的に決まる。議長国ドイツのほか日本、韓国など21カ国の委員国で審議される。

 尹氏は今月中旬に相次いでドイツや委員国クロアチア、マレーシアの外相と会談し、韓国側の立場を説明。韓国国会の羅卿�明(ナギョンウォン)・外交統一委員長も9日、三つの代表団をつくり、世界遺産委員会を前に今月最終週まで委員国を直接訪問し、意見を伝えることを明らかにした。

 とはいえ、韓国の反発で今回、世界遺産登録ができなかった場合、日本の対韓感情がさらに悪化するのは必至だった。東京の韓国大使館はこうした可能性を本国に伝えていた。

 一方、日本側は当初、「勧告に基づき、そのまま登録されるのが筋だ」(文化庁幹部)として一歩も引かない姿勢だった。ところがここにきて、「日本の主張を広く伝えればよいという、簡単な問題ではないことがわかってきた」(政府関係者)。世界遺産委員会で意見がまとまらずに投票へと持ちこまれた場合、委員国は日本か韓国を選ぶことを迫られる。複数の委員国から「日韓で何らかの合意をし、自分たちが態度を示さなくてもいいようにしてほしい」という声が相次いだことが背景にある。

 議長国のドイツ外交筋は、朝日新聞の取材に「決定が勝ち負けになってしまうことは、どの方面のためにもならない。日韓両国が『共通の提案』を持って会議に臨むことを望んでやまない」と話していた。

 世界遺産委員会を目前に控え、さらなる関係悪化を避けるため、接点を探る雰囲気が日韓で高まりつつあった。こうした中で開かれた外相会談で互いに譲歩し、対立が協力に変わった。

朝日新聞デジタル 2015年6月22日(月)

 朝日新聞ですらこう言う書き方しかできないのは、日本の譲歩と言うのは、それほどのものではなかったからだろう。おそらく、軍艦島などの一部施設の説明文に、大戦中、本人が望まぬ形で働かされたものがいた、と言うことを明記するくらいの話。それは別に秘密でもなければなんでもない。日本が強制労働をさせた、と言うことを書く事は無いだろうが、韓国人などは望んでいなかった、と言うことを書いてもらえば、それを持って、強制徴用を日本が認めた、と強弁できるし。

 本来ならば、国会決議までして絶対に登録させない、としていたが、あまりに強制徴用で反対だ!と言い続けても、議長国ドイツ自体がフェルクリンゲン製鉄所と言う、強制労働を大量にさせていた事がわかっている場所を世界遺産登録している訳で、ここらで妥協しなければ日本の明治三強革命遺産だけが登録され、韓国の百済なんとかかんとか遺産は見送られかねないと言うことも一つの要因だろう。

 が、それ以上に問題なのはアメリカの怒りを買うことを承知で参加したAIIBでもまったく重用されず、一諸に日本と対決するはずだった宗主国中国が、さっさと日本との関係改善を進め、このままでは世界中が韓国から孤立しかねないと言う危機があるからだろう。

 国内でもセゥオル号事件に続き、MERS問題での対応のまずさもあり、まったく支持を失ないつつある朴槿恵政権にとって、とにかく米高官が相次ぎ言ったように、日本との関係改善は喫緊の課題となりつつあると言うことだ。

 安倍政権は粛々と変わらぬ対応をしている。朴槿恵以上の反日政治家である尹炳世外相が、岸田外相との会談後、強制徴用、慰安婦問題に関し、日本がどう言う譲歩をしたかを明言出来なかったのは、誇れるほどのものではなかったからだろう。これから韓国に戻り、拡大解釈、恣意的捻じ曲げた解釈によって、日本が謝罪したと言う事にするのだろう。それでなんとか国内世論を押さえようと。できるかどうかはわからんけどね。

 安倍総理が先に国交正常化50周年式典への参加を表明し、それを受けて朴槿恵が参加する、と言う形をとることで朴槿恵の面子を保ってやろうと言うことだろう。そのくらいの譲歩で朴槿恵が喜ぶのならば、別に大したことではないのだから。

 これ以上、世界を韓国から孤立させないためにも韓国は歩み寄りたいところだが、それをやれば、さらに朴槿恵政権の支持率が低下することは避けられないから、結局、安倍総理の配慮は無駄になり、また朴槿恵による感情的反日発言によって日本の嫌韓感情が進むだろうな。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
そうでしょうか?
戦時徴用に触れると外交交渉で合意したことの意味は、
日本側が用意する世界遺産の説明文を、
韓国外務省が赤ペンを入れてチェックするということ。
韓国が公表して良いと許可を出さない説明文を、
日本側は看板に書いたり、パンフに印刷したりできないということ。

はっきり言えば、1990年代前半の教科書問題の再現です。
日本外交の完全敗北です。
通行人
2015/06/22 22:08
そうでしょうか?
本当にそこまでやるかはともかく、国会で絶対に認めさせないと言う決議を出した直後、こう言う方針転換です。
 
正直なところ、勝者はいないんですが、韓国の敗北感の方が大きいと思いますよ。このままでは、中国からもアメリカからも見捨てられてしまうと言う恐怖感が、この結果を招いたのでしょうから。

どちらにしても、これで日韓関係が良くなると思えませんが。
クルトンパパ
2015/06/23 06:35

コメントする help

ニックネーム
本 文
韓国の敗北 クルトンパパのいろいろ日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる