クルトンパパのいろいろ日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 金美齢氏、正論で怒る

<<   作成日時 : 2015/06/23 16:31   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

「国民生活を守る」義務を野党が放棄 金美齢氏、ピンボケ安保法案審議を斬る

 通常国会は安全保障関連法案をめぐる与野党の駆け引きが熱を帯びている。17日の党首討論では、安倍晋三首相が「どの国も一国のみで自国の安全を守ることはできない」と安全保障環境の変化を指摘すると、民主党の岡田克也代表は「(法案は)憲法違反だ」「集団的自衛権はいらない!」と明言した。日本を愛し、台湾を愛する評論家の金美齢氏が、日本が直面する危機や、国会審議などについて語った。

 「与党であれ、野党であれ、国会議員は国民の生命と安全、生活を守るために万策を講じる義務があります。野党の『反対のための反対』という姿勢は、これを放棄したのと同じです」

 金氏はこう言い切った。1934年、日本統治下の台湾で生まれ、59年に来日し、早稲田大学に入学。71年、早大大学院を修了した。英語教育に携わる一方、新聞やテレビで評論家として活躍。2009年に日本国籍を取得している。

 現在の国会審議を見ていて心配するのは、日本をとりまく安全保障の急激な変化だ。

 「中国の軍事的拡張は無視できません。太平洋への進出を狙って、尖閣諸島を含む沖縄全体を手に入れようと、領海・領空への侵入を続けている。南シナ海を支配するために、岩礁を次々に埋め立てて軍事基地化している。それに対応する安保法案が必要であることは、来日したフィリピンのアキノ大統領が今月3日、国会で『日本は平和維持のため、国際社会に対して自らの責任を果たすうえで、より積極的な立場を取っている』などと、法案成立に期待する演説をしたことでも明らかです。日本人が力を合わせて覇権国家に対峙すべき時に…。野党は情けない!」

ZAKZAK 2014年6月21日(日)

 別に付け加えなければならないようなことは無い。

 金美齢氏が言うとおり。来日したフィリピンのアキノ大統領が今月3日、国会で『日本は平和維持のため、国際社会に対して自らの責任を果たすうえで、より積極的な立場を取っている』などと、法案成立に期待する演説をしたことでも明らかです。日本人が力を合わせて覇権国家に対峙すべき時に…。野党は情けない!」です。

 馬鹿な議員は冷戦時でも大丈夫だったのに、なぜ今、こう言う法案を急いで作らなければならないのか?と言うが、米・ソが世界の2大大国として緊張感の中でもバランスが取れていた時代と違い、アメリカが1強でありながらそのアメリカ自体が、徐々に弱体化し、中国の台頭、さらに国家ですらないテロ組織の協力化の中で、かつて以上の存在感が出てきた日本があの時代と同じ役割で良いはずが無いと言う事だ。

 冷戦下では日本が直接的な軍事脅威にさらされる可能性は、今よりも低かったと言うのは間違い無い。それがあったからこそ、日本はアメリカの核の傘の下で経済発展だけを考えていられた。

 だが、今世界第3位の経済大国であり、紛れもなく、アジアの自由主義国家の旗手である日本が、他国が血を流すのは勝手だが、我々は何があっても一滴の血も流さないなどと言うことは通用しない。

 自衛隊は必ず、激戦地に派遣されないにしても、図らずも共産党も指摘したように、紛れもなく実戦の一環である平坦を請け負う任務に派遣される事になる。

 その時、胸を張って任務に赴けるのは当然の話だが、それ以上に万が一の事態にどう対処する事ができるのか、何をやれるのか、と言うことをきちんと決定してやらないと現地の指揮官に勝手に判断しろ、ではあまりに可哀想なのだよ。

 本当はどうでも良い言葉狩りなどではなく、R・O・Eを含め、いざと言う時に自衛隊がどう言う行動を取れるのか、までをきちんと決めてやる必要があるのだよ。

 いざ実戦が始まったら自衛隊は撤退する、などと言うことが現実にできるのか?を考えれば、仲間の部隊が交戦する中で、自衛隊だけが逃げ出せるはずも無い。

 そう言うところなどをきちんと話し合い、必要な権限などを自衛隊、現地指揮官に与える事ができるのか?などを真剣に議論するのが国会の仕事。

 100時間野郎が1000時間やろうが、今のような野党の体たらくでは、まったく何の意味も無い。
 本当に必要な事を真剣に議論しないで、もし、派遣された自衛官の中から靖国に祀られる隊員が出た時、政治はどうするつもりなのか?と本当に徹底的に問い詰めたいものだ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
きちんとしたROEは絶対必要です。
 今のままでは日本を守るために交戦した自衛隊が民主党などにしっぽ切りとして捨てられるだけです。(断言できる)
 自衛隊に日本を守ってもらい、自衛隊のケツは政治家が持つのが正常な国家です。
 自衛隊に要求するだけのくせに、自衛隊を批判する、そんな似非政治家(辻元等)など、自分のセリフの矛盾がなくなるまで、舌を引っこ抜いてやればいい。
 救助に来た自衛隊にまで、大声で文句を垂れるような恥ずかしい認識は根絶するべき。
世界史は面白い
2015/06/23 18:42
いろいろ言ったところで、確実に派遣される自衛隊が、きちんとした活動をでき、自らのみを守り、周りの友軍を援け、援けられるような法整備をしないと、今のままでは自衛隊を海外に出す事に対し、反対せざるを得ません。

感情論だけで国益も、自衛官の命も顧みず反対だけを言う馬鹿は国賊と呼ばれても仕方無い位です。
クルトンパパ
2015/06/24 06:37

コメントする help

ニックネーム
本 文
金美齢氏、正論で怒る クルトンパパのいろいろ日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる