クルトンパパのいろいろ日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 所沢育休問題、あれはおかしい

<<   作成日時 : 2015/06/26 08:17   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

埼玉)所沢市の「育休退園」法廷へ 原告側「親を分断」

 所沢市が4月から始めた「育休退園」の新方針に反対する保育園児の父母11人が市を提訴し、対立は法廷に持ち込まれた。父母らは、育児休業中は保育園を原則退園という運用だけでなく、将来保育園に戻れるかどうかの保証があやふやなことも問題視している。

 訴状で、第2子以降が生まれて親が育休をとった場合でも上の子が保育園に継続して在園できるとした子ども・子育て支援法施行規則などに反し、市の方針は違法だ、と訴えている。

 市によると、上の子を継続して預けたい親は、「利用継続申請書」を産後3週間以内に出して市と相談する手立てがある。だが、双子や病気など特段の事情がない限り認められない。

朝日新聞 2015年6月26日(金)
 
 当然の話だが、前提そのものはそれほど間違っていない。
 待機児童がいる以上、育児休暇を取れた人に、なんとか我慢していただき、待機児童を無くしたいと言うのだから。

 が、問題は育児休暇が明けた時、保育園に戻れる補償が全く無い上に、下手すれば第2子も待機児童になりかねないままだと言うことだ。

 本当ならば、こう言う制度を始めるのならば育休明けに元の保育園に戻れるような体制を作ることをやってからであるべきなのにね。

 さらに言えば、どうやら所沢の待機児童は20名ほどらしい。で、来年からは100名規模の保育所を2ヶ所オープンする予定だと言う。だとしたら、この制度を杓子定規に始める意味がわからん。

 少子化が叫ばれ、子供をもっと産みましょう!と言いながら、子育て環境を悪化させるのは論外だと思うけどねえ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
所沢育休問題、あれはおかしい クルトンパパのいろいろ日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる