クルトンパパのいろいろ日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 本当に国会がだめだ

<<   作成日時 : 2015/06/27 09:21   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

自民の報道規制論に批判=安倍首相「事実なら遺憾」

 自民党若手が開いた会合で報道規制を求める声が上がったとして党内外から26日、懸念や批判が相次いだ。安倍晋三首相は衆院平和安全法制特別委員会で「事実なら大変遺憾だ」と答弁。石破茂地方創生担当相は記者会見で、「われわれは政権の側におり、権力を持っている。言論の弾圧と受け取られかねないようなことには、心していかなければならない」と語り、苦言を呈した。

 問題の会合は、首相を支持する若手・中堅議員が25日に開いた「文化芸術懇話会」(代表・木原稔党青年局長)。出席した議員から「マスコミを懲らしめるには広告料収入がなくなることが一番。経団連に働き掛けてほしい」との声が上がったほか、講師として招かれた作家の百田尚樹氏が「(政権に批判的な)沖縄の二つの新聞はつぶさなあかん」などと発言した。

 これに関して26日の衆院特別委で、民主党の寺田学氏が事実関係を追及。浜田靖一委員長(自民)が「確認したところ、そういう趣旨の発言があった。甚だ遺憾だ」と述べた。首相も「報道の自由は民主主義の根幹をなすものだ。尊重するのは当然だ」と答弁した。寺田氏は首相の謝罪も求めたが、首相は「その場にいないのに、勝手におわびはできない」と拒否した。

 自民党の谷垣禎一幹事長は「クールマインドでやっていただきたい」と自制を促した。公明党の井上義久幹事長は「スポンサーをどう選ぶかは企業の選択。政治が直接働き掛けることがあってはならない」と強い不快感を示した。

 維新の党の今井雅人政調会長は「大変由々しき問題。(自民党は)言論統制する独裁政党と言わざるを得ない」と批判した。
 
時事通信 2015年6月26日(金)

 まず最初にこのタイトルはおかしいと言うことを指摘せざるを得ないのだよ。自民の報道規制論などと言うが、今回愚かな発言が出たのは、自民党の公的機関でもなければ、党執行部でもない。総理・総裁や幹事長は遺憾だと言っているくらいだから、自民党の意見ではなく、単なるはねっかえりの愚か者たちの意見に過ぎないのを、まるで自民党の機関決定かのようなタイトルでの誤導目的と言わざるをえないのだが。

 当然、一部の意見をあげつらい「大変由々しき問題。(自民党は)言論統制する独裁政党と言わざるを得ないと鼻をうごめかす維新の今井も同じ低レベル。

 でね、まず最初に指摘するのは、百田氏に関して言えば、講師として呼ばれた以上、何を言うのも自由だと言う事。特に、公的機関ではなく、あくまでも一部議員の私的勉強会なのだから、そこに彼のキャラクターをわかった上で呼ばれているのだから、どう言うことを言いそうなのかは当然、わかっていると言うことが前提なのだから、発言に制限など無いのだよ。

 問題は、その発言を聞いて尻馬に乗った(一部報道などを見ると、むしろ議員の方が先に言い出した感もあるが)馬鹿な連中。今がどう言う時期なのか?と言うことはつい先日、高村副総裁が「気を緩めないように」とわざわざ指示した事でもわかるように、安保法制が揉めて大変な時期。

 そんな時期に、いくら私的な勉強会だとは言え、問題発言をしそうな講師を呼んで、さらに、問題発言を注意する事もなく一諸になって騒いだ愚かな議員たちはバッヂを外せ!と言うレベルだよ。

 で、また平和特別委員会が揉めた。これもどうしようも無い。

 これだけ話題になった以上誰か一人が総理に意見を求めるくらいは有って良いが、長々といつまでもこの問題を引きずり、総理が在籍した訳でもなく、当然、指示をした訳でもなく、同意した訳でもない問題に関し、謝罪しろだの、なんだのとだらだらとやって、また、大事な審議時間を食い潰す愚かな議員に唖然とした。

 総理に発言が事実かどうか調べろ、と言ったら、総理は自分では調べてないが、委員長が調べ、事実だと言うことだから、大変遺憾であると言うのに、「何故自分で調べない!」と。で、総理から昼休みと言っても総理大臣は忙しくて、こんな事まで調べられないと一蹴。そうするとそれを知らん顔で、「何でも良い。とにかく事実だと何故認めない」としたり顔で追求するのだが、総理は「自分で調べる時間がなかったが、委員長が事実だと認めた事を受けて」と言って「遺憾である」と言ったのだから、総理は事実だと認めているのだと言うことが寺田には理解できないらしい。

 それに続く辻元にいたっては総理と百田氏の共著と言うか対談本を振りかざし、そこで総理が「これほど意見が合って気持ち良い会談はなかった」とかなんとか言っている事を根拠に、まるで百田氏が総理の代弁者であり、総理は百田氏と完全に意見が一致しているとでも言いたげにドヤ顔で追及し、総理から「意見が一致した」と言っても100%同じと言うことはないんだよ、と諭されている内容が理解できない体たらくだから、どうしようも無い。

 二人の前の大串も実に下らん、と思ってみてたが、この二人よりはずいぶんましだったなあ。

 で、この後、また維新の議員が同じような質問の繰り返し。

 安保法制を審議すべき場で、一民間人と取るに足らん馬鹿な若手が私的勉強会で発言した事を長々とやる意味など無いのだよ。そんな事よりも、安保法制の中身を徹底的に審議すべきなんだよ。

 途中で総理は完全にあきれてた。中谷防衛相と質問中に放す時間が結構合ったのは、同じ事を言う以外に無い質問の繰り返しに飽きたんだろうな(笑)

 この馬鹿な連中の発言を総理がもし、何か褒められるとしたら、岡田代表に対し、審議を十分にやった時には断固決断する」と言うような発言で、今国会中の採決を言った訳だが、その「十分な審議」の根拠の一つとなる審議時間の中に、昨日の下らん質問時間が入る訳で、総理らとして本当に追及されたら厳しい、そう言う質問時間がどんどん削れられたと言う事くらいだろう。


 とにかくもっと本質の議論をすべきだ。野党はこの法制の問題点をあぶりだし、総理や防衛相が回答に詰まる、そんな質問をすべきなのに、総理らとは直接何の関係もなく、何の権限も無い連中の発言を鬼の首を取ったかのようにだらだらと質問しているようでは、この安保法制、大事な部分が欠けたままで決まってしまいそうで怖いのだが。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
パパさん、こんにちは
 僕も民主党に対して非常にキツイ事を書いてますけど、それだけ彼らが政治家として救いがないからです
 彼らは目的のためなら手段は問わないからです
その手段が例え国民を不幸にするものであっても彼らは何故それが取ってはいけない手段なのか知らないし知ろうともしないからです
 彼らに喋らせても所詮ルーピーバ菅の演説レベルで時間の無駄です
 牢獄にぶち込んで原稿用紙三枚にまとめさせれば良いんです
 バカとキチガイと詐欺師は声帯を引っこ抜いておけば静かになりますよ
世界史は面白い
2015/06/27 13:05
米軍の売春婦利用のことについて発言した橋下市長、この若手議員といい。
どうして本当のことを言うのか?

 はっきり言って知能が足りないとしか言いようがないです。本音は、隠しておくべきなんですよ。
 左の知識人からは『井戸端会議レベルの話』と言われているようですが、ならば、つまり日本人の大半は、そう思っているという、事実の裏返しな訳です。沖縄の二誌が異常なのも、沖縄の世論が偏向しているのも、国民は肌で感じ取っていますよ。

自民の谷垣氏の言われる通りだと思うのです。
『政治家は現実を自分の思いに近づけていく』と言うのですか、そういうことだと思うのです。

 この自民の若手の発言について、批判する民主・岡田氏も相変わらず『首相の責任・・・』というピント外れのことを言ってるし。
 もう、そろそろ『日本人の安全を守るためには民主党は何をするのか?』と言うことを発言してほしい。
 一番コミニュケーションを取りやすい日本人に議論で負けると暴力を振るうのに『どうして、国際的紛争が起きたら、話し合いで解決出来るのか?』そこらへんが、日本の民主党の最大の矛盾点ですよ。
 日本人を言論で納得させられないのに、なぜ、他国の人間を言論で説得できるのか?
 不思議な話です。
 


 
 

ひょっとこハム太郎
2015/06/28 04:42
世界史は面白いさん、おはようございます。
あまり過激なのもいかがかと(笑)思いますが、本当に民主にはがっかりです。

ハム太郎さん、おはようございます。
政治家の発言は、思った事をそのまま口にしてはいけない事がある事をわかるべきなんですが。

民主はまったく論外です。かつて政権与党であり、野党第1党としての責任がわかってません。
クルトンパパ
2015/06/29 06:54

コメントする help

ニックネーム
本 文
本当に国会がだめだ クルトンパパのいろいろ日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる