クルトンパパのいろいろ日記

アクセスカウンタ

zoom RSS さすが山本太郎!素晴らしい質問で総理を追い詰める

<<   作成日時 : 2015/07/31 14:35   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

◆山本太郎「原発がミサイル攻撃されたら?」 「国会質問」機にネットで大反響

  「原発が弾道ミサイルの攻撃を受けたら、どのぐらい放射性物質が出るのか」。
  山本太郎参院議員(40)が国会でこんな単刀直入の質問を繰り出して、ネット上で反響を呼んでいる。

  山本議員が質問に立ったのは、安保関連法案を審議した2015年7月29日の参院平和安全法制特別委員会だ。

■攻撃の被害想定をしていないと政府を非難

 「生活の党と山本太郎となかまたち」代表として、 山本氏はまず、明らかに憲法違反であり、 「戦争参加法制だ」と批判して、法案に反対する立場を表明した。

 続いて、国際紛争については軍事力でなく外交力で対処すべきだなどと自党の対案を述べた後、政府が差し迫った脅威とする中国、北朝鮮、ロシアが弾道ミサイルなどで攻撃してきたケースについての質問を始めた。

  山本氏は、日本がミサイル攻撃を受けたときのシミュレーションや訓練を政府が行っていることを確認したうえで、鹿児島県の川内原発について、 最大でどのぐらいの放射性物質放出を想定しているかをただした。

 これに対し、原子力規制委員会の田中俊一委員長が、 原発へのミサイル攻撃の事態は想定しておらず、 事故が起きたときに福島第一原発の事故の1000分の1以下の放射性セシウムが放出される想定だと答弁すると、山本氏は、怒りを露わにした。

  「要はシミュレーションしていないんだ」「あまりにも酷くないですか、これ」

 今度は、安倍晋三首相がその理由を述べ、攻撃の手段や規模、パターンが事態によって異なるとして、 「実際に発生する被害も様々であり、一概にお答えすることは難しい」とした。

 すると、山本氏は、待っていましたとばかりに激しく反論した。

  「でも、考えてみて下さい。今回の法案、中身、仮定や想定を元にされてないですか?」
  「都合のいいときだけ想定や仮定を連発しておいて、国防上ターゲットになりうる核施設に関しての想定、仮定できかねますって、これどんだけご都合主義ですか」

■「いい質問だ」「意味不明」と賛否両論に

 さらに山本太郎氏は、原発が弾道ミサイル攻撃を受けたとき、 何キロ圏までの避難・防災計画を作るべきなのかとただした。

 政府側は、定量的な被害想定をしておらず、 事態の推移を見て避難などの範囲を決めると説明したが、 山本氏は、また怒りを爆発させた。

 「こんないい加減な話あるかよって。 誰の税金で食べて、誰のお金でこの国会が成り立っていって、そして霞が関も、そして永田町もやっていけてるんだって」
 「ミサイルもしもそれが着弾した後の最悪のパターンっていうものを考えていないんですか。呆れて物も言えない」

 最後に、山本氏は、川内原発から最大でどのぐらいの放射性物質放出があるのかを重ねて聞いた。田中俊一委員長が放射性物質は燃焼度や冷却期間などで変わるため全部が放出されることは想定していないと答えると、山本氏は、「これね、再稼働なんてできるはずないんですよ、川内原発」と強く非難した。

 安倍首相が原子力規制委で安全基準を満たしたものは再稼働する方針だと述べると、山本氏は、「規制委員会への責任転嫁」だと断じて質問を締めくくった。

 この質問攻勢はNHKなどでも中継され、ネット上で話題になった。

 ツイッターや山本氏のフェイスブックには、賛辞も相次いでおり、「分かりやすくていい質問!」「国防上の弱点を指摘したものでみごとだ」「そもそも原発を抱えて戦争なんてあり得ない」といった声が書き込まれた。

 一方、山本氏への異論も出ており、「だからミサイル撃たせないように安保が必要なんだろ」「無限大に危機を想定しろと言っている」「意味がわからん やられるまえにやれってこと?」といった指摘もあった。

J-CASTニュース 2015年7月30日(木)18時57分

 まあ、一見非常に正しい指摘をしたかのようだ。

 確かに日本の原発は、そう言う攻撃に対する備えと言うものが、本当に脆弱である。ミサイルが原発を直撃した場合には、おそらく相当な被害が出る事は避けられないのは間違いない。本当ならば、ミサイル攻撃や旅客機が突っ込んできても耐えうるくらいの外郭が必要な気がするのだが、そんなものを作れば、かなりの建築費がかかってしまうからねえ。

 もっと言えば、ほとんど可能性が無い事に備えるほどの余裕は無いと言うか、まったくの無駄だと考えるからね。

 が、実際には弾道ミサイルが原発をピンポイントで撃つ事等ほぼ無理で、巡航ミサイルならば可能だろうが、そうすれば迎撃も今の日本ならば相当な確立で出来るらしい。

 それ以前に、戦後、世界中から者凄い批判を浴びる事を覚悟しない限り、原発施設を攻撃するのは出来ない。山本太郎が例示している3ヶ国の中で、それをやるのは北朝鮮くらいだろう。だとしたら、いよいよ、ピンポイント攻撃は無理だし。

 それ以前に、そう言う事をためらわせるための法整備が、今回の安保関連法制であるのだから、この山本太郎の質問は、結局、「徴兵制が復活する」と言うのと同じレベルの単なるあおりでしかない。

 さらに言えば、憲法9条があれば我が国は安全であり、決してどこの国からも攻撃されないと言う事を言っていたのではないのか?>などと言ってみたりする。

 山本太郎は馬鹿である。それは間違い無い。

 だが、プロセスは違うが、川内原発の再稼動をやってはならない、と言うのはまったく同意権である。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは。小沢のところのチンピラなんぞはどうでも良いですが、それでも「安倍首相が原子力規制委で安全基準を満たしたものは再稼働する方針(と表明)」した事に対しての批判だけは一理あると思います。原子力規制委のほうは、国が定めた基準に適合するかどうかを判断するだけ、と言ってますしね。例によっての「責任の押し付け合い」にウンザリです。
コアキャッチャーすらないような原発が認められる国での安全基準が世界最高水準だなんて、世界は爆笑してるのではないでしょうか。あの人権後進国・中国ですらコアキャッチャーは標準装備だというのに。
現実に大事故が起こり、しかも地震台風国家であることは変わらない日本。即時全廃は机上の空論でも、見直すべきは見直して欲しいですね。
このまま建築しても
2015/08/01 02:24
このまま建築してもさん、おはようございます。
まったく同意です。世界一と言いながら、コアキャッチャーは無い。さらに、再稼動に免震重要棟などの設備が間に合わなくても計画があれば良い。馬鹿げてます。
クルトンパパ
2015/08/01 07:24
パパさん、おはようございます
 日本を侵略する目的を考えた時、原発に攻撃とか核ミサイル攻撃とかあり得ない愚策なんですけどね
 だって放射能汚染された土地を征服して何になるの?
 日本の資源は自然環境と知財なんだから、全く意味がない
 むしろ領空領海侵犯をこれ以上されないよう、自衛隊がちゃんと活動できる法制が必要だろう
 どうして日本の野党の質問はこうトンチキなのが多いのでしょうね
 こんなアホを国会に送り込まないように監視するのが報道の役割なんじゃないのか
世界史は面白い
2015/08/03 08:14
世界史は面白いさん、こんにちは。
とにかく不安を煽る事だけが目的ですから。
答えられないような質問をして、政府がはっきりと答えないと、そこだけ言い立てて質問を終わる。

こんな奴を持ち上げる人も同じくらい、レベルが低いと言うことです。
クルトンパパ
2015/08/03 13:19

コメントする help

ニックネーム
本 文
さすが山本太郎!素晴らしい質問で総理を追い詰める クルトンパパのいろいろ日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる