クルトンパパのいろいろ日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 理解不能のギリシャ思考

<<   作成日時 : 2015/07/03 09:15   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

ギリシャvsEUの虚々実々駆け引き  国民投票前に“密書”暴露&二枚舌…

 国際通貨基金(IMF)への借金を返せなかったギリシャと、同国への支援を止めた欧州連合(EU)のバトルは終わらない。EUがギリシャの“密書”を暴露すれば、チプラス首相はEUとの対決姿勢を打ち出すなど、5日の国民投票を前に虚々実々の駆け引きが続いている。

 ユーロ圏の財務相らは1日の電話会合で、ギリシャ側が求めた新たな支援に関する協議は5日の国民投票の結果が判明するまで行わないことを決めた。

 欧州の主要メディアは、ギリシャのチプラス首相が支援の期限切れ直前の6月30日、EU側の求める財政再建策を条件付きで受け入れるとの書簡をEU側に提示していたと相次いで報じた。

 報道を通じてギリシャ国内の反EUの姿勢に揺さぶりをかけようとする動きに対し、チプラス首相は7月1日のテレビ演説で、この再建策への賛否を問う国民投票で「反対票を投じてほしい」と国民に訴えた。この「二枚舌」にユーロ圏諸国が怒り、支援協議を行う理由がないと判断したという流れだ。

 チプラス首相は、国民投票で反対票が多数となれば、6日以降のEU側との協議で「ギリシャがより良い条件で交渉できる」ともくろむ。ギリシャ国民の間では意見が二分されているとみられ、投票結果が交渉の流れを大きく左右しそうだ。

ZAKZAK 2015年7月2日(木)

 チプラス首相は国民投票で反対の意思表示を求め、政府に対する支持を集めるためにあの手この手。
 どうやら前政権がEUなどの勧告を受けて解雇していた公務員を再雇用したり、電車などの交通機関を無償化し、さらに携帯電話の通話料も無料にしているらしい。そうやって、現政権は良くやってるよ、と言うアピール。

 凄いのは、投票用紙のイエス・ノーのチェック欄が常識と違ってノーが上と言うことだ。

 返せないほどの借金をして、返せないのだから、さらにどんどん貸せ、と言う思考が理解不能。
 返せないほど貸したほうが悪い、と言うのはなんだろうね?これは。

 やっぱり無理があるのだよ、ユーロ統合は。勤勉なドイツ人と自堕落なギリシャ人が同じ通貨、と言うのではドイツが怒っても仕方ないし、いくら言われてもドイツ人の思考などギリシャ人には理解できないのだから。

 果たして結果がどうなるか?NOが過半数になればこれは怖い。
 ドイツにしてみれば、今以上の支援などトンでもないと言うことだろう。確かに今現在の債権を放棄などすれば被害は大きい。が、返す意思も無い国に対し、垂れ流しと同じ形でこれ以上の支援を続ければ、被害が大きくなるだけの話しだし。

 虎視眈々とNOの結論を中国、ロシアが待っている。EU離脱などと言う事になれば、大喜びで手を出すだろう。遠い国の遠い話、ではあるが、結構日本にとっても無視できる話じゃない。本当にNOとなればユーロの信頼性が揺らぎ、再び円高に触れる可能性が高くなり、アベノミクス崖っぷちと言う事にもなりかねない。

 日曜の結果は注視する必要があるんだろうな。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
ギリシャのことですけど、実は日本の政治にも参考になる点があります
 外国人参政権を与えちゃうと日本がユーロで外国人がギリシャってことになりかねないのです
具体的には、@過疎地域に外国人が大量流入
A外国人の地方政権の誕生
B返済を考えないで地方債の乱発
C返す当てがないのでドロン
 もしくは国が票数の多い都市部の意見だけを優先して地方のインフラ整備を怠る
 さらに過疎化して地方自治体が立ちいかなくなって借金の負のスパイラル
 こういう危険性って政治家が真っ先に考え付かなきゃいけないのに、賛成派の政党は一体国の金でどこを視察に行ってたんでしょうね
世界史は面白い
2015/07/04 08:42
日本人は、いったいいつまで働き続けなきゃいけないんでしょうかねぇ。
 日本人の親父や爺さんたちの働いてきた、知的・肉体的総生産財は、もう一生日本人が遊んで暮らせるだけの価値はありますよ。

 怠け者の西洋人たちのために働く日本人。
あ〜ぁ、いつまでかなぁ?
 ギリシャ人がうらやましいわ。
ひょっとこハム太郎
2015/07/04 10:37
世界史は面白いさん、おはようございます。
ギリシャは国民性がありますから、そのまま日本に適用と言うのは無理が在りますが、移民増はそう言う危険をはらんでいるのは間違いないんですけどね。

ハム太郎さん、おはようございます。
ギリシャ人はヨーロッパ文明は自分たちがもたらした、と言う自負があって、それが怠惰の原因のひとつだと言うのが意味わかりませんが。

日本人ももう少し仕事を減らしたほうが良いかもですね。何時間働いた、何日休みが無い、と言うのをどこか誇らしげに言う、国民性から変えないとだめかもしれませんが。
クルトンパパ
2015/07/06 07:26

コメントする help

ニックネーム
本 文
理解不能のギリシャ思考 クルトンパパのいろいろ日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる