クルトンパパのいろいろ日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 橋下、維新分裂に向け始動か?

<<   作成日時 : 2015/07/06 14:49   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

橋下氏、「大阪維新」の国政政党化に言及 「関西維新」9月にも設立

 地域政党「大阪維新の会」が、上部政党にあたる維新の党から「自立(離脱)」して、国政政党になる可能性が浮上した。代表である橋下徹大阪市長が言及したもので、関係者によると、受け皿として9月にも近畿2府4県の地方議員らが加わるグループの設立を目指しているという。

 「いつでも、関西で国政政党をつくれるようにしたい」

 橋下氏は4日夜にあった大阪維新の非公開会合で、こう決意を示した。

 大阪維新幹事長である松井一郎大阪府知事も5日、「民主党と数合わせみたいなことをするなら僕らはそこにはいられない」「結党の原点を守り抜くグループは必要だ」と語った。

 複数の会合出席者によると、橋下氏は大阪維新の発言力を強める必要性を強調し、「維新の党からいま独立するわけではなく、何かあったときに自分たちでやっていけるようにという備えだ」と話したという。

 大阪維新内では、松野頼久代表率いる維新の党への不満が高まっている。安全保障関連法案や党代表選をめぐって意見対立したうえ、先月には柿沢未途幹事長が維新のモットーでもある「身を切る改革」というキャッチフレーズの見直しを口にし、所属議員に新フレーズを募ったのだ。

 松井氏はこれに対し、「国会議員は身を切る改革をやったのか。改革をやれていないのに、もうやめるのか」と、公然と執行部を批判していた。

 橋下、松井両氏の発言は、維新の党執行部をけん制するとともに、11月の府知事、市長の「大阪ダブル選」に向けた環境整備の側面もあるとみられている。

ZAKZAK 2015年7月6日(月) 

 いよいよ橋下大阪市長、維新分裂に向けて動き出したようだ。

 もともとは大阪都構想を実現するための組織作りだったかもしれないが、国政に進出したのは自民党ときちんと向きあい、戦える、責任ある野党作りを考え、これ以上、彼が作った政党を捻じ曲げようとするのならば、党分裂をさせる覚悟を示したと言う事だ。

 すでに松野代表体制は、民主党との間で、また政策合意なき野合をしようとしている。確かに今、民主と維新が合体すれば、それなりの数となり、またそれなりの政党みたいな形ができるが、それはこれまで何度も繰り返された数を増やすだけの民主党がまたできると言う事。

 分裂すべきだろうなあ。大阪維新の会と維新の党の中で、橋下氏と意見を同じくするメンバー、それに民主党等から、発表された政策に同意する議員を集め、数合わせではなく、一つの旗の下、政権奪取ではなく、政策実現のための政党を作るため、まずは政策を発表し、新たな力を結集すべきだろう。

 橋下氏の主張が良い、と言う事は言わない。が、彼は審議拒否に否定的。それだけで評価できる。
 国会議員が「審議拒否」と言う名のサボリを続けている事に本当にうんざりしているのだよ。

 当初、安保法制の維新対案に非常に否定的だった橋下氏が、電話で江田前代表如きに完全論破され、ニコニコとした笑顔を浮かべて発表に同意した時、彼は今の維新を見捨てたな、と思ったのだよ。

 橋下氏、政界引退しないな。関西維新を率い、国政に打って出るのは間違い無さそうだ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
橋下、維新分裂に向け始動か? クルトンパパのいろいろ日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる