クルトンパパのいろいろ日記

アクセスカウンタ

zoom RSS そりゃそうでしょ<解散考えていない>

<<   作成日時 : 2015/07/09 14:20   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

安保争点の衆院解散否定=TPP妥結に意欲―安倍首相

 安倍晋三首相は9日午前、東京都内で講演し、安全保障関連法案を争点とした衆院解散について「全く考えていない」と述べた。首相は「理解は少しずつ増えているので、なるべく丁寧に分かりやすく説明したい」とも語った。

 衆院解散に関して首相は、会場からの質問に対し、答えた。

 日米間の協議が大詰めを迎えている環太平洋連携協定(TPP)交渉では、「ゴールテープに手が届くところまで近づいた。日本と米国がリーダーシップを発揮して早期妥結を目指したい」と強調した。

時事通信 2015年7月9日(木)

 今この状態で解散など、誰が考えてもやらない。この安保法制を争点に解散すれば、間違いなく自民は負けるよ。

 過半数を割り込むと言うところまでは行かないだろうが、3分の2はとても維持できない。

 このところの与党や政府幹部の話を聞けば70年安保にしても、PKO法案にしても、国民の大きな支持は得られなかったが、結果は非情に評価が高くなったと言う事を放す人がいる。

 つまり安倍政権としては、たとえどれほど国民の理解、支持が得られないとしても、非常に重要で国家として有益なこの法案は何が何でも成立させなければならないと言う事であり、この法案の是非を選挙で問う事など考えていないのは疑う余地が無い。

 大事なのは、15日に採決、と言う事じゃないはず。これは間違い無い。
 もっと徹底的に時間を掛けて審議すべきだ。ここまで審議すれば、十分審議時間を掛けた事になる、などと言う事ではない。無論、どこかで採決を引き伸ばす事だけに執着するだろう民主党の事を考えれば、どこかで決断すべきだが、やっと対案が出てきたのだし、60日ルールを使うのではないか?と言う疑いを持たれるだけの15日ではなく、今月末まで徹底審議をすることは大事だろう。

 それでも法案をきちんと理解できる国民はそれほど多くないだろうが(笑)

 しかし、そこまで審議時間を延ばして、徹底的にやったんだ、と言う事を国民に見せると言うことは非常に大事なことだろう。

 問題は、自民党内からまた、報道圧力発言のような失言などが出ないかだが、そりよりもむしろ、民主党が下らん引き伸ばしを図ったり世界一上手いブーメランを投げて、勝手に沈んで行く可能性のほうが高いからね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
マスゴミと民主党は喚くでしょうが、コイツ等の言うとおりの衆愚政治の結果が悪夢の民主党政権
 財源は限られているし、嫌でもやらなければならない事ってのがある
 自由と権利だけ言うマスゴミと民主党には決して解らないだろうけど
 結果がどうなるか考えず、その場限りの嘘を吐き続ける彼らは舌を切ってやったら、もう少し辻褄の合うことを話せるようになるのかなと思う
 政府としての優先順位で、今回の自衛隊の派遣への法案が優先されているだけで、既に彼らがやった事への責任を取らせる法律が国民に望まれても何の不思議もないと思う
世界史は面白い
2015/07/09 17:47
世界史は面白いさん、おはようございます。
民主党、そういえば昨日、共産、社民と安保法制反対を協議したとか。

どうやら完全に左翼政党になるつもりのようです。ただ、民主内部にもこの法制が必要だと考えている人も結構いるようですから、民主がこれを契機に分裂、と言う夢を見たりします。
クルトンパパ
2015/07/10 07:11
 どうでしょう?
パパさん、自衛隊の艦船に『鳩ポッポ丸』『オザワン号』『山本太郎とゆかいな仲間たち丸』『野中広務丸』とか金持や力を持ったの某政治家のご機嫌を取っておけば、法案もすんなり通ると思うのですが。
 民主党もゴチャゴチャ言わないでしょう。
ひょっとこハム太郎
2015/07/11 20:35
面白いかもしれませんが、自衛官の士気が著しく下がります。
クルトンパパ
2015/07/13 06:47

コメントする help

ニックネーム
本 文
そりゃそうでしょ<解散考えていない> クルトンパパのいろいろ日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる