クルトンパパのいろいろ日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 安倍内閣、暴走

<<   作成日時 : 2015/07/15 08:15   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

     安保関連法案 15日にも委員会採決へ

 今の国会の最大の焦点である安全保障関連法案をめぐり、自民・公明の与党は15日、採決に踏み切る構えだが、民主党や共産党などは強く反発している。官邸関係者は「政治は国民が喜ぶことばかりできるものではない」と話している。

 安全保障関連法案を審議する衆議院の特別委員会は14日午後4時半から理事会を開く予定だったが、まだ始まっていない。理事会で与党側は野党側に対し、15日の締めくくり総括質疑と採決を提案するものとみられる。これに対し、民主党や共産党は15日の採決については認められないとの立場。

 一方、14日午後、与党と維新の党による法案の修正に向けた協議が行われたが話し合いはつかず、参議院での協議の継続を確認するにとどまった。維新の党の松野代表は「あす採決なら欠席する可能性は高い」と話しているが、政府・与党は与党単独でも15日に委員会で採決を行う考えで、衆議院での与野党の攻防は重大局面を迎えている。

日本テレビ系(NNN) 2015年7月14日(火)

 このところの安倍内閣にはまったく賛同できない。
 川内原発再稼動にしても、九電のシミュレーションでは火砕流は届かないと言っているが、火山専門家の中には当然届くと言う人もいて、もし、火砕流が届きそうな時、「九電のシミュレーションでは大丈夫だ」と言って原発に残留させる事など出来ないだろう。と言うことは、桜島が落ち着くまで無人で稼動する事になるが大丈夫か?何故急ぐ?

 新国立競技場にしても、確かにあのデザインを決めたのは野田内閣。だが、今のデザインに変更した時の内閣は紛れもなく安倍内閣だし、その頃から、工期が間に合わないのではないか?とか予算が膨大に膨れ上がりそうだ、と言うことは言われていたのだから、なぜ放置してきたのか?が問題だし、圧倒的多数の国民が無駄遣いだと感じているのに、それを見直そうとしないのも理解できない。まだ間に合うのだよ、ギリギリだが。

 この安保法制にしてもそうだ。これをなんとか急いで、と言うのはいつ、緊急事態が発生するかわからないのだから判らないでもない。だが、本来それぞれをきちんと審議しなければならない10本の法律を一本化し、この短期間で決めてしまおうと言うのはかなり無理がある。それでも、110時間の審議時間をとった、と言う事でやるつもりのようだが、せっかく維新の党が対案を出し、さらに委員会を欠席しながら、理事会に出ようとした民主・共産に対し、維新が「出て行け」と言うくらい、やる気があったのだ。だったら維新も欠席する今日ではなく、来週ならば維新出席の中で決められたはず。野次と怒号飛び交う中で、国民の怒りを買いながらでは、実際に派遣される自衛隊が矜持を持って任務に当たれない。確かに、維新は完全に信用できない。が、このまま無理やり決めても、参議院は冒頭から荒れて、まともな審議に入れない可能性すらある。そうなれば、本当に衆参両院で過半数をもっていながら、60日ルールを使っての再可決と言うみっともない事になりかねないのだから、今日、急いで決める必要などない。参議院を考えれば、1週間のばす方が早くなる。急いては事を仕損じる、急がば回れだ。

 決められる政治、と言う事で安倍内閣が頑張っているのはわからんでもない。
 だが、今の安倍政権はおかしい。

 おそらく、総理がアメリカ議会で約束した事をなんとしても守ろうと言うこともあるだろう。さらに、来夏の参院選を考えれば、今ならむちゃくちゃやって決めても1年あれば、忘れっぽい国民は忘れてくれる。そう言う事もあるのだろう。

 だが、立ち止まるべきだ。考えなおすべきだ。
 原発再稼動は急がなくて良い。新国立、今ならギリギリ間に合うのだ。安保法案、あと1週間、それで自衛隊は誇りを胸に任務に当たれる。

 なぜ、ここまで何でもかんでも急ぐのか?理解できない。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
安倍内閣、暴走 クルトンパパのいろいろ日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる