クルトンパパのいろいろ日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 全員起立で安保法制可決

<<   作成日時 : 2015/07/15 14:23   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

  安保法案、衆院特別委可決…自・公の賛成多数で

 今国会最大の焦点となっている安全保障関連法案は15日、衆院平和安全法制特別委員会(浜田靖一委員長)で採決が行われ、自民、公明両党の賛成多数で可決された。

 民主、維新、共産の野党3党は反発し、採決に加わらなかった。与党は、関連法案を16日の衆院本会議で可決、参院に送付する方針だ。

 特別委では、採決に先立ち、締めくくり質疑が行われた。安倍首相は答弁で、法整備の意義について「安全保障環境の変化に目をこらさないといけない。国民の命を守るために切れ目ない対応を可能とする今回の法制が必要だ」と強調。「残念ながらまだ国民の理解が進んでいる状況ではない。国民の理解が進むようにしていきたい」とも語った。

 民主党の長妻昭代表代行は「国民に説明を尽くしたのか。強行採決は到底認められない」と述べ、採決の取りやめを首相に求めた。維新の党の下地幹郎氏は「世論調査をみると、充実した審議にあたらない」と審議継続を訴えた。

読売新聞 2015年7月15日(水)

 わが国国権の最高機関たる衆議院での、重要法案が可決される委員会、なんとも素晴らしいものだったね。

 委員長席を民主党議員が取り囲み、その周りを陣笠議員たちがさらに取り囲んで、プラカードを掲げて。
 そうして、全員が起立した中で、今国会中、最重要法案が無事、委員会で可決した訳だ。全員起立してたから、あれは全会一致で良いのか?(嘲)

 とにかくこれで舞台は参議院に移る。まだ本会議での可決が必要だが、それは単なるセレモニー。また雇う退席の中でやるんだろうし。

 問題はねえ、これからなんだよ。

 万が一の事態はいつ起きるかわからない。さらに、アメリカの議員での約束もあるし、なんとしてもと言う事なのだろうが、このまま参議院に送られても、冒頭から揉めに揉めて、果たしていつ審議に入れるかさえわからない。

 だからね、それよりは1週間くらい採決を後回しにしても、参議院でスムーズな審議に入れるためには、そっちが良いと思うのだよね。

 まあ、いまさら言っても始まらない。こうなれば、今週末に、維新と徹底協議をして、参議院では衆議院以上に維新の対案審議を行うことなどでなんとしても、参議院の審議が早くならないと衆参両院で過半数を握りながら、60日ルールを適用すると言うみっともない事になると思うぞ。

 ただし、これが「強行採決」なのかはわからん。おそらく民主党はそれをアピールしようとしたのだろう。だが、110時間以上の審議を行い、野党の質問は同じことの繰り返し。そう言う意味では確かに議論は尽くされ、あとは堂々巡りになるから、ここらで打ち切ってと言うのも無理筋じゃない。

 だからだろうね、今朝の新聞各紙のうち強行採決と書いたのは毎日1紙で、あの朝日新聞ですら単独採決としか書かなかったのだからねえ。

 それにしても、こう言う形で法が成立するのは問題だ。あれでは現地に派遣される自衛官が、本当に誇りを持って任務に当たれるかだ。本当に自衛隊が可哀想だ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
パパさんの言われるように、議論を出しつくし国民一致で自衛隊を送り出すのが筋ですが、それは無理です
民主党には議論する気なんて欠片もないですもん
無論、民主党やマスゴミには日本の立場がどうなるか、自衛隊の身分保障はどうなるかなどの考えはありません
 彼らが日本人だと考えるから、話し合おうと思わざるを得ないんです
 彼らが日本人の皮をかぶった韓国人だと思えば、話し合いをすることの愚が解ると思います
世界史は面白い
2015/07/15 15:40
はい、もう民主党には期待してません。が、まだ橋下氏を手放したくない維新なら、なんとか審議に引っ張り込めそうな気がします。

与党と維新にくわえ、次世代の党などが本気でぶつかり合う審議をやれば、そこに参加して居ない民主の体たらくが表面化します。

それなら良いと思います。自衛官は国民の祈りと歓声の下送り出すべきです
クルトンパパ
2015/07/15 16:35

コメントする help

ニックネーム
本 文
全員起立で安保法制可決 クルトンパパのいろいろ日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる