クルトンパパのいろいろ日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 正論 池田信夫氏強行採決について

<<   作成日時 : 2015/07/17 11:30   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 4

強行採決って何? 池田信夫

国会はきょう安保法案の採決が特別委員会で行なわれる予定で、一つの区切りをむかえます。
これに対して野党3党は委員会を欠席する方針で、「強行採決には応じない」と反発していますが、強行採決って何でしょうか?

よい子のみなさんが学級会で昼休みにドッジボールをするかサッカーをするか話し合ったら、サッカーのほうが多かったとしましょう。
このときドッジボールをやりたい子が「ぼくらが納得しないのに採決するのは強行採決だ」といって教室を出ていっても、結果は同じことです。

もちろん多数決だけが民主主義ではありません。徹底的に話し合って、少数派の考えにもいいところがあれば取り入れればいいのですが、全員が納得するまで話し合っていると何も決まりません。
そういうときは時間を区切って採決するのが民主主義のルールです。少数派が欠席したら採決しないと「少数決」になってしまいます。

だから普通のマスコミは強行採決とは書かないで、単独採決と書きます。野党が欠席しても定足数があれば採決できるので、何も「強行」する必要はないからです。
議員が委員長席でつかみかかったりしているのは、民主主義のない発展途上国によくある風景で、情けないですね。

野党が安保法案を否決したければ、選挙で勝てばいいのです。今回の法案については、去年の閣議決定のあと、安倍首相が解散・総選挙をし、自民・公明の与党が2/3以上になりました。
つまり圧倒的多数の国民が、与党の方針に賛成したわけです。

参議院でも与党が過半数なので可決されますが、可決されなくても60日たてば衆議院で2/3以上あれば再可決できるので、法案は成立します。
だから国会のまわりでデモしても、憲法学者が反対しても、採決には関係ありません。

野党のみなさんも、いつまでも「何でも反対」の子どもみたいなことをいってないで、ちゃんと採決に参加してほしいものです。負けてくやしかったら、選挙で政権をとればいいのです。
(アゴラ)


 結局、これ何だよねえ。民主主義は結果多数決。

 朝日新聞や反対派などは、「多数決だけが民主主義じゃない」「数による横暴だ」と騒ぐが、辺野古移設で沖縄県知事選挙で翁長が勝った時は「これが民主主義だ」とか言って「民意を聞け!」とかね。さらに、安保法制にしても、世論調査の結果を受けて、国民の多数が反対しているのだから、多数の声を聞け!と言ってたことなど棚に上げての暴論だよ。

 池田氏が言うように、少数意見の尊重と言うのは、小数の言う事を聞け、では無い。さらに、全員一致をしなければ、と言うのも民主主義じゃない。どこかで区切りをつけて、最後は多数決、これしかない。

 また、世論調査の結果で政策が決まるのであれば、国会などいらないと言う事になる。
 政府がいくつかの案を出して、そのたび世論調査をして、その結果に従えば良いのだから。

 だが、国民の多くが望む事が「正しい道」ではない事は歴史が証明している。つい最近もあったでしょ?某ギリシャで。国民投票の結果が出たが、その後強気の政権は結果と反対の事をやらざるを得なくなっている。国民の多くの声に従うのはポピュリズム。それで良ければ国会はいらない。どれほどの反対があろうが、国家にとって重要な事ならば、断固やるのが政治家。

 今回は説明が足りなかった。それは事実。
 説明を引き出す様な質問をできなかった野党も含め、国会は真摯に反省しなければならない。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
10万人の水増し捏造報道
去る7月15日、安保関連法案の衆院特別委採決が行われた日に、日本が戦争のできる国になるとのたまわり、「安保法案反対の声」を唱える左翼集団(平和妄想主義者)が抗議集会とデモを行った。 ...続きを見る
風林火山
2015/07/18 00:13

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
朝日・毎日などのマスゴミと社会党系の民主党などの言う民主主義は、自分たちの望みが通ったら民主主義、そうじゃなければ民主主義じゃないと批判、一体どこが民主主義なんでしょうね
 大規模詐欺で極刑で良いんじゃないですか
世界史は面白い
2015/07/17 12:21
本当にそんな感じです。いやな連中です。
クルトンパパ
2015/07/17 13:17
時々覗かせていただいてます。
民主のプラカード作戦に失笑しつつ(日本の恥ですね)、しかし、間違いなく法案が成立したら裁判闘争になるであろう今回の安保法案、違憲の判決が出たらどうなるんだろうとも思ってます。憲法に反する立法は無効、というのは法治国家の大原則ですので。米国なんか、議会が全会一致でつくった法案を、最高裁があっさり違憲で無効の判断をしたりしますしね。
あまりマスコミは取り上げませんが、いわゆる橋下改革の多数が裁判で破れ、実質的に無意味となってる現状を考えるとちょっと疑問です。
もう一つ。ちょっとうろ覚えで、検索しても出てこなかったので私の勘違いかもしれませんが、この池田氏は沖縄の基地問題の時も同じこと言ってなかったかなあ…。自民が進めたかったら、議会や知事選で勝てばよいのだ、みたいな。
間違ってたら申し訳ありません。
難しい問題ですよね
2015/07/18 12:38
おはようございます。
違憲立法審査権があるんですから、国会はあまり、憲法学者が違憲だと言っていると言う事に拘り過ぎない方が良いと思うのです。

日本の最高裁は、意外と政治的配慮をするところですから、今回のも「違憲とまでは言えない」となるでしょうねえ。何しろ、自衛隊を合憲としてしまっているし。
クルトンパパ
2015/07/21 07:11

コメントする help

ニックネーム
本 文
正論 池田信夫氏強行採決について クルトンパパのいろいろ日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる