クルトンパパのいろいろ日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 次は戦争だそうだ

<<   作成日時 : 2015/07/21 11:34   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

      安保法案:寂聴さん「通したら次は戦争」

 作家で僧侶の瀬戸内寂聴さん(93)が19日、安全保障関連法案が衆院で可決されて初の法話を京都市右京区の寂庵(じゃくあん)で開き「法案を通したら今度は戦争。私たち戦争を知っている者は、本当のこと、戦争は怖いこと、絶対にしてはいけないことを言っていく」と話した。


 寂聴さんは冒頭で「こんなに悪い日本(と感じたこと)は、93年生きてきてなかった」と憂え、太平洋戦争当時を振り返って「私たちはバカだから(国に)だまされていた。良い戦争だと思い込まされていた」といい、「集団による人殺しが戦争」と強調。「安倍(晋三)さんや今の政治家は戦争を知らず、恐ろしさを知らない」と指摘し、「法案を覆さないと、あなたたちのかわいい孫や息子がまた(戦場に)連れて行かれてしまう」と訴えた。

毎日新聞 2015年7月20日(月)

 なんだろうねえ?この「通したら次は戦争になる」と言うの。

 かつて日米安保を延長したらあたりから、とにかく何か自衛隊や防衛関連の法律が通るたびに、「次は戦争になる」と言い続けているのだが、いまだにならないのは何故?

 PKO法案が通った時もそうだったし、機密保護法が通った時もそう言われた。
 間違い無いのは、こう言う政府批判だったり、「戦争になる」と自由に言えなくなったり、国会や官邸前で自由に反対デモが出来なくなった時には、戦争の可能性が非常に高まると言うことだ。

 要するに今はまだ、そう言う状況ではない、と言うこと。

 さらに何度か書いたが、こう言う「戦争になる」と言う人たちに完全に欠けているのが、今の日本の平和は、世界の秩序、安定のため、多くの国の若者たちが流す血によって支えられていると言う観点。血を流し、悲しみの涙を流すのは他国にやらせれば良く、日本はそこから離れ安全な地にいて、平和と安定を享受すれば良い、と言うことがこれからは通用しないと言うことを理解すべきだろう。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こういう人たちって、義務と権利の権利、自由と責任の自由しか主張していませんよね
 宗教家であるから政治に無知であるというのなら、何故政治的影響力を行使して実しやかにインタビューに答えているんでしょうか
 既にある原発の恩恵を散々受けておきながら、一方的に批判する人と同じ臭いがしますね
 人権と平和の名を騙る、支離滅裂な左翼思想の垂れ流しを許してるだけ、マスゴミが言うより余程民主的な社会ですよ
 厚顔無恥って号でも送りたくなる
世界史は面白い
2015/07/21 12:21
寂聴さんに限らず、みんなそうです。
自由と権利は誰が与えてくれるのか?を考えない。日本が自由で平和なのは、アメリカ、イギリス、カナダ、ドイツ、フランス、オーストラリア、タイ、インドネシアなど多くの国の若者が血を流した結果。

日本はそれを享受すればよく、責任は負わない、それでは世界の信頼は受けられません。
クルトンパパ
2015/07/21 13:26

コメントする help

ニックネーム
本 文
次は戦争だそうだ クルトンパパのいろいろ日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる