クルトンパパのいろいろ日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 今からか〜い!民主対案作成へ

<<   作成日時 : 2015/07/22 14:24   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

   民主党:「重要影響事態」対案作成へ

 民主党は21日の「次の内閣」会合で、米軍などを後方支援するための政府の「重要影響事態法案」の対案として、独自の周辺事態法改正案の法案作成に向け作業することを了承した。対案を提出するかどうかは未定で、執行部に対応を一任した。

 民主案では、日本周辺地域で日本の平和と安全に重要な影響を与える周辺事態が起きた場合、自衛隊が非戦闘員の退避を支援・援護できる「退避民保護措置」を新設した。一定区域内での監視や医療措置、避難民を乗せた船舶の援護などを可能にする。

毎日新聞 2015年7月22日(水)

 これだから民主党は、と言われるのだよ。どう考えても、政府・与党が安保関連法案を出す事がわかっていて、その中身もほとんどわかっていたのだから、今国会に向けて民主の対案を作っておくのが当然の話だというのに、今からようやく作り始める。

 これでは、残る会期から考えても、まともな審議時間など取れるはずも無い。これは維新の真似をして、採決寸前になって対案を出し、採決が行われれば「我々の法案審議をほとんどやらなかった」と言いがかりをつけるための法案作りの可能性が高い。

 ところで細野政調会長が、19日位に「いつでも法案を出す準備はできている」と言っていたのじゃ無かったのか?すぐに出せる法案があるのならば、それをまず出したらどうだ?

 などといい加減な事を言ってみたりする。

 どうやらこの対案作りに辻元ネクスト官房副長官が関わっているらしい。

 あの特別委員会での質問を聞く限り、辻元に法案を理解できているとはとても思えない。そんなのを関わらせたら、突っ込みどころしかない、馬鹿げた対案が作られることは100%間違いない。今からでも遅くない。安全保障がわかる議員に任せなさい!

 いたらの話だけどな。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
民主党に政権を任せてはいけないことがまた一つ明らかになったようです
 コイツ等は任せておいたら日本が滅んでから文句を言いだすだけのプロ市民
 国会議員が国防に対して一切の考えがないとか許されるわけがない
 時間は審議拒否して散々あっただろうしそもそも代案もなしに脊髄反射で反対してたのだろうか
 税金返上して欲しい
世界史は面白い
2015/07/23 13:30
正直、民主党はだめです。政権交代だけでまとまった政党ですから、それから先がない。

新たな旗の下、同じ思想の人間が集い、自民と戦える政党が欲しいものです。
クルトンパパ
2015/07/23 16:29

コメントする help

ニックネーム
本 文
今からか〜い!民主対案作成へ クルトンパパのいろいろ日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる