クルトンパパのいろいろ日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 合区も定数減もいらん、むしろ増やせ!(参議院定数改革)

<<   作成日時 : 2015/07/23 07:50   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

自民、総務会で「10増10減」公選法改正案を了承 23日提出へ

 自民党は22日の総務会で、参院の「一票の格差」是正に向けた選挙制度改革をめぐり、隣接4選挙区の2合区などで選挙区定数を「10増10減」する公職選挙法改正案を了承した。これを受けて自民党は、23日に維新の党など野党4党と10増10減を盛り込んだ改正案を参院に共同提出する。民主、公明両党の10合区で定数を「12増12減」する改正案とともに審議し、10増10減の改正案を週内にも参院で可決させたい考えだ。

 10増10減は、宮城、新潟、長野の3選挙区の定数を各2減し、「鳥取と島根」「徳島と高知」の隣接4選挙区を2合区に統合して定数を4減する一方、北海道、東京、愛知、兵庫、福岡の5選挙区の定数を各2増する。平成22年国勢調査に基づく最大格差は、2・974倍になる。

 自民党と野党4党による改正案には、野党側の要求で、付則に31年の参院選に向け、さらなる格差是正のために「抜本的な見直しについて結論を出す」と明記した。

 10増10減の改正案が提出されれば、民主、公明両党が提出した12増12減の改正案とともに参院政治倫理・選挙制度特別委員会での審議を省略し、参院本会議で審議される運びだ。自民党と野党4党の議席を足せば参院で過半数となり、本会議採決では10増10減の改正案が可決される見通し。

 ただ、22日の自民党選挙制度調査会では、合区対象県の選出議員を中心に「一刀両断に(格差の)数字を切ることが大切だとは思えない」「1県1代表を出すことを制度上担保すると確約してほしい」などの批判が噴出した。

 これに対し、茂木敏充選対委員長は合区対象県の救済策について「責任を持ってつくらせていただく」と表明。最後は谷垣禎一幹事長が茂木氏の発言について「全責任を持つ。全員の理解を得るまで法案を出せないとなれば、与党の責任を果たせない」と強調した。改正案は調査会に続き、総務会でも了承された。

 しかし、合区対象県選出議員らは「救済策の内容を見て対応を決めたい」と指摘するなど、反対姿勢を崩していない。このため、参院本会議での採決では、自民党内から退席したり、反対票を投じたりする造反議員が出る可能性もある。

産経新聞 2015年7月22日(水)

 国会議員は国の仕事をどうたらこうたら、と言う建前は置いておく。実際問題、地方の声、それも過疎地に行くほど、国会議員が地方の声を中央に届けると言う仕事が増える。

 それなのに、1票の格差を理由に、合区までして、どんどん地方の声が中央に届かなくなるような改革ばかりやるのは何故だ?

 定数削減が言われるのは、国会があまりに金が掛かり過ぎるからでしょ?

 それなら、歳費を含む経費を2割カットしろ!そうすれば参議院で20人や30人、議員が増えても経費は今より減らせ、さらに、地方の声を切り捨てる事にもならないのだぞ。

 議員定数が多い、と言うのは本当のところ、どうなのか?だ。
 間違いなく下院の定数はイギリス、フランスなどヨーロッパ各国の多くは、日本よりも多い。人口は少ないにも関わらずだ。

 が、彼らに掛かる経費は日本よりも相当少ないから、問題にならない。

 消費増税時、国民に痛みをお願いする分、国会議員も痛みをと言いながら、実際には自分たちの懐、待遇には一切、手をつけないのはおかしい。世界一高い歳費を削減するのは当然だが、それとともに、交通費、文書費、住居など国会議員の特権を削減すれば良くて、定数削減だけが道じゃない。

 2割カットして、国会にも地方の声を届ける事をこれからもやるべきだ。

 と言うか、真面目な話、どうしても重い1票を投じたければ、常にインフラなどの恩恵を受けている都会を離れ、そう言う恩恵から遠い地方に移住すれば、貴方の1票は都会の倍の重さになるのだよ。地方に移住しなさい。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
インフラの格差って実は一票の格差より余程深刻です
例えば車の要らない都市部の女性が免許必須車必須の田舎に嫁に来てくれるかという事です
子供が教育を受ける機会も公共交通機関での通学可能範囲だとすごく限定されます
そこで生まれ育った者はともかく、他所の者には敬遠される理由になります
そう言うことを前提にしないで人口だけで一票の格差を繰り返すなら、言った奴と家族を全員田舎に移住させればいい
かかる費用は全額自己負担で
 勿論消防団や除草作業なども仕事より優先させて
売名目的の頭ガチガチ学者も一年で考えが変わりますよ
世界史は面白い
2015/07/23 08:18
本当に格差を言い立てるものは、一度地方に移住して、費用対効果だけでは図れないものがあることを知らせるべきでしょう。

 車は走らなくても必要な高速があると言うこともわかるでしょうから。
クルトンパパ
2015/07/23 09:00
このままでは、少子高齢化と相まって「都会に住んでいる老人」の声ばかり大きくなりますよね。
地方創生をスローガンとしている安倍総理が、この問題にはほとんど関心がないかのように見えるのも不思議です。
個人的には勝手に「衆議院は中選挙区制に戻し、一票の格差は必ず二倍以内におさめる。参議院は一県一人(東京だろうが島根だろうが)。プラス全国区の復活」が面白いかと夢想してます。

このまま建築しても
2015/07/28 04:08
選挙制度を根幹から変えるしかないんでしょう。中選挙区のほうが格差は無くなりますが、かつての弊害が再び、とならないかが心配ですね。特に、自民党の派閥が怖い。

参院は仰る制度で良いと。ごちゃごちゃ言うな、参院はそう言うものなんだ!で良いと思います。
クルトンパパ
2015/07/28 06:29

コメントする help

ニックネーム
本 文
合区も定数減もいらん、むしろ増やせ!(参議院定数改革) クルトンパパのいろいろ日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる