クルトンパパのいろいろ日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 傲岸不遜、唯我独尊、中国の横暴

<<   作成日時 : 2015/07/23 08:21   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

政府、中国ガス田写真を公開=中間線付近に構造物16基―菅官房長官、中止要求

 政府は22日、東シナ海での中国によるガス田開発の現状を示す写真や地図を外務省ホームページ上で公表した。

 菅義偉官房長官は同日午後の記者会見で、「日中中間線の中国側で、2013年6月以降で新たに12基、それ以前から確認しているものを含め合計16基の構造物を確認した」と指摘。さらに、「中国側が一方的に資源開発をすることは極めて遺憾だ」と述べ、中止を要求した。

 公開されたのは、海上自衛隊機が上空から撮影した海洋プラットホームや土台の写真14枚と、構造物の位置を示した地図1枚。それによると、全ての構造物が日中中間線の中国側に設置されており、「白樺」(中国名・春暁)や「樫」(同・天外天)などが含まれている。

 菅長官は会見で、写真を公表した理由について、中国による東シナ海での開発行為が進んでいることなどを挙げ、「国内外で一方的な現状変更に対しての関心の高まりを考え、公表できるものは公表しようと判断した」と説明した。

 東シナ海のガス田をめぐり日中は、2008年に白樺の共同開発などで合意したが、具体的な内容を詰める条約締結交渉は中断している。菅長官は、交渉の再開についても引き続き中国に呼び掛けていく考えを示した。

時事通信 2015年7月22日(水)

 確かに今、中国が作っているガス田は中国側の主権範囲。

 とは言え、国連もこう言う国境付近のような場所での開発は、紛争の元になるから、慎重にやらなければならないと言っている事を、どうやら国連常任理事国はご存知無いようだ。

 ここでガス田で採掘すると言う事は、当然、地下資源には国境が無いだけに、日本側の天然ガスも盗掘されると言う事になる。

 さらに言えば、本当にこれだけの数のガス田が、資源採掘のためだけなのか?と言う疑問もあるし。

 とにかく中国は古来から、自分が言う事だけが正しく、たとえ国際ルールがどうだろうが、法律がどうだろうが、中国の言い分に逆らうものは全て悪だと言う中華思想の国。そこに共産党独裁主義がそれに輪を掛けたのだよ。

 今、安保法制に反対する人たちは、中国のこう言う姿勢を見ても、日本の周りに差し迫った危機は無い、と言うのだろうなあ。中国は、今は大人しい。南シナ海でやりたい放題やってるようだが、それでもまだ大人しい。
 理由は簡単。アメリカと戦いになれば、まだまったく勝負にならないから。が、これから軍拡を進め、アメリカと戦える、と言う自信が出てくれば、彼らは南シナ海だけじゃなく、当然、尖閣も盗りに来るし、その先には沖縄まで見据えているのは間違いない。

 安保法制、だから必要なのだよ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
傲岸不遜、唯我独尊、中国の横暴 クルトンパパのいろいろ日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる