クルトンパパのいろいろ日記

アクセスカウンタ

zoom RSS うんざりの被害者面<沖縄2紙>

<<   作成日時 : 2015/07/03 08:12   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

<報道圧力発言>表現の自由危うい…沖縄2紙編集局長が批判

 自民党の国会議員らが勉強会で報道機関に圧力をかけるような発言をした問題で、講師だった作家の百田尚樹氏から「つぶさないといけない」と名指しされた沖縄県の琉球新報と沖縄タイムスの編集幹部が2日、日本記者クラブ(東京)でそろって記者会見した。

 新報の潮平芳和編集局長は「普通の活動をしているだけなのに、記者会見しなければならないほど、この国の表現の自由は危ういのかと思う」と話した。一方で「表ざたになってよかったという思いもある。2紙だけの問題ではなく、全メディア、言論の自由への挑戦だと感じているので、共にあらがっていきたい」と述べた。タイムスの武富和彦編集局長は、最初に怒りを覚えたのは「米軍普天間飛行場(同県宜野湾市)は田んぼの中にあった。商売になると周りに人が住みだした」という百田氏の発言だったことを明かした。「生活していた土地を米軍に勝手に接収されたから、住民は仕方なく近くに住んでいる。事実誤認も甚だしい」

 議員が「(沖縄2紙が)世論をゆがめている」と発言したことについて、新報の潮平氏は「世論をもてあそぶような思い上がった新聞なら、とっくに県民から退場させられていた」と反論。タイムスの武富氏は「むしろ私たちは、県民の世論に突き動かされて報道している」と述べた。

毎日新聞 2015年7月2日(木)

 もううんざりじゃい。沖縄2紙は被害者でもなんでもない。「潰さなければならない」と発言したとされるのは、一民間人作家であり、権力者ではない。それをいかにも、まるで現政権が言ったかのように大げさに報道し、表現の自由に対する挑戦だとか、まさしく好き放題にわが国を貶め続ける表現を続けながら、規制を受けなかった2紙が言うなど、片腹痛い!以外の言葉は無い!

 普通の活動をしているだけなのに、記者会見しなければならないほど、この国の表現の自由は危ういのかと思うなどと言うが、誰も彼らに記者会見しろなどと言ってはいない。さらに、彼らの表現は自由気まま。一切、何の規制も受けていないのに何を言う?早見優と言いたくなるぞ。

 彼らの意識では、歪めることなく、公正・中立の報道をしているのかも知れないが、それはあくまで彼らの意識の中だけの話であり、世間一般の常識から見れば、十分に彼らは偏向しているのだけどね。

 あのね、それでもこの国の表現の自由、思想・信条の自由は十分に保障されている。
 
 そろそろ被害者面をやめ、堂々と自分たちの主義・主張を掲げて、偏向した記事を発表し続けて欲しいものだよ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
自由と権利は主張するが、義務と責任は一切口に出さないから、おかしくなる
事実を伝える義務を一切守ってない時点で、コイツら報道機関じゃなくてデマゴーガー
国家を混乱させた責任を取らせて、公民権を取り上げても良いと思う
世界史は面白い
2015/07/03 09:01
報道機関と言うのはそう言う姿勢のところは結構ありますね。

権力を持ったものが言うのはまずいでしょうが、民衆が潰せ!と言うのは表現の自由です。
クルトンパパ
2015/07/03 12:28
国民投票で
元含む民主党は責任を取って一切の公民権の停止と
沖縄二紙と朝日毎日中日の捏造報道で日本に与えた被害の強制賠償
の二つを投票させたらどうだろうか
無論一切の弁護などさせず彼らのやったことをリストアップした上でだ
世界史は面白い
2015/07/03 19:44
民主国家なんで弁護士はつけましょう
クルトンパパ
2015/07/04 06:49
表現の自由なんて都合のいいことをいってるわぁ。
 それなら『つぶさないといけない』という表現も、表現の自由ではないでしょうか?
 『あやまれ』という圧力は表現の自由の封殺ですよ。
 あくまで、反対意見で討論させるべきなのに。
 まあ、表にはださないけれど、国民みんな、もういい加減にしてくれ、アメリカ領になってしまえばいいじゃないかと思ってますよ。
 どんだけ、俺たちの稼いだ税金つぎ込むんだと思ってますよ。
 それは、戦争で悲しい思いをされたこととは別の次元の問題なんですよ。
 そういう意味では、教師は沖縄の方々を優先して雇用し、自衛隊基地では米軍の演習を移設し、本土の雇用も労働組合が率先して沖縄枠をつくって、本土の組合員は我慢すべきです。
 
なんでもかんでも『政府が悪い』と批判の矛先を向けさせて。
 そんなに沖縄に寄り添うなら、労働組合員は自分の財産すべて沖縄に寄付し、生活すべきなのに、自分たちは何もしない。
 これが基地外左翼です。
 結局、踊らされるのは、心優しい沖縄の人なんですよ。
 
ひょっとこハム太郎
2015/07/04 10:24
これは全てのメディアに共通してますが、自分たちが批判されれば一致団結、徹底的に相手を潰すまで批判するんです。

国会議員はもっと気をつけないと立場上、権力を持ってますからだめですが、百田氏は民間人。何を言っても、それが違法なものじゃない限り良いはずなんですがねえ。

百田氏の発言の一部を切り取って、枯れの作品そのものまで貶めようと言うメディアにはうんざりですね。
クルトンパパ
2015/07/06 07:32

コメントする help

ニックネーム
本 文
うんざりの被害者面<沖縄2紙> クルトンパパのいろいろ日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる