クルトンパパのいろいろ日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 大阪維新市議、アウト<レクサス購入>

<<   作成日時 : 2015/07/29 10:11   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

維新大阪市議、高級車「レクサス」購入に政活費 「不適切支出」と80万円を返還

 大阪市議の伊藤良夏(よしか)氏(35)=大阪維新の会、住吉区選出=が、トヨタ自動車の高級車「レクサス」の購入費用の一部計80万8450円を政務活動費で支払い、不適切な支出だったとして全額を返還していたことが27日、分かった。

 伊藤氏によると、初当選した平成23年に母親が5年60回の分割払いで購入契約を結んだが、政活費の充当が可能なリース契約として誤認し、24〜25年の23カ月間に毎月3万5150円を政活費から支出していた。ローン残高を今年2月に一括払いして車を取得。今月末に維新市議団が予定する政活費のインターネット公開を準備する中で、自動車の購入に政活費が充てられないことに気づき、返金したという。

 伊藤氏は同日、「契約の内容を十分に理解し確認していなかったことから返金処理が必要になり、深く反省しています」と謝罪のコメントを発表した。

産経新聞 2015年7月28日(火)

 なぜたかが大阪の市会議員が、レクサス買ったんだろうねえ?議員は黒塗の高級車に乗って議会に行く、と言う刷り込みでも有ったのかな?

 まあ、自分の金で買うのならば、レクサスだろうがベンツだろうがベントレーだろうがフェラーリだろうがご自由にだ。が、税金で買って良いはずが無い事くらい、わかりそうなものだ。

 ローンとリースの区別もつかないのならば、とてもじゃないが議員などやれるはずも無いでしょ?母親の勘違いだ、と言い訳しているようだが、自分も一諸に政務活動費で車を買っても良いみたいよ。どうせなら、高級車にしましょう!って、思っただけの話でしょ?で、よく読んでみたら、購入はだめで、リースはグレーゾーンだった、だから勘違いしたと言っただけの話。

 なんと言うかあまりに馬鹿すぎて、顔だけで選んだ大阪市民の良識が疑われるとかね。

 これもさ、レクサスじゃなくて、アクアとかフィット、あるいは軽自動車だったらこんなに叩かれなかっただろうにねえ。欲と見栄が庶民の羨望感情を刺激して、叩かれちゃった、と言うことだな。

 どうやら全額返還し、レクサスは自費で購入したと言うから、堂々と議会に乗っていったらよろしい。どうせなら、運転手も雇って。

 ただし、若い議員が高級車に乗って支持者のところに行っても高感度は下がるだけだよ。市会議員レベルならばなおさらだ。と言って、ここまで騒ぎになれば、そう言う時だけ軽で行っても思惑をすかし見られて逆効果。と言うことで、堂々とレクサスで乗りつけて、「これが噂のレクサスです。思い上がりを戒めるため、これからの議院生活が続く限りこれでやっていきます」と、ネタにしたほうが良いかも知れんけどさ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
大阪維新市議、アウト<レクサス購入> クルトンパパのいろいろ日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる