クルトンパパのいろいろ日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 針の筵に座りましょう(礒崎補佐官、参考人招致)

<<   作成日時 : 2015/07/31 08:59   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

  礒崎首相補佐官の参考人招致を決定 参院特別委

 安全保障関連法案を審議する参院の特別委員会は30日の理事懇談会で、「法的安定性は関係ない」と発言した礒崎陽輔首相補佐官を、来月3日午後からの一般質疑に参考人として招致することを決めた。

 理事懇談会では、野党が特別委への招致を要求し、鴻池祥肇委員長(自民)が招致を認めた。3日は礒崎氏が発言し、鴻池氏や野党が質問する予定。

 礒崎氏は26日の講演で「考えないといけないのは、我が国を守るために必要な措置かどうかで、法的安定性は関係ない」と発言。野党は「法の支配という観点から、行政に携わる資格がない」として、更迭を求めていた。公明党の漆原良夫中央幹事会会長も30日の会見で「首相の補佐をする人が、首相の足を引っ張っている」と苦言を呈した。

朝日新聞デジタル 2015年7月30日(木)

 一部与党幹部などからは「一番言ってはならない立場の人が、一番言ってはならない事を言ってしまった」とまで言われる発言。

 そりゃそうでしょ。憲法の解釈変更をして、この安保関連法制を提出しているだけに、これまで何度も野党からの質問に対し、総理自身が「法の安定性は確保されている」と言い続けていたのだから。

 これは無役の陣笠と一民間人作家の失言などとは比べようも無い、総理側近中の側近である総理補佐官のとんでもない失言である以上、参考人招致は仕方無いだろう。自民もまた、失言とか上手く質問を捌けないことを怖れたのだろう、なかなか参考人招致を受けようとしなかったが、ここまで来てしまったらどうしようも無いと言うことだ。

 頑張って、針の筵に座って来い!と言うことだ。

 が、幸いなのは、15分だけ、と言うことだし、質問者が民主党と言うことだろう。
 特別委員会の民主党委員、衆院と変わらぬ大したことが無いレベルだから、厳しく追い詰めるほどの質問などできないだろう、と言うことだ。

 ここまで総理に迷惑を掛けた以上、礒崎補佐官、あと3日、脳から血が出るまで考えて、質問を奇麗に捌き切り、逆に質問者が恥を書くくらいの事をやってのけるべきだらうな。

 とにかく早く終わらせる事だ。大事な法案審議の時間を、こう言う事に費やすのはどうかと思うぞ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
針の筵に座りましょう(礒崎補佐官、参考人招致) クルトンパパのいろいろ日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる