クルトンパパのいろいろ日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 核兵器だろうが弾丸だ

<<   作成日時 : 2015/08/06 08:38   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

  核兵器も「弾薬」と解釈 安保法案「輸送排除せず」

 中谷元・防衛相は五日の安全保障関連法案に関する参院特別委員会で、戦闘中の他国軍に対する支援で行う弾薬の輸送について「核兵器の運搬も法文上は排除していない」との見解を示した。日本周辺事態を想定した現行周辺事態法による米軍支援では弾薬輸送を可能としているが、海外での自衛隊活動を広げる安保法案の審議で、輸送できる弾薬に大量破壊兵器も条文上は含まれると解釈を広げた。

 弾薬の輸送は、国際貢献を目的に掲げた旧テロ対策特別措置法、旧イラク特措法に基づく米軍支援では支援内容から排除。周辺事態法での米軍支援では可能としているが、政府は「弾薬」を「武器とともに用いられる火薬類を使用した消耗品」と定義。核兵器は想定されていなかった。

 中谷氏もこれまでの特別委審議で、ミサイルや手りゅう弾、クラスター(集束)弾、劣化ウラン弾も弾薬にあたり、輸送を「法律上排除しない」と説明してきたが、五日の特別委では核兵器も加えた。化学兵器の輸送も条文上は排除されないとし、核兵器を搭載した戦闘機への給油も「法律上は可能」と述べた。

 同時に、中谷氏は他国の核兵器を輸送する可能性については「全く想定していない。あり得ない」とも強調した。日本が核兵器を「持たず、作らず、持ち込ませず」とする非核三原則を堅持し、核拡散防止条約(NPT)にも加盟していることを根拠に挙げた。

 主な支援対象国となる米国が、核兵器や化学兵器を使用する可能性は低い。だが、クラスター弾や劣化ウラン弾はイラク戦争で実際に使用。自衛隊による弾薬輸送を種類に応じて禁止する「歯止め」が法案に規定されていない以上、「非人道的」と批判される兵器をいつの間にか運んでいたということにもなりかねない。

 民主党の枝野幸男幹事長は記者会見で「法的にできるが、(安倍政権は)やる気はないという話はまったく意味がない」と述べ、将来の政権が実施する余地を残す法案を批判した。

東京新聞 2015年8月6日(木)

 そこにそれが有るだけでは効果がなく、何らかの形で敵に向け発射されない限り使えないのだから、核兵器だろうがなんだろうが武器ではなく弾丸の一種と考えるのは無理な話じゃない。

 民主の白(あれの動きはねじでも巻いてある人形のようで実に不快だ)がいろいろ言っていたが、法案に非人道的兵器とか大量殺戮兵器は運搬しないと書くなど無意味である。弾薬なんだから。

 いちいちこの弾丸は運搬できるが、これはできないとそれぞれを書くことは、かえって抜け道を作る。

 政府の確固たる決意を信じるしかない。

 我が国に「非核三原則」があり、世界唯一の被爆国家である以上、核兵器の運搬をたとえ要請されたとしても、断固拒否するのは当然。それ以前に核兵器の運搬を保有国が自国以外の国に依頼する可能性などまったく無いのだが。

 それにしても、この弾薬の種別や核兵器だろうがミサイルだろうが運搬する事が可能だ、と言うような議論が衆議院で一切行われて来なかった事にあきれ返るしかない。
 衆議院は結局、あの報道弾圧問題だの新国立の問題だの、法案の本質とは無関係のものとか、些細な枝葉末節に拘るだけの下らん議論もどきしかやってこなかった事があきらかになったと言うことだ。

 それにしても、いまだに「非核三原則」を堅持する、と政府も言い、野党や平和団体も堅持しろと言う。

 だが、「作らず」「持たず」はともかく、「持ち込ませず」などは完全に空文に過ぎないことは明らかなのだから、これに代わり「配備せず」とすべきだと思うが。

 核搭載可能の艦船などが、核を搭載しているかどうかについて、アメリカは絶対に公表しない。
 だからと言って、核搭載可能艦すべての寄航を断ることは安保条約上も、また、我が国の防衛上もできない。

 それならば、持ち込ませずと言う事実上不可能の文言に代わり、何があっても我が国は配備はしないのだ、と言う事を言うほうが良い。

 思った以上に、参議院では議論が深まっている。残念なのは相変わらず民主の議員たちのレベルが低い事ではあるが、それでも衆議院よりは遥かにまし。

 本質をえぐり、より良い法案となるような審議をやって欲しいと思う。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
再び、東京でデモをやっている、大学生、高校生の件に触れますけどね。
 あの自民党の滋賀出身の議員さんの言ってることあたってると思うのですよ。
 『自分たちだけは戦争に行きたくない・・・』ということでしょう。
 だってね『放っておくことができなくなって立ち上がった』と言ってますが、じゃあ“拉致被害者・そのご家族の方たちが苦しんでいる”のが分かった時点で、“なぜ立ち上がらなかったのか?”
 女性に対する強姦という卑劣な犯行が日本では毎日三人の被害者を生んでいるのに、“なぜ立ち上がらなかったのか?”
 今現在でも、ある政府による拉致、監禁、人身売買、ある人種、民族への抑圧、暴力が起こっているのが分かっているのに“なぜ立ち上がらなかったのか?”
 どうして、この時期なんでしょう?
 やっぱり、自分たちだけは、スマホをいじって、PCやゲームで遊び、エアコンの効いた部屋で、暑いインドでのレイプや、イスラム諸国での非人道的行為を見ていたいのでは?
 将来に起こるかもしれない“自分の”ことにはデモをするが、今、現実に起こっている、力による現状変更や悲劇、暴力、悲しみに対して何も感じないのかい?何もしないのかい?
 おかしいだろ?
 学生は、もっと勉強すべきなんだよ。
 なぜ、西洋国家が行った植民地支配について言及せず“レイシスト安倍”とかいうプラカードを掲げるのか?
 不思議でならないんだよ、このおじさんは。
そうです“本質をえぐる”大人たちが困るようなデモをやってくれよ!君たち!
  
 
ひょっとこハム太郎
2015/08/09 02:56
彼の発言は政治家としては間違いです。言ってはだめですが、実は心情的に同意した人は多かったと思いますよ、国会議員にも。

 SEALDsは間違いなく勝手な馬鹿です。
 だが、それでも言ってはならない、そう言うことがあるんです。

クルトンパパ
2015/08/10 07:47

コメントする help

ニックネーム
本 文
核兵器だろうが弾丸だ クルトンパパのいろいろ日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる